« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007/04/30

4・30:子浦発、南伊豆洞総なめツーリング!

昨日の夕日は今日の晴天の予報!
天候、海況に恵まれた本日は、波勝崎を目指すことにした。
ただのロングツーリングではなく、全ての洞窟やアーチに入る
「洞窟総なめツーリング」なるコースで出艇!!! Imgp4387_1
Imgp4388_1 Imgp4390 Imgp4389_1 Imgp4391 Imgp4392



子浦を出発してまずは「白崎」の洞窟、ここは潮の満ち引きで入れないことも多いが最高のコンディションで入ることができた。幸先のいいスタートとなった。

Imgp4394 Imgp4396 Imgp4397 Imgp4399 Imgp4401 Imgp4402 Imgp4400 Imgp4407 






Imgp4410_1 Imgp4404_3


Imgp4405_1 Imgp4406_1 Imgp4409 Imgp4411 Imgp4413 Imgp4414







「鯛ヶ崎」から通称「マナイタ」と呼ばれる磯の間にはいくつもの洞窟とアーチなどのロックガーデンが広がる。
Imgp4415 Imgp4416 Imgp4417 Imgp4418 Imgp4419 Imgp4423 Imgp4428
Imgp4420






「京の字」から「谷川浜」を右手に「サンドウ」に向かう。
「サンドウ」はカヤッカーの間では幻の洞窟と呼ばれる幻想的な空間だ。
Imgp4421 Imgp4424 Imgp4426 Imgp4427






さーここからは波勝崎目指し、一気に漕ぎ抜きます!
Imgp4429 Imgp4430 Imgp4432 Imgp4435 Imgp4436 Imgp4438



やはり難所「波勝崎」地形と潮の流れが進路に立ちはだかります。


Imgp4437 Imgp4443 Imgp4441 Imgp4442 Imgp4440 Imgp4444



無事、波勝崎に到着!
ここでランチ。10時ごろ出発して丁度12時の2時間。

Imgp4447 Imgp4449 Imgp4451 Imgp4452 Imgp4446 Imgp4448







波勝崎の北側のロックガーデンには洞窟が沢山!ここで4つの洞窟を探検!
うれしいサプライズも、昨日の豪雨の影響で滝が出来ていた。
Imgp4453 Imgp4454 Imgp4455 Imgp4456 Imgp4458 Imgp4459 Imgp4460 Imgp4464 Imgp4465 Imgp4461 Imgp4462





聳え立つ波勝の断崖絶壁。迫力満点だ。
ここで、折り返し帰路途中の洞窟を攻める事に。

Imgp4466 Imgp4467 Imgp4468 Imgp4469 Imgp4470 Imgp4471



伊浜の港を左手に突き進む、正面に立ちはだかる岬だが、ここにはカヤックしか通れない洞窟があり、この岬をくぐる事ができる。

Imgp4473 Imgp4474 Imgp4475 Imgp4476 Imgp4477 Imgp4478



透明度抜群「落居」で休憩。
ここは「宇留井島」「小宇留井島」が沖にある。
この港を出るとすぐに直角に曲がる洞窟がある。

Imgp4479 Imgp4480 Imgp4481 Imgp4482 Imgp4483 Imgp4484





もうゴールの子浦は目前。
Imgp4485 Imgp4487 Imgp4488 Imgp4489 Imgp4490 Imgp4494







Imgp4491 Imgp4492 Imgp4495 Imgp4497 Imgp4498 Imgp4499







この日の洞窟納めは子浦の外堤防左側の断崖絶壁に口を開ける大洞窟。
地を突き抜けるマグマが噴出した痕跡を残す地層は自然の力を感じる。
Imgp4501 Imgp4502 Imgp4503 Imgp4504 Imgp4505



静かな水面の妻良湾は鏡面を滑るようにカヤックが進んで行く。
ロングツーリングの疲れた体をクールダウンしてくれる。
Imgp4507 Imgp4509 Imgp4510 Imgp4511 Imgp4512






最後は子浦の浜からすぐに見えるアーチ「鏡穴」をくぐりツーリングを終えた。
南伊豆の雄大な大自然を満喫した1日となった。

2007/04/29

4・29:子浦は今日も晴天なり!!

