« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/30

試乗会とKF 和田長浜は毎週末KFMです。

11月29日土曜日は朝より試乗会。

7時前に海岸に到着、TEAM Kさんの隣に駐車してテントを張ります。
ここでKさん、PAPAさんとパチリ。

Sany0880 Sany0876 Sany0878


  
 

艤装魂の塊である、X-13とミニX KFMの写真は一枚だったので
全貌を晒します!!( ̄ー+ ̄)

Sany0879 Sany0881 Sany0882

 


少しウネリが強いんですが、海岸には無数のアングラー。
沖にはすでに出艇しているアングラーが・・・
Sany0883

  
 

 

先週、進水式をしたマリブオーシャンドリフターのTさん
少し荒れ気味の海へ漕ぎ出します!!

Xファクターのサイサイさんも出艇、カワハギ狙いだそーです。
Sany0884 Sany0885 Sany0886

 

 

静岡から4時間の道のりをやってきたK兄弟。
新艇、ノーライト チニータの引取りと進水式。
Sany0889 Sany0902 Sany0903

  


 

うねりで気持ち悪くなって一旦上陸したOさん
フル装備のX-13です。GPS魚探はイーグル製
防水性も高いのでKF向きですね、メニューが英語なので
すこし扱いが大変そうですね。

Sany0893 Sany0890 Sany0891


Sany0892 Sany0894 Sany0895_2

 
 
 


y本日の試乗会参加は二名様、
昔フォールディングを漕いでいた、だるまやさんと
カヤックも釣りも初心者というYさん。

お二人とも、とても楽しみにしていたという嬉しいお言葉。
うねりはありますが、風が無いので楽しい漕ぎができますね。
しかも快晴で暖かい、最高☆

ナッソーの漕ぎ会に参加しているマヒマヒ社長もシレノスで出艇
Sany0922 Sany0923

 
 
 

準備運動とパドル講習をガッツリ?やって出発します。
出艇場所の浜には時折大きな波が打ち寄せます、大きな波は
三発前後続きますから、三つ目をやり過ごして出すように指示。
Yさんには安定のいいエクストリーム、だるまやさんは経験者なので
X-13です。

波間のタイミングを掴むのが少し難しく、だるまやさん沈!!
初心者なら凹みますが、さすが経験者!!笑いながら再乗艇。
Yさんは波を乗り越え無事出艇。 安定のいいアングラー艇も波打ち際は
弱いですね~。 タックルを載せていたらロストする可能性大でした。
リジット艇、ヤナウティカを漕ぐK山氏、Gパドル使いです。
Sany0905 Sany0906 Sany0907



 

Sany0908 Sany0910 Sany0911

  
 


しばし漕ぎの練習、フォワード、バック、ターン、ストップを軽く練習して
カワハギ釣りをしている方々にご挨拶。
Sany0912 Sany0913Sany0916

 
 

Sany0915 Sany0920 Sany0921

 
  

 

うねりの中、みなさんしっかりカワハギ釣ってます。いいなあ~
NKFC(長浜カヤックフィッシングクラブ)のKINちゃんも珍しく釣りしてます( ^ω^ )

試乗艇を乗り換え、沖で気持ちよくのんびりしてると
浮遊塔近辺でやっていたという、厚木EさんとKAWAちゃんが戻ってきました。

Sany0927 Sany0928 Sany0929

 
  
 

見事なオウモンハタとショゴを釣り上げたそうです。
沖には鳥山とナブラが沢山あって、ショゴが凄かった!!との事。

Sany0930 Sany0931 Sany0932


 
  


厚木Eさん、アタリあれどフックならずで見事なホウボウのみ。

青物が回っているという事実とショゴの大きさが7月と同じサイズと
聞いてびっくり。 午後からのんびりカワハギ狙いが、沖への誘惑が。。。

じっくりと海上散歩を楽しんでもらい午前の部が終了。
海岸には上陸したアングラー達が釣り談義。KFMです(笑)

Sany0935Sany0938 Sany0939

 

  

潮が良く活性が高いのか、全員5~10匹前後の釣果。

Sany0933 Sany0934 Sany0936   


 

Sany0937

 

肝がパンパンに張った良型が揃ってますね。

 

Sany0940_2  

 
 

半日乗り倒したK兄弟も静岡へ、お疲れさんです。

お昼を食べて、午後から釣りする予定でしたが、午後から風が上がるとの
予報、大荒れになるとの事で、あまり沖に出ないで様子を見ながらやることに、
んで、午前中参加のだるまやさんが一緒に出ることに、厚木Eさん、KAWAさん
Tさんと5人で出艇。

Sany0941 Sany0943 Sany0944

  
 
 


予報と違い、風うねり無しのべた凪状態・・・
時折、ゴロゴロと雷らしい音が・・・
房総半島上空あたりに積乱雲がある、風次第でこちらに
流れてくる可能性もあるので気をつけながら漕ぐ。
Sany0947 Sany0945 Sany0946

 
 

 

凪状態はカヤックが面白いように進みます~
なかなか無いチャンスなので少し沖を目指します。

魚探に反応あれど、アタリなし・・・ ジグが大きいのか
ショゴらしい反応もヒットなし。。 一度ジグを追いかける魚影あれど
フックまで至らず・・
反則気味のサビキジギングするもアタリなし・・・

カワハギ狙いに餌釣りするも餌だけ取られて釣れず仕舞い・・
ま、皆さんが釣れる様にコマセですね( ゚Д゚)y─┛~~

ボーズーの気配濃厚になる中、厚木Eさんホウボウゲッツ。
だるまやさんもカワハギとホウボウゲッツ!!

Sany0949 Sany0951 Sany0950



 
 

初にして高級魚を釣り上げただるまやさん!!お見事!!

Sany0952

 

日が傾くと、風が吹き始め、寒くなります。

予報の二時間遅れで南風が強く吹き始めました。
浜へ向かう風に煽られながら無事上陸。

Sany0953_2 Sany0954 Sany0957   

 
 
 

二時間ほどしか出来ず、残念です!!
冬の夕マヅメはKFには無理~と気がつきましたφ(・ω・ )メモメモ

この後、暗い中片づけをして、冷えた身体をソレイユの丘の温泉で
ポッカポッカに。6時以降駐車料金が無料で600円、ボディソープシャンプーが
備え付けで、露天風呂最高!!少し寒いですが・・

帰宅した後は釣った魚をお鍋と刺身で舌鼓。

Sany0955 Sany0958 Sany0961   

 

 

Sany0963 Sany0965 Sany0969



Sany0973 Sany0974 Sany0975   


 
 

Sany0978 Sany0980 Sany0970

  

 

台風のような大風が吹く中、楽しい時間を過ごしました。

みなさんお疲れ様でした。

釣ってきた

魚で食べる

美味い鍋

でも坊主・・・


 

        のぶぞう

 
 


 
 
 






 
 

クッキーも横浜店勤務?

Imgp2475 本日は和田長浜でサウスウインド主催の試乗会があります。

サウスウインド代表とスタッフISOが海に出ている為、横浜店は手薄になり猫の手も借りたいぐらいなのですが、生憎と猫が調達できないので代わりに“犬”を用意しました。

普段は南伊豆の子浦で接客業担当の看板犬クッキーが今日は横浜店に出勤。 店頭でお客さんのご案内をしております。。。。

Imgp2507 Imgp2493 Imgp2476

   ▲秋の装いの横浜店前で時には道案内役も勤めるクッキー。「またいらしてくださいネ。」

Posted by Kaz

                サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                 カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

2008/11/29

便利グッズ

サウスウインド横浜店にはカヤック・カヌーは勿論の事、パドルやバッグ、運ぶ為のドーリーのように直接関わる用品やライフジャケット、ウェア、シューズ等も漕ぐフィールドや季節、用途に対応できるように各種取り揃えてあります。

その他、あると便利なものも沢山陳列してあります。  それはパッと見では「これはどういう時に使うの?」とか、はたまた「一体コレは何に使う物??」という得体の知れない物まで所狭しと並んでいます。(笑)

実際にはカヤッカー向けに作られている訳では無いけれど、カヤッキング時にあると非常に便利!というものが結構沢山あります。  

例えばツーリング派カヤッカーですと、これからの季節には上陸した場所で沸かしたコーヒーを飲みながら休憩、なんてことも多いと思います。   そんな時、屋外調理器具を使う訳ですが、数あるアウトドア用品の中でもシーカヤッキングという特殊な用途には残念ながら向いていない物もあったりするのです。   そんな(悲しい)失敗を経験してきて、色々な物を試し、有効だと思った物を商品として置いていたりします。

ですので来店の際に陳列棚に変な物を見つけた時はお気軽にお声掛け下さい。  聞いてみれば「目からウロコ!」という事もありますからね。

“レスQ隊”という名前のこの商品。  こんな物もあると便利かもしれないので紹介します。

Imgp2453

ソロ派の人は孤独感を楽しむ人も多いと思いますが休憩時にふと、ものさびしいと感じることもあると思います。  そんな時、情報も聞けるのでラジオというのは有効ではないでしょうか?  携帯の充電能力もあって(お手持ちの機種のコネクター付近の形状を要確認)懐中電灯としても使えるので便利!  

