« 11・1-2:南伊豆の祭りは今年も盛大! | トップページ | 初の日本海へ 佐渡島編 »

2007/11/04

11・4:目指せ!南伊豆最北端!「千貫門」

この日は、ショップ企画のロングツアー。

天候次第で「石廊崎」か「波勝崎」へ向かうというものだ。東北東の風8mの予報様子を見ながらの出艇となった。

Pb040002 Pb040003

多少風が吹いているが問題はなさそうだ。まずは、「サントウ」にて蒼の洞窟体験!

Pb040004 Pb040012 Pb040014 Pb040016 Pb040018

透明度も最高!日差しもバッチリ!洞窟内は幻想的な蒼い光に包まれていた。

透明度が高いこの日に沖を一気に漕いで行ってしまうのはもったいない!

岸ベタで海底に映る自分の艇の影と共に南伊豆最北端「千貫門」を目指すことにした。

Pb040021 Pb040023 Pb040028 Pb040029 Pb040031

落居の洞窟を抜け、伊浜の洞窟へ。洞窟出口からは光が差し込んでくる。その光の向こうには波勝崎が見えてくる。この岬を越えれば、富士山も見えてくるはずだ!パドルを握る手にも思わず力が入る。

Pb040039 Pb040043

頭に白いものを被った富士山が迎えてくれた。

一同の口からも思わず声が出る。

自然が私達に見せてくれる、一瞬のこの景色は、一生心に残るものが多い。

Pb040044_2 Pb040052 Pb040054 Pb040060 Pb040070

波勝崎のロックガーデンは圧倒される。海面から裕に200mを超える断崖絶壁そして20m近くある水深にもかかわらず、くっきりと見える海底。

空中に浮いているような錯覚に陥る。

Pb040080 Pb040081 Pb040085 Pb040087 Pb040089

波勝のロックガーデンの端まで行くと千貫門が見えてくる。目前ではあるが、沖の海面が騒がしくなってきた。ここは引き返すことに。

残り3キロ程ではあるが、迎え風の中を子浦まで帰るための残りの体力の余裕を考えての判断だ。

案の定、波勝崎を超えると強い迎え風が立ちはだかる。

迎え風の中、黙々と漕ぎ続け、宇留井島辺りでは風が落ち着いた。

子浦はもう直ぐ、距離にして約20km。

一同見事に完漕!!

少し風に悩まされた時もあったが、素晴らしい世界を味あわせてもらった。

ありがとう。

« 11・1-2:南伊豆の祭りは今年も盛大! | トップページ | 初の日本海へ 佐渡島編 »

シーカヤック ツーリング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183922/16993967

この記事へのトラックバック一覧です: 11・4:目指せ!南伊豆最北端!「千貫門」:

« 11・1-2:南伊豆の祭りは今年も盛大! | トップページ | 初の日本海へ 佐渡島編 »

●イベント・スケジュール●

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30