昨日の嵐のようなスコール嘘のように晴れ、雲ひとつない快晴!
最高のゴールデンウィーク2日目となりました!
Imgp4350 Imgp4351 Imgp4352 Imgp4353 Imgp4354 Imgp4355 Imgp4356







このマリンブルーとスカイブルーの真ん中を横切る新緑のグリーン!
海上で眺めていると、時間が経つのを忘れてしまう。
Imgp4361 Imgp4358 Imgp4359 Imgp4369 Imgp4367 Imgp4368







昨日のリベンジに燃えるアングラーたちと遭遇!
釣果の方はどうだったのだろう。
Imgp4362 Imgp4373 Imgp4378 Imgp4382 Imgp4376 Imgp4377 Imgp4386
Imgp4385







子浦の夕日は最高だ。
この夕日の光の中のカヤックの影にそれぞれのストーリーを感じてしまうのは私だけだろうか。
海の上では誰もが主人公。

2007/04/28

4・28:ゴールデンウィーク・スタート!

大型連休「GW」がはじまりました。
今年のGWは天候にも恵まれそうです。
南伊豆のGWは、カヤックフィッシングで幕を開けました。
Imgp4281 Imgp4282 Imgp4283 Imgp4285 Imgp4286 Imgp4288



Imgp4287_1 Imgp4291 Imgp4290



子浦のビーチでキャンプをする家族もカヤック持参でアウトドアを満喫していました。
Imgp4295 Imgp4294_1 Imgp4302 Imgp4305 Imgp4293 Imgp4299







Imgp4298 Imgp4300 Imgp4303_1 Imgp4304 Imgp4310



この日は3艇のアングラー艇が進水式!
マリブカヤックスの「エクストリーム」「プロタンデム」「ミニエックス」
皆さんの門出をお祝いしました!
Imgp4313 Imgp4312_1 Imgp4314 Imgp4315 Imgp4317






カヤックアングラーの皆さん!
この人たちに海で出会ったら気軽に声を掛けて下さい。
カヤックフィッシングに必要な情報やテクニックを教えてくれますよ。
さー!出艇!!!
処女出艇のカヤックからGO!GO!GO!
Imgp4319_1 Imgp4320 Imgp4326 Imgp4327 Imgp4328 Imgp4330






Imgp4331 Imgp4332 Imgp4336 Imgp4338 Imgp4339







まるでパドルボード!

Imgp4341 Imgp4342 Imgp4343 Imgp4344 Imgp4346 Imgp4347



Imgp4345 Imgp4348 Imgp4349



トーイングロープで引っ張るカヤックで立ち上がってみようと試みるが
ちょっと無理があったかな!?
この直後、雷鳴が響き、豪雨、強風が暗雲と共に・・・・・・
この日はここで終了。
フィッシングは明日の楽しみとなった。

2007/04/23

4・23:カヌーライフの企画みたい(笑)

以前、カヌーライフで「ドブ川紀行」という記事で横浜の大岡川などの運河を紹介していた。
かなりそれに近い画像のような感じになったが、ここは下田を流れる「稲生沢川」

黒船まつりの下見も兼ねて、下田PBJのメンバーに同行させてもらった。

Imgp4241 Imgp4214 Imgp4215 Imgp4216 Imgp4217



この川は下田港に流れ出ている。
この河口付近の造船所のスロープをお借りしてのエントリーとなった。
カタマランのヨットをくぐり、出艇準備をする。
Imgp4218 Imgp4219 Imgp4220 Imgp4221 Imgp4222






下田の市街地も海抜0地点からの視線ではかなり違って見える。
Imgp4225 Imgp4224 Imgp4223 Imgp4226 Imgp4227 Imgp4228







これは洞窟というよりトンネルだ(笑)
こんなトンネルの中にも沢山の魚の姿が見れた。

Imgp4229 Imgp4232 Imgp4230 Imgp4231 Imgp4233



下田の代表的な観光スポット、「寝姿山ロープウェー」
ロープウェーの乗客からの注目度は抜群!!
下田城もかなり高い位置に見える。
Imgp4234 Imgp4235 Imgp4236 Imgp4238 Imgp4242