防水ではないので海上での使用は出来ませんがリコイル式のはずみ車を利用した充電方法はスグレモノ!  私が以前使っていたのは小さなハンドルをクルクル回すタイプで、実際に3分間連続で回すのは罰ゲームにも近い辛さでした。  コチラのタイプのほうが明らかに楽で効率的ですネ!

Posted by Kaz

                サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                 カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

2008/11/28

コンテナ到着!

Imgp2434 Imgp2448 Imgp2450 今日は横浜本店に出勤です。

マリブカヤックスやパドル等を満載したコンテナが横浜港に着いたので本牧の倉庫に搬入です。   コンテナの観音扉を開けるとビニールに包まれた真新しいカヤックがパンパンに収められています。

新しいオーナーの元に届いたあと、各地の海に浮かび、釣りやツーリングに使われるのでしょうね。  艇の数だけ様々なカヤッキングライフが生まれるのかと思うと感慨深いものがあります。

私以外にも応援のお手伝いに来て貰ってi一日で何とか終わらせることが出来ました。

今、はるか遠い彼方から日本に届いたばかりの艇達は、照明の落とされた倉庫の中で新しいオーナーに海原に連れ出されるのを待ちなわびながら眠っていることでしょう。

Posted by Kaz

                サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                 カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

明日は試乗会です。

明日11/29日は三浦市和田長浜にて試乗会を行います。

ま、来週末もやりますんで、お暇な方是非参加してみてください
気になる艇を色々試してたったの1000円です(笑)

明日の天気は晴れ!! 風も午前中は北の風が2~5m 午後が南の風1~5m 夕方には強くなるのでご注意を。 で潮が大潮で満潮時刻が6時!!日の出時間6:30前後は爆釣の可能性もあります~☆

絶好のカヤックフィッシング日和です!!

といっても海水温が18度と低いので対象魚が限られてくると思われますが・・


Sany0735
Sany0738
Sany0742

海岸にテント張ってノンビリしてま~す。 宜しくデス☆

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


最近、カヤックフィッシングブログが増えてますね~!! 嬉しい限りです。

ここで紹介できるようであれば、時間を見つけて紹介していきたいです!!


カヤックフィッシング お店探訪 湘南地区 サザンビーチハウスさん

定休日の水曜日、バイクツーリングを兼ねて茅ヶ崎サザンビーチにあるサザンビーチハウスさんに遊びに行きました。

茅ヶ崎海岸のサザンビーチ駐車場前の最高のロケーションです!!
天気も良くて、海況も穏やか、烏帽子岩が近くに見えます!!

最近、波の無い日にカヤックで散歩をしたい!!というサーファーの方々も多いんです。
湘南発で全国へ~☆

109107 112  





サザンビーチのシンボルCが目の前。
お洒落な外観SSH 

店長は現役のサーファーながらコアなカヤックアングラーで、かなりの釣果をあげます!!
以前、和田長浜を案内した際にも、ヒラメ70cmを釣り上げてました。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

B0079621_12561822 B0079621_125645

 

画像元 SSHブログより

先々週腰を痛めてしまった為、KFはしばしお休み中。
早く治して海へ出ましょう~☆

マリブカヤックスと出会う前はサーフボードで沖へ出て釣りをしていたという
湘南地区の細かなポイントを熟知してます。竿樂の和竿にSHIMANOのカルカッタを使っているんですからカッコ良すぎですね(笑)
餌釣り、ルアー釣り、ギョギング、泳がせ釣りと、その時に一番釣れる釣り方で結果を残します。
カヤッカーとしての実力も凄いです。 エクストリームで茅ヶ崎~葉山間を漕いだそーです。
モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

103 108 114

 



お洒落な店内ですね。 当店とは大違いヾ(_ _*)ハンセイ・・・

店番をしているイケメンKさん 女性アングラーが増えるのを期待します!!

店長同様、ガッツリKFしてくれるそーです。 楽しみです☆

スクール、レンタル、艇庫とやってくれてます。
新たなムーブメントが起こる気が!!!

軽く挨拶のつもりが、KFトークであっという間に2時間近くも・・・
恐るべしカヤックフィッシングマジックトーク・・

105 115


 

自分と同じエクストリーム ストーンカラー シートはAPEX1
これからガッツリ釣りましょう☆

            のぶぞう



2008/11/27

終日入庫作業でヘトヘトです・・

コンテナが無事入りました。

スタッフ総出でコンテナから新しい倉庫へ移動です。

Imgp2444 Imgp2451


 

 


4tトラックで往復してなんとか無事にいれましたら、今まで使っていた倉庫からも
引っ張り出して移動。 

つ・・疲れました・・

お昼は近所の食堂にて
味は・・・・値段が安い!!量もナカナカ。

倉庫の隣なので繁盛に使わせて頂きます~

Imgp2439 Imgp2440 Imgp2441




週末は試乗会があるので少しドタバタします。

今の所参加人数は2名なのでまだまだ募集しますよ~★

午後から釣りをしようかと考えてますが、カワハギかな~??
アオリは釣れる気がしません!! 

海水温が18℃という低い水温なんで青物は厳しいかな?

う:;身体が痛いです・・


 
 

秋の海は・・・。

Imgp1174

秋は紅葉の山ばかりでなく海も綺麗なんですよ。

お帰りの時間の都合が有る方は残念ですが余裕がある方は予約フォームからお申し込み頂く時に「夕陽希望。」と添えて下さいね。(笑)

この夕陽を海面に浮かびながら眺めていると、その延長上の水平線に吸い込まれて行く夕陽の美しさは文字でも画像でも表現し切れません。

落ち際ではあっという間に姿を消す陽ですから、その時に厚い雲が流れてきたりすると見えないまま日没を迎えてしまいます。

でもその分、より美しく感じさせてくれるのかも知れませんネ。

Posted by Kaz

                      サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                 カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

2008/11/26

横浜はクリスマス一色・・・。

Imgp2074 Imgp2083 Imgp2096

先日、第一回和田長浜カヤックフィッシングミーティングのサポートに行った時に、久しぶりに本店にも寄りました。

横浜のみなとみらい地区にある SOUTH WIND の近くには赤レンガやクィーンズスクエア、コスモワールド等があってイルミネーションが賑やか。

遊歩道の上の落ち葉を踏みしめながら歩いていると張り詰めた冷たい風が背中を丸めさせ秋の終わりを教えてくれました。

ガラスのような透明度の冬の海がもうすぐ見れる季節になりますね!(ワクワク)

Posted by Kaz

                    

                     サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

               カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

2008/11/25

艤装魂 アメリカ編 

KFMで皆さんの艤装魂を見せていただきました!!

本場アメリカでは更にディープな艤装例が沢山ありましたのでちょこっと紹介します。


00286
00287
00301
00302
00329
00330
00332
00334
00360
00372
00373
00427
00428
00452
00530
00552
00580
00600
00634
00637
00688
00706
00707
00713
00717
00718


さ・・・・参考になりました?

自作のアウトリガーが多いですね、湖での使用が多いからかと思いますが、日本の海域では通用するのか?
興味のある所です。 

のぶぞうはリジットカヤック(テンペスト165)で釣りをしてる頃、アウトリガーの自作を試みました。
ベニア板のレーザーカットされた物を組み立てる奴なんですが、完成して試す前にターポン120をゲッツしてしまい製作途中で断念、知人に譲ってしまいました。

エクストリームに乗っていると、アウトリガーの必要性が皆無なんですね。

キャストする釣りもしませんし・・・

それにしてもアイディア満載っすね。 大いに参考になりますヽ(´▽`)/

艤装魂 アメリカ編 

KFMで皆さんの艤装魂を見せていただきました!!

本場アメリカでは更にディープな艤装例が沢山ありましたのでちょこっと紹介します。


00286
00287
00301
00302
00329
00330
00332
00334
00360
00372
00373
00427
00428
00452
00530
00552
00580
00600
00634
00637
00688
00706
00707
00713
00717
00718


さ・・・・参考になりました?

自作のアウトリガーが多いですね、湖での使用が多いからかと思いますが、日本の海域では通用するのか?
興味のある所です。 

のぶぞうはリジットカヤック(テンペスト165)で釣りをしてる頃、アウトリガーの自作を試みました。
ベニア板のレーザーカットされた物を組み立てる奴なんですが、完成して試す前にターポン120をゲッツしてしまい製作途中で断念、知人に譲ってしまいました。

エクストリームに乗っていると、アウトリガーの必要性が皆無なんですね。

キャストする釣りもしませんし・・・

それにしてもアイディア満載っすね。 大いに参考になりますヽ(´▽`)/

カヤックフィッシングネタ シットオントップで神子元島遠征!!