伊豆急の鉄橋をくぐる。初めての体験。何だかワクワクした(笑)
Imgp4243 黒船まつりではおそらくこのぐらいまでで折り返す体験ツアーとなるようだ。



Imgp4246 Imgp4247 Imgp4248 Imgp4249



この辺りがカヤックを降りずに上がっていける限界だ。
ここまで来るにも船底を何度か擦っている。
ここで引き返すこととなった。
Imgp4250 Imgp4252 Imgp4254



上流にはハヤやウグイが沢山泳いでいた。
更に上流では鮎の放流もされているようだ。
海水と真水の切れ目は下田の市街地から3キロほどのところだろうか。
この境目では大型のシーバスも釣れるという。
河口付近は決してきれいとは言えない。
しかしこの川の上流では鮎の共釣りが盛んに行われている。
蓮台寺を超えた辺りまで上っていくと「おとりの鮎」を扱う店がある。
解禁になると腰の辺りまで川に入る釣り人の姿をよく見かける。
鮎釣りのメッカなのだ。
河口から5キロ、この間で川が著しく汚れてしまっているのだ。
人口が多いとは言えないこの下田でも、深刻な問題だ。
一人一人の心がけ以外にこの川を、かえる方法は無いだろう。

2007/04/21

1WAYツーリング

4月14~15日
お友達がバイクツーリングで下田に行くというので
ワニ姫も、下田に行くことに・・・・
14日朝、雨は上がったもののものすごい風
ワニワニ号で海に出ようとしたが、あきらめ
夜のキャンプの干物を購入に外浦の万宝さんに!!
Photo_2
青く透き通った海も、沖の方は
白波が見えます。

夜は、バイクチームと合流干物BBQで乾杯です!

15日
風も落ち着き今日は海に出られそう。
初心者の人も一緒だからと安心していたものの
急遽、欠席!!
スパローちゃんは、頭のこぶをとったばかりで
海に出られないし???
今日は、ベテランカヤッカーさんと、ロングツーリングが
大好きな、スタミナ満点カヤッカーさん達と漕ぐことに
外浦海岸から、弓が浜までの1WAYツーリングとなった。
しかも、ワニ姫本日今年2回目まだ体が冬眠から完全に
覚めてません(*_*) しかも、ひ・と・り!!
「爪木崎のところはいつも荒れるから覚悟しろ」といわれ
ちょっと緊張ぎみ、見送るスパローちゃんも心配そう??
元気よく出発したものの、外浦の湾を出てすぐに大荒れ
右に左に、前に後ろに、波がぶつかり合いどこから来るか
わかりません、とにかく前を向いて漕ぐのみ!!
いつもは、こんなに荒れることはないそうで
ベテランカヤッカーさんも、こんなの初めてだと
驚いていました。
この海の状況からみて、引き返すわけにはいきません(*_*)
Toudai
爪木崎の灯台沖




Toudai1
ワニ姫もせっかく来たのだからと
荒れる海で記念撮影!!

左上が灯台です。


恵比須島でちょっと早いお昼休憩!!
かなりグロッキー、ものすごい波と緊張で
船酔いしてしまい、ご飯がのどを通りません^_^;

この先、弓ヶ浜までは先ほどあれだけ荒れていたのが
嘘のよう。反対にちょっと荒れていないと物足りなさを
感じてしまった。
予定時間を30分も早く弓が浜に到着!!
青野川を上りお花畑まで行くことに。
Sakura
かなり散ってしまったものも
ありますがお花見をしながら
のんび~り、のんび~り
上っていきます。
Aonogawa
今日は、たっぷり漕ぎました。
レースの時はタンデムだから
いつも二人!!


初めての一人旅といったところでしょうか!!
スパローちゃんも、照れくさいからとあまり褒めて
くれないのですが
「よくやった、頑張った」心から褒めてくれました。
これぞ、伊豆の海の醍醐味ですね!!