雑誌 kayak 海を旅する本 2004年夏号に シットオントップ4艇で南伊豆下田沖にある神子元島へキャンプ遠征に行った記事がある。 参加した4名は日本でも指折りのパドラーなので一般的では無いのだが・・

参加艇は ウイルダネスシステムズ ターポン140 パーセプションナパリ コブラカヤックス エクスペディション フェザークラフト ジャバ である。
当時での高速とされるシットオンで本瀬から神子元への距離 約10km  同じ距離をリジット艇で漕いだことあるが、かなり厳しい航路である。
今年も機会があれば行きたかった、ロッドを持って・・

昨年、二度の渡航機会にはロッドを持って行かなかった。 ベテランアングラーでもナカナカ厳しい神子元に釣竿持って行くなんて・・・萎縮したのである。 と言うか、余裕が無かったのである。
道中の潮の流れの速さやウネリの大きさ、大型タンカーが引っ切り無しに横断する航路にも驚きの連続だった。
一度目は弓ヶ浜からリジット二艇にて行きは2時間弱、帰りは1時間弱、滞在時間2時間という航程だった。
二度目は予定外での渡航で、入間~大瀬間の予定が石廊崎を越えて時間があったので向かってしまった・・
という片道3時間半 帰りは2時間弱 滞在20分という航程だった。風が強く半泣きしながら帰った思い出が・・

海釣りをする人なら神子元と聞くと魚天国としてご存知の方も多いと思う。 確かにすんごい魚影が濃かった。 湾内というか小さな船着場の中にアオリが沢山、入り口にはカンパチの群れ、サメもいたりとお魚天国なのである。
上陸した小さな堤防からアオリイカが入れ食いすること間違い無しで、竿無くともラインとエギがあれば沢山釣れたハズ・・島の周りは最高の磯場で、多くの釣氏が石鯛などを釣っていた。

外洋にポッカリ浮いたカヤック行くことが可能な島に想いは馳せるのである。

昨日、ポイント65の社長リチャード氏とスクープアウトの堀川氏、ソルティーズの山本氏が来店された。
日本の市場調査である。 リチャード氏はイングランドへマリブカヤックスを卸したことがあるらしく、シットオントップのアングラー艇に詳しかった。 今後開発も視野に入れているらしいとの事。それならば!!とカーボンでもFRPでも構わないので、超軽量の高速艇を作ってくえぇぇ~☆ お願いをしておいた。
価格は少々高くても、売れるだろうなあ~と思う? いかがですか?みなさん。

話が逸れました、ソルティーズの山本さんは、シットオンで神子元に行ったメンバーなのである。
レジェンドメンバーの一人なのである!!!
モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

山本さんは千葉の南房総てソルティーズパドルスポーツというシーカヤックツアーショップをやっている有名な方で、友人のT郎さんがそのツアー内容に感動し絶賛し、当時の南伊豆支店アシスタントガイドだった私めに、行って勉強してこい!!と言い放ったショップの代表なのである。 なのでとても気になってた御仁なのであった。

元高階の遊ぶ営業マンということで、ウイルダネスシステムズのターポン140で向かった神子元はいかがだったのか?と色々聞いてみた。(記事ではけっこう簡単に楽しく行けた~!!みたいな感じだったので)

結論は止めておいた方が無難。 との事。  帰りの片道は通常のリジット艇で50km漕ぐのと同じ労力だったと言ってました。
 ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ やはりスピードが遅い艇なので潮や風の影響を受ける事が多く、漕いでも漕いでも進まない・・・ということらしい。 しかもキャンプ道具を満載してたから、船自体が重く漕ぎ出しが大変。、スピードに乗ってきたと思ったら波を受けて減速し、また重い漕ぎ出しからスピードに乗せるという事を繰り返したとの事。最後の方は全員無言で漕いだという。滞在時は蚊の猛攻に会い、閉口したなど、記事には無かったお話を聞かせていただきました。

歳も一つ違いの同世代。 とても話が合いそうなので、千葉のお店に遊びに行って外房にてヒラマサを釣らせて貰おうかと思いました。

で、結論。 神子元シットオン遠征は企画で無い限りはカヤックで行くよりは船をチャーターした方がヨロシ。

カヤックフィッシング探検隊 神子元遠征!!なんて企画でたら楽しいですけど・・(・∀・)ニヤニヤ

岸から近くて、カヤックでしか行けない秘密のポイントはマダマダあると思います。
そんなポイントを探して行きましょう~☆

子浦の海

Imgp2390 連休の最終日は生憎の雨となってしまいましたが本日は回復するとの予報ですね。

今年の伊豆の紅葉は12月上旬まで楽しめるそうですよ。 

修善寺周りでいらして頂ければ紅葉ドライブも楽しめるでしょう。

伊豆修善寺虹の郷も紅葉シーズンは定休日の火曜も休まず営業だそうです。

園内のもみじのライトアップも見事なそうですからカヤッキング後も楽しめそうですよ!

Posted by Kaz

               サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

               カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

2008/11/24

カヤックフィッシング ネタ 

さて、何を書きましょう?

今月は佐渡島遠征やら、KFMやらで書くネタには事欠かず、というより追い立てられるように更新しました。
お蔭様でヒット数も増え続けております。(感謝感謝)

来週、再来週と開催する試乗会にもすでに参加表明をなさって下さる方がチラホラ。

寒さ暑さをものともしないカヤックフィッシングアングラーの力強さというかMっ家タップリと申しましょうか
男汁溢れる状況に戸惑いつつも楽しく生活しております(笑)

・・・と書くネタがぁ~  

あ、昨日タイカブラを1時間集中してやってみました。 定置網近辺だと風潮とも強かったので
60gだと真っ直ぐボトムに落ちませんしタイカブラの肝である着底が分かりづらかったです。
デュエルの80gで30m付近の底が取れるので潮の早い伊豆での鯛釣りだと100gも視野にいれてます。
カブラを使う上で今後の課題は針ですね。 佐渡島で上等兵は70cmオーバーを二本上げたのですが、
それ以外にも針を伸ばされたり、食いちぎられたりしたそうです。自分も40cmの鯛に針を一本折られました。
針は少し大きく強いものに交換とハリスも少し太めのPEに交換するといいですね。

値段が高いのでタングステンは持ってないんですが、何個か買おうかと思ってます。

ほんとに釣れんのか?と疑問符が多かったカブラですが、
釣れることが分かったので面白くなってきました。

茅ヶ崎のサザンビーチハウスの鈴木さんもガッツリ釣ってますしね。

という所で半端で申し訳ありませんが・・・

 のぶぞう

ツアー参加者のレポート到着!

昨日のツアーに参加した方からユニークで詳細なレポートが届きました! 伊豆が好きで長年足しげく通うハードリピーターさんでサウスウインド南伊豆店のシーカヤックツアーに参加して頂くのも今回で5回目!

そんな氏の視点から見たシーカヤックツアーのレポートを皆さんにもご紹介しますね! 

-------------------------------------------------------------------------------

 

“そうだ!子浦へ行こう”

どこかの鉄道会社のコマーシャルで聞いたようなフレーズが頭に浮かびます。11月12日のブログを読んだ 時でした。  そして、昨年の11月に子浦に行った時に見た夕陽の美しさが蘇ります。  どうせ行くなら自分の艇で!ということで、悩んでいたルーフキャリアも踏ん切りつけてお買い上げ。 東海道線カラーのRasaが子浦デビューです。

午前3時20分。携帯のアラームで目が覚めます。  いくら疲れていてもカヤックとなると元気になるのはなぜでしょう?  ポットにお湯を入れて、定刻4時ちょうどに“サンダーバード”は基地を発進です。

東名に乗り、一路沼津インターを目指します。
買ったばかりのルーフキャリアにMyカヤック載せて初めての遠征。  ちょっと緊張気味に90キロくらいのスピードで一番左の車線を走ります。  他の車にバンバン抜かれますが、全く気になりません。屋根に5m近いフネを乗せているのです。遅くて当たり前です。

“料金は1,400円です”沼津のインターを降りると、ETCの電子音声が料金を教えてくれます。時間帯割引のおかげで、通常のほぼ半額です。  伊豆も行きやすくなったものです。

一般道に入り、途中のコンビニで朝ごはんを仕入れ、子浦を目指します。天城峠を越える頃には“♪あまぎぃ~ごぉえぇ~”などと歌う余裕も出てきます。  屋根にカヤックを乗せていることも忘れるくらい快調です。  そして、徐々に明るくなってきたので、山間の紅葉を楽しみながら走ります。

下賀茂温泉を抜けて、子浦はもうすぐ…と道端の木々に目をやるとかなり風が吹いているのがわかります。  “びゅぅ~”っと風の音も聞こえます。  ルーフのタイダウインベルトがビビっている音とは違います。  “ヤバくない??”と。  不安が頭をもたげますが、何せ妻良港は風待ち港と言われるくらいです。  「防波堤の外に出られなくても湾内で遊べるだろう。」と希望的観測のもとにアクセルを踏み込みます。

妻良の漁港の辺りに来て、本日初めて海と対面です。

“あ゛~っっ” (;´д`)トホホ…

防波堤の外はウサギだらけです。 縦横無尽に駆け巡っています。  “ウサギ鍋なら何人前作れるかな?”などとアホなことを考えている場合ではありません。  私のような初心者カヤッカーには防波堤の外はもちろん、この風では湾内でも危険です。