試乗会 IN 長浜

4月8日(日)
久しぶりの海です、そして本日ようやく
冬眠から目覚め、今年シーズの初漕ぎとなりました。

今日は試乗会があるということで、ワニ姫もホリデークラフトの
DIOに乗って着いていくことにした。

Dio_3
女性のためにと考えられただけあり
コックピットのサイズがコンパクトな
ため、カヤックをホールドするが楽ちんです(*^^)v


Dio2_1 もっと船を傾けてターンをしたかったのですが
まだ水温が低いので、軽くターン。
急旋回できるぐらいの余裕はあります。



ラダーを上げた状態でも、船体が480cmと短いので小回りが効きます。
波乗りをするときはこの小回り感が威力を発揮するでしょうヽ(^o^)丿
カヤックと、体が一体化するので乗っていて楽しいカヤックです。
でも、強風や波があるときにはオプションのラダーがあった方が
安心できますね(^_-)-
それと、なんといっても18Kgという軽さ女性でも海まで一人で
船を運べますね。

そして、アングラのご夫婦と、ベテランカヤッカーのみなさんと
ミニツーリングに出ました。
Tandem_7Tandem1_6Sijyou_3 



初心者でも、パドリング講習の後すぐにミニツーリングに
出発です。 楽しそう!!
Tandem3
休憩時間には、安定感をわかっていただく
ため、マリブカヤックス プロ2タンデムに
乗って見せる海ボウズさん。
これなら、二人一緒は難しいかもしれませんが
一人なら、立ってキャスティングできそうです。

ワニ姫の今シーズンのカヤックがスタートしました。
今年も、釣りに、レースに、ツーリングにカヤックを
楽しんじゃいますよ!!

2007/04/15

4・15:ロングツーリングとカヤックフィッシングの二本立て!!

この日は、プライベートカヤッカーが3組子浦に登場!
私はロングツアーに同行させてもらい、
ISOはカヤックフィッシングの親子と共に子浦付近でカヤックフィッシング!
Imgp4080 Imgp4082 Imgp4083 Imgp4086 Imgp4088 Imgp4090 Imgp4099 Imgp4101 Imgp4103







役者も揃いそれぞれのスタイルでカヤックを楽しむ。
Imgp4092 Imgp4094 Imgp4095 Imgp4097 Imgp4098 Imgp4093





Imgp4096
スタンディングポジションでのキャスティングができるのはマリブカヤックのアングラー艇の安定感がなせる業!


さてさて私達は子浦から南下して、海況をみながら行ける所まで行ってみよう!
子浦に帰ってくる事を考え往復4時間~5時間のツーリングを計画。
Imgp4104 Imgp4108 Imgp4107 Imgp4111 Imgp4112






さー!ここが判断の分岐点!
塩の流れ、風、ウネリ、そして事前に調べた予報など全ての情報で判断!
3人がそれなりのスキルであるし、サポートをし合えば行ける!と判断。
Imgp4113 Imgp4114 Imgp4116 Imgp4117 Imgp4119 Imgp4120 Imgp4121 Imgp4122







ここから第2の考えどころ「三石岬」
磯釣りのメッカでもあるこの場所は、潮の流れも速く、複雑、ここも突き進む!
Imgp4124 Imgp4125 Imgp4126 Imgp4127 Imgp4128 Imgp4131



ここが三石の南にある「千畳敷」。この奥に入間港がある。

Imgp4132 Imgp4133 Imgp4135 Imgp4138 Imgp4139 Imgp4146 Imgp4149 Imgp4140_1







行く先の岬の上に「奥石廊展望台」が見えてきました。
石廊崎も目前だがこの日は、1WAYではない。子浦に戻らねばならない。
今日の南下はここまで、中木で休憩をして戻ることに
Imgp4151 Imgp4152 Imgp4153 Imgp4154 Imgp4155 Imgp4156 Imgp4158







豪華ランチ(カップラーメンとドーナツ)も食べたし、戻るとしますか!
曇り空も晴れ、風も止み、穏やかな海況になってきました。
これは予報どおり!
Imgp4157 Imgp4159 Imgp4160 Imgp4161 Imgp4162 Imgp4164 Imgp4165



落ち着いた海況に喜び、帰り道は三石のロックガーデンに突入!