加えて私、ひつじ年生まれの41歳。臆病なうえに本厄です。  家族もいます。  決して危ないことはいたしません。  ホームフィールドの葉山ではソロで出る時もありますが、この状態なら即中止します。  ただ、今回は心強いガイドの村石さんがいるということで、判断はお任せすることにします。

状況はともあれお腹は空きます。  ここで朝ごはんにします。  海が見える高台に車を停めてコンビニのおにぎり(焼きタラコとおかか)とインスタントの味噌汁で朝ごはん。ポットのお湯はここで使います。

「せっかく来たのに参ったなぁ…。」おにぎりを頬張りながら、ひとり言。  参ったのは、おにぎりに海苔を巻くときに車の中じゅう海苔の粉だらけになるからではなく、荒れた海況に対してです。

「あ、タラコこぼした…。」

完全に動揺しています。。。。


朝ごはんを終えて8時少し前。 サウスウインド南伊豆店のクラブハウスに電話します。 

「おはようございます。吹いてますねぇ~」との問いかけにも村石さんは余裕のようです。

「まぁもう少し様子を見てから決めますから、とりあえずクラブハウスに来てゆっくりしてくださいョ。」  とりあえず行ってみます。

車を止めてクラブハウスへ。 子浦の湾内もだいぶ荒れていますがクラブハウスの周りはずいぶん静かです。 海とはほんの数十メートルしか離れていないのに。。。

クラブハウスに着くとサウスウインド南伊豆店の看板犬クッキーがお出迎え。  8月以来の再会です。、元気だったか?

クラブハウスで、しばしお茶を飲みながら今日のプランを検討します。  この海況と私のスキルを勘案して、村石さんがいろいろとプランを立ててくれます。  予報での風速は少しはマシな西伊豆の石部あたりに遠征してみることにしました。  そうと決まれば出発です。  バタバタと準備を始めます。

      Pb230007         Pb230044 

村石さんの車に艇を積み替え、荷物を積んでいざ出発です。  車中では夏のツアーの後談や地元の情報などで盛り上がります。  雲見の海水浴場に来たところで、正面にバーンと富士山が現れ思わず息を飲みます。  風が強いので、ことさらきれいに見えます。  駿河湾に浮かぶように見える富士山。  西伊豆の大好きな風景のひとつです。

まずは石部の海水浴場に到着。  ここは、オフシーズンなら出艇できるようです。  次回の参考にしましょう。  湾内は比較的静かですがやはりちょっと出ると大荒れ。  ここは諦めて松崎へ向かいます。  “世界の中心で愛を叫ぶ”の撮影が行われた、ナマコ壁が有名なところです。  この荒れた天候で、おっさん二人は何を叫ぶのでしょうか…

東洋のコートダジュールと言われる岩地海岸を抜け松崎を目指します。  来年の松崎シーカヤックマラソンには出てみたいとい思います。

松崎に到着。  ピア101さんのお世話になります。  オーナーの菅井さんから情報収集。  海況は、これからどんどんひどくなるようです。  とりあえず、湾内で遊びながらどうするか決めることとし、いそいそと出艇準備を始めます。

出艇場所に艇を運ぶのですが、村石さんの艇、異常に重いです。(滝汗)  何が入っているのでしょう?  それは後のお楽しみなのですが・・・。
Pb230011 Pb230014 Pb230013
ピア101さんの前の川から出艇します。ここは波の影響もなく、静かなものです。  しかし、湾内、防波堤の途切れた所からはかなりのうねりが来ています。(焦)

“どうするのかなぁ…”と思っていると、「じゃぁ、波に慣れましょう。」ということで、波のやり過ごし方や対処の仕方、波の特性などを教わります。  時折セットで大きいのが入ってきます。  見上げるような波です。  ひつじさんは完全にビビって体が硬くなっています。  風が強くて指示もよく聞こえません。  何本か波をかわしていくうちに、ちょっとずつ要領がつかめてきました。  指示の内容も何となく理解できてきました。

Imgp2313 Imgp2314

ある程度波と戯れたあと、風裏の浜に上がって昼ごはんです。  飯盒でごはんを炊き、豚汁、アジの干物が用意されます。  なるほど、艇が重くなるわけです。

ごはんができるまでの間、近くを散策します。  海を見ればかなり荒れています。  上から見ているとそうでもないのですが、カヤックに乗って見る波は相当大きく感じます。  とてもじゃないですが、防波堤の外は無理です。  岩場の遊歩道に洞窟を発見!西伊豆でカヤックと言えば洞窟巡りですが、今日は遊歩道の洞窟で満足します。

Pb230017_2Pb230023Pb230021_2  

ごはんを作っている村石さんのところへ戻るとなにやら少し困った様子。  どうやら朝のバタバタで箸を忘れてしまったらしいのです。  まさか手づかみというわけにもいかないので早速、そこらへんのもので作ります。  私は竹から削り出した平たい箸、村石さんは枝の丸箸。
Pb230024 Pb230025 Imgp2320
ごはんができました!さぁ、いただきます!寒い時に温かい豚汁に炊きたてのごはん。  なんて贅沢なんでしょう。  そして子浦の民宿のおばちゃん特製のアジの干物の絶妙な塩加減。  

最高です。箸が進みます。こんな箸でも進みます。(笑)

満腹になったところで、しばしトークタイム。  我々を心配して自転車で様子を見に来てくれて一緒にランチを摂ったピア101の菅井さんに海の話、カヤックの話を聞かせていただきます。 う~ん、為になります。

ひと休みしたところで再び海に出ます。  波は次第に高くなり、波消しブロックの間から、そこそこ乗れそうな波が来ています。  ここでは横波の対処の仕方を教わります。  そしてサーフィンのまねごとをしてみます。

Imgp2331 Imgp2326_2 Imgp2329 

“ヒャッホォ~!”波に乗った村石さんが叫んでいます。 私も挑戦してみますがなかなかうまく乗れません。  やっと乗れたかと思いきや、バランスを崩してお約束の。 叫ぶどころではありません。 松崎にいるのに叫べません・・・。
ロールで起き上がればカッコイイのですが、迷わず沈脱です(汗)。 いいところがありません。。。。

排水、再乗艇して再びチャレンジです。  波をよーく見て…今だ!  一気に漕ぎ出します。  乗った!バランスもうまくとれ、自分で言うのもなんですが、イケてます。  波打ち際でターンして、また沖に戻ります。   何だかそれっぽいことができました。 

「う、うれしいぃー!!♪」(◎´∀`)ノ

さぁ、もういっちょう!  いい感じの波に乗った…と思いきや、またしてもバランスを崩して沈!  浜でこちらを見ているおばさんは何を思っているのでしょうか…

サーフィンごっこはこれくらいにして、横波を避ける練習、波の中で方向を変える練習をしながら、出艇場所に戻ります。  途中、横波を受けてバランスを崩すものの、何とか立て直し、沈を回避。もしかして少しうまくなったのかな? などと思いつつ村石さんの後を追います。

防波堤の内側に入ると、また静かな海になります。  カモメが羽を休めています。 カモメをからかいながらピア101さんに向かいます。  イタリアのヴェニス(?)を思わせるような船着場を眺め、今度は松崎港に注ぐ岩科川を遡上します。

さっきまでの波風がうそのように静かな水面を漕いで行きます。  山の紅葉、庭先の柿の木…里山の風景が広がります。  澄んだ水の中を鯉が泳いでいます。  あ、柿泥棒が!と言っても柿をカメラで撮っているだけです(笑)   岩科川沿いに桜並木が続きます。  春の桜のシーズンはお花見カヤッキングにいいかもしれません。  村石さん、是非企画しましょう!

Pb230039 Pb230035 Pb230034 

まったり川下りを終えピア101さんに戻ってきました。  お風呂をお借りして冷えた体を温めます(菅井さん、ありがとうございます!)。  幸せです。  浴室の壁には、菅井さんが描いた松崎の海の絵があります。  シーカヤックも浮かんでいます。  黒い点々…定置網まで描いてあります。  ちなみにこれは、安全なカヤッキングを願うカヤッカーが勝手に描き足したものらしいです(イタズラじゃん?)

Imgp1849 Pb230041 Pb230042

余談ですが、ピア101のオーナーの菅井さんは、絵画、彫刻などを手がける芸術家です。いたるところに菅井さんの作品があります。  それ以外にも、いろいろなコレクションやお客様からの贈り物があります。  見ていて楽しいですし、菅井さんの人柄が伺えます。
さながら、“松崎秘宝館”(?)です。  でも、いかがわしい展示物はありません。

菅井さんにお礼を言って帰路につきます。  「夕陽が見たい。」というと日没時刻を考えながら時計とにらめっこで夕陽の絶景のポイントを目指します。  カヤックツアーだけでなく、何でもかんでもわがままを聞いてくれます。  村石さん、本当にすみませんm(_ _)m

雲見でちょっと寄り道をして、夕日ヶ丘の見晴らし台に着いた時には、まさに太陽が沈もうとしているところ!  間一髪間に合いました。  西伊豆の夕陽。  何度見ても感動的です!!  黄昏のおっさん二人・・・。ともあれ、美しいものは美しいのです。

Pb230056

子浦に帰ってきたの頃には、あたりも薄暗くなっていました。  クラブハウス前で艇を洗い、道具の潮抜きをし、一日が終わりました。 

海況には恵まれませんでしたが今日一日で目いっぱい色んな事ができました。  こういう楽しみ方もある、シーカヤックは奥が深いです。  

村石さん、ほんとうにありがとございました!