Imgp4167 Imgp4168 Imgp4169 Imgp4170 Imgp4172 Imgp4171 Imgp4174 Imgp4176 Imgp4179 Imgp4182 Imgp4178 Imgp4180 Imgp4183 Imgp4184












荒れ海ともそろそろお別れ、潮の流れから外れ、子浦の湾に向かいます。
行きに判断の分岐点としていた「サンドウ」の手前にある入り江で一休み。
Imgp4185 Imgp4186 Imgp4187 Imgp4189 Imgp4190 Imgp4194 Imgp4192 Imgp4197 Imgp4198 Imgp4199 Imgp4200 Imgp4202

















谷川浜に戻ってきてビックリ!
今までの海面が嘘のような静けさ!
見よ!この海面!
Imgp4203 Imgp4204 Imgp4205 Imgp4206 Imgp4207 Imgp4209 Imgp4208 Imgp4210







久し振りにガッツリ漕ぎました!大満足!!
Imgp4211 Imgp4212 Imgp4213



航海予定通り4時間45分のツーリング!
南伊豆の雄大な大自然に包まれ、カヤッカー冥利に尽きる1日でした。

2007/04/14

4/14:天気は最高!風は最強!

昨夜の雨も上がり、ポカポカな日となりましたが、
風が風速10mを超える強風で海に出ることはできません。
なんとかと思い外浦海岸に様子を見に行きました。
カヤッカー発見!
しかし、強風のため堤防の影でテクニックの練習をしているに留まっていました。
Imgp4061Imgp4063_1 Imgp4064



我がホームフィールド、子浦といいますと
Imgp4065 Imgp4067 Imgp4070 Imgp4071 Imgp4072 Imgp4073








こんな荒れ模様で漁船も木の葉のようです。

そんな中、堤防にて「アングラー礒」は、新アイテム「エギ」の動きを確認!
Imgp4075 Imgp4074 Imgp4079 Imgp4076







堤防の上でも強風にあおられ身体がもっていかれます。
海に落とされてしまいそうなので、しゃがんで竿を出しています。

さー!
明日の予報は東北東6mの風速、もちろん天気は晴れ!
準備は万端!

明日の晩御飯は豪華な船盛とお寿司といきましょう!

2007/04/13

4/13:カヤック仲間のペットと泊まれるお宿

今日は西風が強く、カヤックは出艇できず・・・・・
カヤック仲間の経営するペンションに行ってきました!
(お茶を頂いて参りました)
このペンションは施設内100%ペットOK!
食事、ベッドなど全てが家族の一員と一緒に過ごせるんです!

Imgp4036 Imgp4035 Imgp4042 Imgp4037_1 Imgp4033 Imgp4034_1







下田須崎の御用邸の側にある「ペンション しっぽのおやど」
玄関にはワンちゃんを洗えるシャワーが完備、タオルも備え付けてあり直ぐにさっぱりとさせてあげられます。
そしてドアを開けると看板犬「海斗君」がお出迎え。

Imgp4029 Imgp4030 Imgp4028 Imgp4026 Imgp4032






エントランスにはワンちゃん、ネコちゃんのグッズが飾られほのぼのします。
Imgp4014
Imgp4012 Imgp4024 Imgp4015






ツインルームをオーナー自ら案内してくれました。
自炊もできるようにキッチンが備え付けてあり、冷凍庫付きの2ドアの冷蔵庫。
壁には開き戸があり、開ければカウンターキッチンに、これなら料理をしながら、ワンちゃん達の様子もちゃんと見れます。
Imgp4019_1 Imgp4018_1 Imgp4017 Imgp4016 Imgp4022






天気が悪く画像があまりよくありませんが、晴天時は最高の見晴らしです!
爪木崎の白い灯台を中心に素晴らしい景色です。

Imgp4006 Imgp4007 Imgp4008



ダイニングももちろんペット達も出入り自由!
Imgp4010 Imgp4039






食後は喫茶&バーコーナーでのんびりくつろげる。

Imgp4002 Imgp4003 Imgp4051 Imgp4054 Imgp4055 Imgp4043



Imgp4044 Imgp4050







「しっぽのおやど」スタッフ紹介!
ネコちゃんとも仲良しのワンちゃん「海斗君」
4匹のネコちゃん
おかぁさん「ナナちゃん」
仲良く寄り添うそっくり兄弟「ポポ君」と「ユー君」
この日はお出かけで、会えなかった白黒の「キキ君」
そしてオーナー。

このペンションの特徴として、素泊まりOKで、コンドミニアム感覚でロングステイも可能。
コンドミニアム感覚ということは、素泊まりでもOKということです。

詳細はHPをご覧になるか、またはお問い合わせしてください。

HPはリンク「しっぽのおやど」をクリックしてください。

そうそう、カヤックもワンちゃんと一緒に楽しむこともできるんです。

よかったら挑戦してみてください。

2007/04/08

4/8:海坊主in和田長浜(2日目)