“そうだ、子浦に行こう!”

数ヶ月後、また口にしているんだろうな・・・。(笑)

Posted by なべあつ

                  サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                    カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

2008/11/23

セミドライスーツ 最高っす!! 

今シーズンはしら~っとカヤックフィシングは終了かな?と思っておりました。

寒いし、釣れないし、風強いし・・・と インドアのクライミングでも復活しようかと思っていた矢先、毎週末の試乗会、体験会の命が下りました。

ウエア類は充実してるので、ドライは必要ないな~と思ってたんですが、連日となると話は別です。 濡れたウエア類を洗って乾かすのには一日は欲しいんです。特に濡れて冷たいシューズに足を突っ込むなんて、極Mの極みです・・・

散々、お客様に売っておいてドライスーツ着て海に出たことが無いというのも問題アリ。

ということで、セミドライを買って先週KFMに出てくれたM氏に感想を聞いてみた。

兎に角、下に着る物が楽である。車に乗ってきた格好そのままでもオッケーで終わった後、ドライを脱いでそのままの格好で帰れる!!との事。 

毎回、下半身に4枚、上半身に3枚と着込み、ほぼ全てを洗濯し、シャワーを浴びないと凍えてしまうという過去状況から考えても樂である。

ということで、ニヤリ笑う社長に買います宣言をしてセミドライのMを新調。(ぐは!!)

マリブオーシャンカヤックドリフターを積み込み、長浜へと向かった。

少し波があるものの、風が殆ど無風の最高のコンディション。

ドリフターをT氏に引渡し、X-13を運び出し、出艇の準備を始めた。

Photo

 

第二艇庫からの運搬なので乗せただけで運ぶ。

本日のターゲットはアオリである。 散々迷ったが、アサリを買わずに来た。

ストイックにエギングをやってみようと思ったのである。

艇を浜に運び、ロッド類の準備が完了したら、初セミドライスーツなのである。

試着は散々してたので着るのに問題は無い。

Kc3a0079KigaeKigae2   

 

 

①上半身、ロングT、FRドラウトセンサージャケット、下半身FRタイツ、ネオプレン靴下、ロングブーツ

②足元が汚れないように下に何か敷くといいですね。

③両腕を入れて首を抜きます。

Kgiae3AirnukiSemidryiso

①ガッチリとジッパーを締めて ②空気を抜きます ③完成

簡単ですね~☆ しかも暖かいし蒸れない。前回厚手のパンツを履いたら蒸れました・・あまりに暑かったのでウエストから熱気を逃がしましたが、座った状態なのでナカナカ熱気が逃げず、下半身が汗で濡れ濡れになりました。

ドライは一体式なので下半身だけが蒸れることも無く、暑ければ胸元のジッパーを開ければ下半身の熱気も逃げます。 着たまま艇を洗いそのままウエアに水を掛けて陰干しすれば問題ないですし、表が乾いたら、裏返して中も乾かすといいですね。便利だああ~

と、ここで実際に水に落ちてみたらどうなのか??という実験をするのをすっかり忘れました。 嬉しくて釣りの事ばかり考えてました。ごめんなさい。

いつもより短い時間で出艇できました、向かうはアオリのポイント!!

到着するといつもの名人軍団が居ました・・・・釣果を聞いてみると全然良くないらしい。

しばし近くで試すもアタリなし・・・釣れる気がしません

SoroKagami_2Sao

 

 

 

 

名人達に釣れなくて、俺に釣れる訳が無い・・・ということで、ポイントを沖に設定。

佐渡での課題になった鯛カブラでの真剣勝負をすることに。

南の風が強くなり、うねりも強くなってきました。 潮も浜へ向かう流れだったので、漕がずに流れるまま定置の脇を丹念に探っていきました。 浜に向かって定置を過ぎた20m地点にて一度触るようなアタリがありましたが、フックせず。 戻り繰り返しやりましたがヒットせず。流れるまま黒崎近辺にてエギングするもアタリもなし。先週のお祭り騒ぎは何処へやら??淋しい限りです。 黒崎の磯近辺でジギングするもアタリ無し。

時間も10時を過ぎたので撤収です。

黒崎から舐めるように長浜に戻る途中で、Xファクターに犬を乗っけているOさんと遭遇。 ボーダーコリー君が大人しく乗ってます!!カッコいい!!

浜に上陸するとGさんがスパローホークで出艇する所でした、撤収しているMさん 

Photo_2

Maki

浜の入り口で見たようなマークの旗を立てている軍団。関東悪だ組のテントがありました。長浜カヤックフィッシング部の連中も居ます。これから出艇??う~~んとの回答(笑)

11月の終わりだというのに長浜海岸は賑やかでありますo(*^▽^*)o

長浜カヤックフィッシング部はオリジナルステッカーを製作しまして、海に出ずステッカーを一生懸命貼る面々。

Photo_3Photo_4Photo_5

 

 

同い年と判明したtomeさん

モデルのようなMTIの着こなしのKINちゃん、マンゴイ彗星のオーナーA君

Photo_6Photo_7

 

 

 

 

我が愛車のスパイクにも貼って頂きました感謝感謝!!

で、セミドライスーツを脱いでみるとホントにドライなので感動!!いつもなら濡れたウエアやら下着やらをビニールに詰めてとシャワーを浴びてとやることが一杯なのだが、脱いで5分で撤収出来る。自宅に帰るならそのままセミドライ着たまま帰っても問題無い!!ま、途中立ち寄った場所で好奇の目に晒されることは間違いないが・・・

ということで、釣れはしなかったけど、厳寒期でも快適に釣りが出来るドライスーツは最高です!!!

あ、宣伝になってしまった・・・

セミドライ

何が違うの

フルドライ

       のぶぞう

秋の盛り沢山ツアー!

Imgp2311_2

本日参加のWさんは夏にもお子さんと参加してくださいました。  子浦の民宿「上條(かみんじょ)」さんに泊まって海の幸を楽しみながら2日間子浦の海をカヤッキングとシュノーケリングで夏の海を楽しんでました。  

葉山の艇庫に自艇を置き、森戸海岸を中心に江ノ島から佐島までがホームゲレンデの氏ですが三浦和田長浜のウィンドスターさんのツアーにも参加したりと精力的に漕いでいる方です。  サウスウインド南伊豆店シーカヤックツアーも今回で5回目というハードリピーターさんでもあります。

“伊豆好き”を公言する氏は私のブログも覗きに来てくれているそうで先日のブログで伊豆の夕陽が見たくなり、秋の南伊豆を満喫しようと思い立って参加してくれたそうです。

ですがその当日は生憎の西風・・・。 湾の入り口からまともに吹き込んでいます。。。

妻良湾の中は何回も漕いでいる氏ですから、もともと湾の外のツアーにしようと思っておりましたがコレではキビしい状況。

予報では西伊豆の方が風速が小さいようなので様子を探りながら西に向かっていくという遠征スタイルに変更です。

そんな我々が流れ着いたのは松崎のピア101さん。 今日はこちらをベースにさせて頂く事にします。

Imgp2310 Imgp2316

穏やかな湾内を出て防波堤まで行くと大きなうねりが入ってきています。 目の前で波がグァーっと立ち上がるのは誰でも怖い物です。 折角のチャンスなのでサイズの小さい場所で少し練習してみましょう。

荒れている時には海に出ないのが基本ですが、急な海況の悪化に備えておく事も必要でょう。 状況が整っていない時では練習ではなくて“本番”になってしまいますから。。。

Imgp2332 Imgp2339 Imgp2335

コツも覚えて波をやり過ごしたり出来るようになりましたね。  サーフィンごっこでは沈もしちゃいましたがカヤックサーフィンの面白さとスキルアップが実感できたようです。 先程まではバランスを崩していたような波をやり過ごせるようになったり、ちょっぴり恐怖心が払拭できたりすると嬉しいですよね!