昨日に引き続き、海坊主は三浦の海を漂っております。
今日の体験試乗は本格的な釣り人とシーカヤックパドラー!
この日はワニ姫さんも長浜の海を漕いでいました。
Imgp3972 Imgp3973 Imgp3975 Imgp3978 Imgp3977 Imgp3979 Imgp3980 Imgp3981 Imgp3983 Imgp3984 Imgp3988 Imgp3987_1 Imgp3990 Imgp3989_1













この鏡面のような水面!
昨日を上回る穏やかな海況!
潮も止まり、風も止まった。
海中の様子がよく見える。
アジ、ウミタナゴ、メジナ、海底の砂地にいるキスの姿も見える。
釣り人には、カヤックの凄さを感じてもらえただろう。

かたやカヤックパドラーはというと、あまりにも穏やか過ぎる海に
リジット艇の特性を試しきれなかったようだ。
特に安定性の高さを特徴とするホリデークラフトのシレノスシリーズには強いアピールをすることができない日となった。

それにしても、これだけ穏やかな日は、海坊主も過去に何回味わったことがあるだろうか。

こんな小春日和にウトウトとふねを漕いでしまった海坊主であった。

2007/04/07

4/7(土)カヤック花見ツアー

本日はカヤックでお花見です。数日前の寒さがうそのように暖かい日となりました。2007040701_1

サウスウインド前に集合。

2007040702 横浜 みなとみらいから出艇。

2007040703 2007040704

遊園地の脇を通過。 2007040705

2007040706 2007040720大岡川を遡っていきます。途中にあるのはボート・カヌー用の桟橋。ただし一般の利用はできません。

2007040708 2007040709

いよいよ桜が見えてきました。

満開は過ぎたようですが、まだまだ十分に見ごたえがありました。

200704071020070407112007040721 完成したばかりの『大岡川桜桟橋』。「川の駅」といわれていますが、こちらもフェンスが張られており残念ながら利用できません。

2007040712 2007040713

2007040714

スロープを利用して上陸。とある公園にてランチタイム。

2007040715 2007040716

再びカヤックに乗り帰路につきます。

2007040717 2007040718 2007040719

4/7(土)カヤック花見ツアー

本日はカヤックでお花見です。数日前の寒さがうそのように暖かい日となりました。2007040701_1

サウスウインド前に集合。

2007040702 横浜 みなとみらいから出艇。

2007040703 2007040704

遊園地の脇を通過。 2007040705

2007040706 2007040720大岡川を遡っていきます。途中にあるのはボート・カヌー用の桟橋。ただし一般の利用はできません。

2007040708 2007040709

いよいよ桜が見えてきました。

満開は過ぎたようですが、まだまだ十分に見ごたえがありました。

200704071020070407112007040721 完成したばかりの『大岡川桜桟橋』。「川の駅」といわれていますが、こちらもフェンスが張られており残念ながら利用できません。

2007040712 2007040713

2007040714

スロープを利用して上陸。とある公園にてランチタイム。

2007040715 2007040716

再びカヤックに乗り帰路につきます。

2007040717 2007040718 2007040719

南伊豆の海坊主in和田長浜(1日目)

この週末は三浦和田長浜に南伊豆の海坊主が現れた!
この日は、天候よし!海況よし!最高のカヤック日和!
こんなポカポカ天気の中、海坊主は、体験試乗会に同行した。
この日はマリブカヤックエクストリームの進水式もとり行われ、海坊主も「お清め」の一杯を頂いた。
Imgp3930 Imgp3929_1 Imgp3931 Imgp3936 Imgp3934_1



家族にも祝福され無事に出艇した。

Imgp3935 Imgp3937 Imgp3927_2 Imgp3939 Imgp3947 Imgp3949
Imgp3954 Imgp3957
Imgp3951





Imgp3955 Imgp3956
Imgp3940 Imgp3959



今日の試乗艇は、
「エルズミア480」
「ターポン160アングラー」「140アングラー」「120アングラー」
「ラサ」
「マリブカヤック プロタンデム」
「ペンギン」
「シレノス」「シレノス DIO」
試乗会というよりも、ミニツアーといったところだ。

処女出艇のエクストリームも合流し、穏やかな黒崎の入り江に上陸!
ズラリと並んだカヤック!同じ艇はひとつも無い、この辺は試乗会ならでは!