波間で沈をしても沈脱→再乗艇も出来ていましたね。  実際に沈するような状況で再乗艇が出来る事が確認できたのは有意義だったのではないですか?  凪の時に出来たからと言っても使い物になるかどうかは別問題ですものネ。

Imgp2321 Imgp2322

今日のランチは子浦の民宿のおばちゃんのお手製の干物に豚汁です。  ピア101オーナーの菅井さんも自転車で我々の様子を見に来てくれたので一緒にランチです。  同じ趣味の仲間と外で食べると美味しくてたのしいものですネ。  3合炊いた白米も二人でペロリでした。

午後からは川を遡上してみましょう。今までの海況が嘘のように穏やかなゆるい流れを漕ぎ登って見ましょう。

Imgp2358 Imgp2360

Imgp2375 Imgp2382

水深もどんどん浅くなってきてカーブでは外側の護岸ギリギリしか通れないようになって来ました。  水深は20センチ程になってきてここまで来れるのはカヤック/カヌーのみでししょう。 前方に見えてきたザラ瀬が我々の遡上の終わりを告げています。

紅葉の山々を眺めながらの“里山カヤッキング”(?)

先程までの波で翻弄されていたのが嘘のように穏やかです。  漕ぐ手を止めて0.5ノット程の流れに身を任せて秋の風情を楽しみながらのダウンリバー。(笑)

朝のうちはどうなる事かと思いましたが盛り沢山な遠征ツアー、どうやら楽しんでもらえたようですネ!

伊豆を愛するWさん、是非とも尺取虫で西伊豆~東伊豆をつなげてください。

また漕ぎましょう!

Posted by Kaz   

                           サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                     カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

2008/11/22

最高の秋晴れツアー!

Imgp2260

本日お越しのお二人はなんと北海道から!  と言ってもご出身は関東、東海で北海道に魅せられてお2人とも移住されたそうです。 別々のお仕事だそうですが共に観光関係のお仕事をされているそうです。  なのでハイシーズンは私共と同じ時期なので一段落された今の時期に里帰りを兼ねて参加してくださいました。

カヤッキング経験者のお二人は知床半島でしか漕いだ事が無いそうです。うらやましい・・・。

そんなお二人に南伊豆の海をご案内しましょう。

早くから予約して頂いていた昨日は西風が強く予報通り10Mオーバーが吹いたようです。 妻良湾ですと岬が風を遮ってくれるポイントが何箇所も有りますので吹き抜けの中央は厳しいですが、そういったポイントをホッピングしながらのツアーも過去にありました。

でも折角だから海況の良い時に楽しんでもらいたいので南伊豆の旅の日程に余裕があったようなので一日ずらした本日は風も落ちて絶好の秋晴れ。 カヤッキングには最高の日となりました!

Imgp2227 Imgp2228

パドリング経験があるお二人ですが数ヶ月のブランクがあるそうです。

ですが暫く漕いでいればすぐに感覚を取り戻し、今回のレンタル艇にも慣れたようなので早速ツアーに出発しましょう!

Imgp2232 Imgp2233

伊豆特有の断層を見せる岸壁を眺めながら秋の空気を感じながら進んで行くシーカヤックの列。 秋晴れ過ぎで気温も高いですね。 セミドライのパドリングウェアをお貸ししましたが今日の陽気ではちょっと暑いくらいですか?(笑)

Imgp2239 Imgp2245 Imgp2246

北海道に渡ってからカヤックを始めたというお二人。  継続的にやって行きたい、との事でしたのでツーリング中にもパドリングフォームにアドバイス。  長時間ゆったりと漕ぎ続ける時に向く力の抜けた漕ぎの方が楽なので全身を使った漕ぎを心掛けて貰います。 最初はどうしても腕の力に頼ってしまいますが上腕の小さな筋肉ではすぐに乳酸が溜まってしまいます。  翌日、腕が筋肉痛になってしまわないように腹筋や背筋、腿といった大きな筋肉を使う漕ぎをしましょう。

Imgp2249 Imgp2251         ▲今日のランチはけんちんうどん。 お腹を満たしたら再び漕ぎ出しましょう!

トレッキングに長けたお二人なので今日は見晴らしの良い高台にお連れしました。  ここは一応散策路があるのですが、ちょっと険しい為に皆さんを安全にお連れするのが難しい場所なのでツアーで上るのは初めて。   立ち木を抜けて眼下に広がる妻良湾が見えるとお二人から感嘆の声が上がってましたっけ。

Imgp2270 Imgp2277 Imgp2275

周囲を見回しながらゆったりと漕ぐお二人は漕ぎのフォームも変わってきましたね。 見た目に優雅な感じに変わってきています。 どこか景色を楽しみながら漕ぐ余裕さえ感じられますものね。

知床の海を漕ぐお二人もここ妻良湾、子浦の海を気に入ってもらえたようです!

今度は湾の外のツーリングにも行きましょうね!!  

Imgp2301

Posted by Kaz

                  サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                     カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

カヤックフィッシング体験会 初イイダコ 竿樂カワハギ竿

KFM前日11月15日土曜日に体験会を行いました。

HPでの事前告知無し、店頭での案内のみだったので、参加人数は1名。
今回は南伊豆支店のガイド村さんと自分の二人体制という贅沢な体験会となった。
通常の試乗会と違い、竿を出して実際に釣ってみる。という事が含まれているので
何の魚種を狙い、どのポイントで釣る。というようなフィールドガイド的な要素も少し
含んでいる。と言っても、カヤック自体初めてという初心者の方々が対象なので
まずはカヤックをある程度自在に操れるようになり、そこからの釣りとなる。

実際に釣りをしてみると分かるが、風や潮の影響を受けてあっという間に沖に流されたり、
以外に船舶の船足が速くて怖かったり、船の引き波に煽られて冷や冷やしたりと驚く事が
多い。やっとこさポイントに到着して釣り糸を垂れるが漕がずにそのポイントをキープするということが以外に難しい。ということで簡単なアドバイスなど。

初心者の方が困るポイント

①気象判断
②海況判断
③出艇場所とローカルルール
④自身がどれくらいの距離を安全に漕げるのか?

だと思われます。

①気象判断としてはヤフーや気象庁のHPなどで事前チェックは当たり前で風速が5m以上なら止めておいた方が無難です。 海上は+3m~5mになります。5mなら10m前後の風が吹く可能性があります。 10mの風速はシットオントップカヤックだと航行限界数値です。
あと雷の可能性がある場合も要注意です。

②海況状況の判断は沖に白波が立っている場合も止めた方がいいと思います。
湾内で風が穏やかでも外海では突風が吹き荒れている場合が多々ありますので要注意です。

③出艇場所はカヤックでの出艇実績がある場所、駐車場等がある場合はその駐車場の管理者に問い合わせる事がトラブルを防ぎます。初めての場所でカヤックでの実績が少ない場所の場合は地元の漁業組合などに問い合わせるのもいいと思います。ホームページやブログ等を検索してその近辺をローカルとしているカヤッカーに尋ねれば貴重なアドバイスを貰えたりします。

④行きはよいよい帰りは怖いとならぬように、帰りの体力を残して漕ぐことを心掛けましょう。ベテランアングラーとは漕ぎ方も体力も違いますのであまり参考になりません。
普段から体力づくりをして、十分な体力を作ること、釣りをしないで周辺をツーリングしてみるのもいいかと思います。あとはベテランの方と同行してもらうのが最高の勉強になります。

何か質問あれば、遠慮なくコメント下さい。 
(アクセス数の割にはコメントが少ない・・・っす(ノ_-。)

さて、体験会の模様に戻ります。

KFMの本部テントを設営、体験会に使用する艇を並べます。早朝から釣りに来ていたヘルプスタッフのKちゃんが設営やら運搬など手伝ってくれました感謝感謝ヽ(´▽`)/

Sany0735 Sany0737  

 

X-13×2 ライド135×1 

本日参加のTさんはカヤック自体がお初ということで、村さんが丁寧にパドリング指導。

Sany0736 Sany0738 Sany0739  

 
 

天気も快晴、風と波が少しありますが、比較的穏やかな最高のコンディション。

Sany0740_2 Sany0741 Sany0742

透明度が高くて綺麗です。

しばしパドリング練習。 最初はパドリングの漕ぎ幅が左右違ってしまう為、どうしても片側に寄ってしまいます。これは慣れですね。村さんがマンツーマンでコーチ。

のぶぞうは明日の偵察という名目で本格的釣りを開始・・・・お昼に美味しいカワハギ食べましょう!!

ということで、竿樂さん製 カワハギISOスペの出番です!!やった~★

Pict0001 Pict0002 Pict0003  

 

 

Pict0005 Pict0004 Sany0744_2

 

 

手元は竹です、握りやすく暖かみがあります。途中からグラスでカワハギ用に先調子で作ってもらいました。 竿長さもカヤックフィッシング用に短めに設定。

ドラグ調整とやり取り次第では真鯛の50cmクラスとのやり取りも出来そうです。60g以下の鯛ラバーも面白そう!!素晴らしい。

小さなアタリもビビビッと反応します、しかし釣れたるたるやベラばかり・・・

冷凍の茹アサリはハリ掛かりが悪いようです。途中から剥き身の生に変更。

針が掛かりが抜群に良くなったんですが、ベラやトラギスの猛攻に萎えます・・

Sany0748 Sany0749 Sany0750

 

 

完璧なアンカリングシステムをもっている最強のX-13Kちゃんにヘルプしてもらい

やっとこ釣れたカワハギはワッペンサイズ・・・リリースです。

先にアオリ釣りをしていたKさんグループはアオリ入れ食い状態で、どこでも釣れる~の言葉にエギングしてみれば、Kちゃんに即ヒット!!


続いて、KAGAMIさんにもヒット!! で自分だけアタリなし・・・・

Sany0746

 

釣果報告し合う釣り上げたメンバー達。

少し離れた場所でやってた村さんTさんのトコへ行くと二人とも一匹づつアオリを釣っていた・・・・総勢7名で釣れてないのは自分だけ ○|_| ̄ =3 ズコー

入れ食いだよ~どこでもどんなシャクリでもどんなエギでも釣れるよぉ~と豪語する
KAGAMI兄!! ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク 

はい!!のぶぞうは以前エギングに結構お金かけて買い揃えて勉強しました。
南伊豆に住み、毎日子浦でやってましたけど釣れませんでした・・釣れるからと言われて行った石部でもボーズで帰りました。何匹かイカ釣りましたけど、ジギングしててジグを追いかけてきたイカにエギ抱かせて釣っただけです・・・  il||li _| ̄|○ il||li

風も強くなり、お昼も過ぎたので撤収です。

このままボウズは恥以外の何者でもありません!!!浜近くにてイイダコを狙いました!!


やった~と喜んでたら逃げられました・・・

逃げた後を追うようにテンヤを落とすと、懲りずに追っかけてきました(笑)

二度同じように逃げられて三度目にネットイン!!

Kちゃんも一匹釣り上げました。入れ食いかと思いきや、パタッとアタリが止まったので浜に上陸。

体験会も無事終了。 アオリ一本上げたTさん満足して頂けました?

Kちゃんが釣り上げた良型のアオリとイイダコを差し入れてくれました!!

隣のARAIさんからアオリとカワハギを二匹もらったので美味しいお昼が完成。
Sany0753





アオリの捌き方を教わり、最高の美味しい甘いアオリの刺身を食べました。イイダコはから揚げにしたかったんですが、空揚げ粉と油が無かった・・・

あおりいか

いれぐいするわ

おれいがい

             

              のぶぞう。




2008/11/21

ツアー順延

Imgp2220 今日の子浦の海は西風が入ってきております。

予報によっては13Mを予想しているところもありました。 ツアーの予約を頂いておりましたが、参加者の旅行のご予定を事前に伺ったところ2日間の伊豆の滞在という事でしたので翌日に延期をお奨めしたところ「変えて貰ってもいいんですか!?それなら是非。」との事でした。

翌日は風が落ちるとの予報でした。 実際にはもっと吹いていて妻良の湾内に兎がバンバン跳ねていた日にも風裏の場所をホッピングしながらツアーを開催していたりしましたが・・・。   でも折角だから条件のいい時に楽しんでいただきたいですしネ。

画像はコレでも子浦にしては波が打ち寄せている状態です。。。

                 サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                   カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

Posted by Kaz

KFM 帰航から計量ビーチクリーンから閉会式まで

いざ、スタートすると本部は暇になりました。
双眼鏡で沖を眺め、時折無線連絡で安全を確認します。

本部テント横にはTEAM Kのテントが、その横にはSSH(サザンビーチハウス)さんの
テントがあります。

SSHテント内には竿樂さん、ボーンアートBOAさんがブースを出展してくれてました。

Sany0248 Sany0249


 
 

竿樂さんの作品竹とカーボンの融合した美しい芸術作品です。
現在カワハギ竿を使わせてもらってます、体験会で初使用しましたので
あとでレポートします。

Sany0835 Kc3a0004


 
 


ボーンアートBOAの中里さん

とても美しい幸運を釣り上げるお守りです。
これでガツンと幸運を釣り上げたいと思います!!

と、釣りをしてるとあっとい間に過ぎる三時間も浜で待機となると長い・・・
沖へ漕ぎ出したくなる気持ちをグッと堪え、本部席にて双眼鏡で鳥山を追っかけたりしてた。

二時間を過ぎたあたりからポチポチと浜へ帰還するアングラーが出てきた。小用である。
冬の釣りでは必需である、簡易小水保管ビンを持たない人達は一度帰還するのである。

その中に、ニコニコ顔で上陸するはクラさん、川さん
Sany0841 Sany0838

 
 

 

二人とも見事なアオリを上げていた。いいなあ~★

到着してすぐに体調不良で病院へ行ったホエールさんも無事だという
報告を中村軍曹から頂いた。一安心である。

浜近くでナブラがあがり、鳥山が出来ている、どうやらシーバスが追いかけまわしてるらしい、当然ナブラに突っ込むアングラーも居た。

本部前にてイイダコを釣る人あり、えええ?!と思う水深で釣れるのです。

11時30分に納竿。 ぞくぞくと上陸し計量するアングラー

Sany0843 Sany0844 Sany0845



Sany0846 Sany0847 Sany0848



Sany0850 Sany0852 Sany0855



Sany0856 Sany0857 Sany0859



Sany0860 Sany0861 Sany0862



Sany0863 Sany0864 Sany0865



Sany0866 Sany0867Sany0869



Sany0874 Sany0875



 

 

 

思ったよりもスムースに計量が進みました。
時期的に青物よりもカワハギ、アオリが目立ちます。

こ時期にしては大型のアオリが何匹も・・・
中村軍曹も唸っておりました。

堤防でアオリを狙ってる人が聞いたら怒るだろうなあ~というアオリの釣果。
土曜日には20杯以上釣り上げてますから・・・アオリ乱獲・・

アオリイカの身の甘さにメロメロになった自分には目の毒です・・・

もう少し時期が早いと、カンパチ、イナダ、ワラサ、カツオ、マグロなどが
計量台の上を賑わしたかも知れません。

肝がパンパンに張ったカワハギも美味しそうです★
ベラの猛攻を避けて釣り上げた人達の腕は素晴らしい!!

計量が済んだら各自でお昼休憩。

TEAM Kより 豚汁の差し入れが全員に届くというサプライズがあり、感激っす。
寒く凍えた身体には何よりのご馳走です。 感謝感謝。

2時まで歓談の時間を取ってたのですが、飯を食ったらする事も無く、なんとなく
本部前に皆さんが集まりだしたので、30分繰り上げてビーチクリーンを開始。

Sany0272 Sany0273 Sany0275 Sany0276

 
 
  


 

50人近い人数でゴミを拾ったのでビーチはとてもキレイになりました。
継続してやりたいですね、ビーチクリーン!!
地元の方に綺麗になったと感謝の言葉を頂きました。皆さんありがとうございます。

浜を一回りしてあらかたのゴミを拾い終えたら、お待ちかねの閉会式と表彰式です。
中村軍曹に急遽総評とプレゼンターをお願いしました。(感謝感謝)
おかげで緩いミーティングに一本芯が入りました!!
中村軍曹のカヤックフィッシングに対する情熱と釣りに関する知識の深さには感服しました。実際にお会いしたのは初だったんですが、すっかりファンになりました。
これから、カヤックフィッシング界初のフィールドコーディネーターをやるということで
ガッツり応援していきたいと思います!!

Sany0277 Sany0279 Sany0282

 

Sany0284 Sany0285 Sany0286



Sany0287 Sany0288 Sany0289



Sany0290 Sany0291 Sany0292


 
 

 

軟体部門1位29cmアオリでコムロさん、オグラさん、
Sany0293 Sany0295 Sany0296


 
 

青物部門1位70cmシーバスでサトウさん
砂岩部門1位29cmカワハギでヒライさん
MIA一番印象に残った釣氏 イラブチャーを釣ったマツハシさん

で、お待ちかねのビンゴ大会!!
Sany0299 Sany0300 Sany0301



Sany0302 Sany0303 Sany0304



Sany0305 Sany0306 Sany0307



Sany0308 Sany0309 Sany0310



Sany0311 Sany0312 Sany0313 Sany0314




 


ビンゴに残った7人にてジャンケンによる争奪戦。

一等のミニXの権利を得たのはNISHIさん。Xファクターを改造中なのでセミドライスーツに変更。で、結局G君がミニXをゲッツ!!
う~~ん、昨晩から徹夜で手伝ってくれてた?ので神様からのご褒美かと・・

という訳で無事ミーティングが終了し、おのおのが帰路に着きました。

お疲れ様でした。

皆さん、海の上であったら遠慮なく声を掛け合いましょ~★

広げよう、カヤックフィッシングの和!!