帰りはカヤックを交換し、色んなカヤックを試してみる。
同じメーカーのカヤックであってもそれぞれに特徴がありる。

お気に入りのカヤックはありましたか?


Imgp3967 Imgp3968 Imgp3969 Imgp3970



潮を流した後は長浜のクラブ会員の人達と七輪を囲って親睦を深めました(笑)

「ご馳走様でした!」

「焼きバナナ」は発見でした!

海が好きな人はみんな仲間です(笑)

2007/04/04

(桜)吹雪、芦ノ湖フィッシング

走水に行ったメンバー+1名の計5艇で、

芦ノ湖ルアー&フライフィッシング。

数日前から気温が下がっていて山肌には白いものが。

午後からは一瞬、雪が本降りになる中、

それでも皆(僕を除く・・)坊主にはならず、

カヤックフィッシングしていたサウスのお客さんと、

偶然湖上で会うことができたり、

ポイント移動の時に漕ぎバトルしてみたり、

2回目、3回目と盛り上がっていきそうです。

Ca2801050001_1070404_15400001_1
070404_16080001_1070404_16210001_1

2007/04/02

4・2ホームフィールド子浦の祭典!

南伊豆には神社が多い。

それは、海からの恵みにあやかり生きてきた民がその海の神様を奉り崇めて来た文化が現在に引き継がれて来ているからだ。

時は西暦800年代、平安時代から現在まで形を変えずに残る神社も少なくない。

SOUTH WINDのホームフィールドとする子浦にも古くから残る神社がある。

今日、明日はこの神社の祭典だ。

Imgp3896_1 Imgp3897_3 Imgp3898_1 Imgp3899 Imgp3901 Imgp3900 Imgp3902 Imgp3903 Imgp3904 Imgp3905 Imgp3906 Imgp3907 Imgp3908 Imgp3910 Imgp3913 Imgp3909 Imgp3911 Imgp3912

東西にそれぞれある神社の祭典は、それぞれの形で行われる。

秋の祭りでは子浦独特の「三番叟」という舞を捧げる。

東ではこの三番叟を古くから伝わる人形によって行われる。

この人形は当時の職人の手によって作られた貴重な文化財だ。

西では三番叟を人が舞うのだが、現在はこの舞は行われていない。

だが、大名行列が行われている。この行列も古くから伝わるもので御霊のやどった神輿を行列によって浜まで運び出す。

浜では子供達による槍の舞などの儀式が執り行われる。

春はどのような形で祭りが行われるのか楽しみだ。

2007/04/01

4・1今週末は桜吹雪の中を!

SOUTH WIND 南伊豆ショップのある下賀茂を流れる「青野川」の桜は7~8分咲き!

Imgp3873 Imgp3877 Imgp3878 Imgp3880 Imgp3881 Imgp3887 Imgp3888 Imgp3889 Imgp3890 Imgp3891 Imgp3893 Imgp3894 Imgp3895 Imgp3892 Imgp3874

桜のアーチをくぐり、川のせせらぎを耳にゆっくりと進む時間を楽しむ。

遊歩道脇の足湯で裸足になり、ポワーンと過ごす。

菜の花の黄と緑、そして桜、温泉の湯煙。

マイナスイオンを全身で感じ、体から毒が抜けていくのを感じる。

おそらく今週末あたりは桜吹雪の中でこんなゆっくりした時を過ごせるだろう。

走水シーバスフィシング

西南西9m、波高1m弱というちょっと過酷な状況の中、

マリブカヤックス エクストリーム、

マリブカヤックス プロエクスプローラー、

ウイルダネスシステムズ ターポン120アングラー、

オーシャンカヤック ドリフター、

計4艇で出艇。

Dcp765463_1

朝はまったく釣りにならず、

風の落ちた午後から10匹以上あがったそうです。

※その前に帰ったので坊主でした・・・。

Suzuki02Suzuki01_3

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

●イベント・スケジュール●

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31