参加された皆さん、お手伝いしてくれたスタッフの皆さん。
皆さんの協力なくしては出来ないミーティングでした。

本当にありがとうございました。

参加できなかった方、次回は・・・・・多分やりますので、その時は宜しくお願いします。

カヤックフィッシングが楽しく永く続けられる釣りのスタイルとして定着しますように
心より願います!!
と同時に僅かですが、そうなるようにサポートをして行きたいと思います。

               サウスウインドスタッフ一同

 

画像提供 高野さん、西堀さん、松平さん(撮影)

KFM 参加艇 個性ある艤装 その他メーカー

昨日途中まで書き込んでフリーズしました。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

お店のパソ一台やばいっす・・・

さて、老舗のウイルダネスシステムズです。
来シーズンから扱いがベルカディアさんになり、商品構成が少し変わります、マイナーチェンジして外見も少し変ります、値段も少し安くなるのかな?詳細はいずれまた。

ターポン120、130T 140 160 ライド135と勢揃いしました。

E95c 79ba A0b4 C333







C968Ec9aA8b6   


 
 
 

  

 

 

 

①蒼い彗星号 ②マツナガ艇 ③ホエール艇 ④クララ艇 ⑤サトウ艇 ⑥オグラ艇 ⑦カワゾエ艇

続いて老舗中の老舗マリブオーシャンカヤックスです。

残念ながら勢揃いとは行きませんでしたが最上位艇トライデントが目を引きますね、まさに要塞。ケイパーも軽くて扱いやすい艇との噂。

5688 214a


 
 


 

 

①カワムラ艇 ②モアナ艇

鈴春工業扱いのフィールフリーです。

今回はジェミニとエクスプレスツアラーの4艇のみですが、アングラー艇のモーケン、ロッドホルダーが標準装備の三人艇ニュートライヤックもメジャーです。

Accf 1122 5abe 8e16


  
 
 


 

 

①マツハシ艇 ②セキグチ艇 ③マエダ艇 ④ピッカリ艇

フランスメーカーのダグからミッドウエイ

アングラー艇の中でもトップクラスのスピードを誇ります。
ターポン160、X-13と漕ぎ比べてみたいです。

4752


 


 

①ヨシダ艇

フォールディングカヤックでも参加して下さいました。

ベルカディアから ボイジャー460と アリュート430です。

15fc 346d




 

①ウミタニ艇 ②ヒライ艇


一応、エントリー名簿と照らし合わせたのですが、間違ってたらご一報願います。

艤装も十人十色ですね、一番参考になるのは試行錯誤した末、
出来上がった他人様の艇です。

海で見かけても直接話す機会が無かったと思います。
コレを機にお互いの交流が深まればミーティングした冥利に尽きますね。

遠征もしたいですね、長浜と違った場所でのミーティングも楽しみです。

                        のぶぞう

2008/11/20

KFM 参加艇 個性ある艤装 マリブカヤックス編

  参加艇の個性的な艤装の数々です。

ブームはオリジナルフラッグでしょうか(笑)

大安売りやらビールやら焼き鳥やら夏にはカキ氷のフラッグもありました( ´艸`)プププ

まずはマリブカヤックスエクストリーム安定性とフラット面が多いので改造し易いですね。

Photo1d21Photo_2

Photo_3

Photo_5Photo_6

  

  

①厚木E艇 ②フルバック艇 ③マヒマヒ艇 ④TANABE艇 ⑤MATUMURA艇 ⑥みんパパ艇

続いてX-13です。

最新艇なので他艇のいいとこ取りをしたような艇です。船足は早く、荷室も広い、427cmの27kgは扱いも楽です。最近はX-13に浮気してます・・・

722d1313_2Photo_7

13_4  

 

   

  

①Team K  K艇 ②KAGAMI艇 ③KAWANO艇 ④MATUDAIRAPAPA艇 ⑤サウスウインド試乗艇

  

続きまして、MINI-Xです。

今の時期、岸近くでのシーバス、アオリ、カワハギ釣りに威力を発揮します。軽くて短いのでちょっと釣りには便利です。

Photo_8

 

 

Team K PAPAさん艇

オリジナルのアンカリングシステムが素晴らしいです。

続いてXファクターです。

マリブカヤックス最上位艇となるこの船は浮力が大きく、子供二人を乗せての釣りが可能です、以外に漕ぎ出しが早いのには驚きます。

Photo_9Photo_10Photo_11   

 

 

①SASOU艇 ②OHTUKA艇 ③NISHI艇

 

マリブカヤックスのタンデム艇 プロ2タンデムです。

二人乗りながら一人でも扱えるということで人気の艇です。

2

 

① TEZUKA艇 

前にクーラーボックスを配置してのリアシートでのソロ乗りです。

以上、マリブカヤックの艤装艇の数々です。

本来ならミニエックスとプロ2タンデムがもっと来ていても良かったんですが、タイミングが合わなかったんですね、残念です。

2008/11/18

KFM 出艇までの画像 special thanks nishiさん

終日ドタバタしていて、画像を撮っている暇がありませんでした。

スタッフの方が撮っていたくれたのでご紹介します。

前日から海岸にテントを持ち込み、早めの就寝を心掛けるも失敗。焚き火を囲んでのホボオールナイト状態でスタッフ集合時間を迎えた・・・

前日から海に面した駐車スペースは参加者らしい人達の車で埋まっていた。

Sany0224

Sany0755 Sany0756

朝マヅメを当たり前としている人達にとって、6時受付開始は少し遅かったかも知れない。次回の課題だと思う。

前日からパラパラと雨が降っていたので、荷物やら小道具やらが濡れないように本部テント内に所狭しと並んでいる。3m四方のテント二つで十分だと思っていたが足りない。

Sany0760

Sany0230

Sany0232

スタッフミーティングと称した飲み会を何度か開催していたので、スタッフ全員の動きが素晴らしい。それぞれ持ち場を担当してもらい、受付開始。

波風は問題無かったが、ガスが掛かっていて沖の視界が悪そうだったので、実釣ポイントを定置網手前に急遽変更。

当日のキャンセルも無く、受付が終わり開会式へ。と同時に海上警備にあたるスタッフが出艇準備を始める。

Sany0810

協賛してくれたbbmさま

6時半になり開会式が始まる、ポイントの変更と安全事項などの案内、代表の挨拶。

5fb2_2

14e7_2

B735_2

 

 

7時にZ旗を本部前に掲げる、出艇である。同時に「ぷわ~~~」とフォンを鳴らすも液漏れ「シュ~~」と空しい音だけが響いた

52ce_2

3d24_253a6_2

224a_2Daaa_2Dd78_2

 

一斉のスタートで混乱が起こるかと思われたが、皆ノンビリと出艇。

Sany0811 Sany0813 Sany0814 Sany0815

Sany0816 Sany0817 Sany0818 Sany0819

Sany0820 Sany0821 Sany0822 Sany0823

Sany0824 Sany0825 Sany0826 Sany0827

Sany0828 Sany0829 Sany0830 Sany0831

Sany0832 Sany0834

 

 

定置網方面へ真っ直ぐ向かう人達、佃荒崎方面へアオリ狙いで向かう人達、比較的浅いポイントでカワハギを狙う人達。 戦略は十人十色。

定置網も手前と奥では水深が10m以上違う、過去の実績では圧倒的に奥の水深40mポイントが有利だ、せめて定置網途中でやりたい所だが仕方が無い。

スタッフが最後に出艇して各ポジションにスタッフ艇がスタンバイ。

猫丸も定置近辺に待機してもらった。

7:30になり、釣りがスタートした。

皆の無事を祈り時間が過ぎるのを待つだけである。

2008/11/17

第一回カヤックフィッシングミーティングin和田長浜 無事終了

昨日、第一回目のKFM(カヤックフィッシングミーティング)が事故もなく無事終了しました。

関係者並びに参加者の皆様、お疲れ様でした。 

小雨交じりのあいにくの天候でしたが、風波とも穏やかで絶好のカヤックフィッシング日和で
ベラの猛攻に逢いながらも良型のカワハギを釣り上たり、今の時期には珍しい大型のアオリを釣り上げたり
となかなかの釣果でした。

少し霧がかかり視界があまり良くなかったので、定置網手前までのポイントとあって青物は厳しかったようです。
それでも岸近くにてシーバスをゲットしたりと、それぞれのアングラーの戦略が色濃く出たと思います。

ビーチクリーンでは地元の人に海岸が綺麗になったとお褒めの言葉を頂きました。

何より事故が起きずに無事終わったことにホッとしてます。


参加者 55名 参加艇46艇

MIA (最も印象に残ったアングラー) 松橋さん 沖縄や南方にしか生息しないオレンジ色のイラブチャー

青物章 佐藤さん シーバス 70cm

軟体賞 小室さん 小倉さん ともに アオリイカ 体こう 29cm 

砂岩賞 平井さん カワハギ29cm 


皆様のお力のおかげで安全で楽しいミーティングができました。

ありがとうございました。

                    サウスウインド スタッフ一同

                       

2008/11/13

佐渡島遠征記 探検隊無事帰還

最終日である。

すでにやらずに帰ろうと決めて昨日から準備をした探検隊。

案の定、快晴で海も穏やか・・・


Sany0677
Sany0678
Sany0681

全く持って昨年と同じである。(水曜日に海況が良くなって相川にて鯛を釣り上げた)
今年は一日早い撤収なので仕方が無いのである。

あの海況で一日半出れたことに感謝するべきである。

お世話になったハウスとも今日でお別れ。長いようであっという間の4日間であった。


Sany0686
Sany0689
Sany0692

フェリー乗り場に到着すると車両は船内へすぐ入ることとなり、副隊長、上等兵、班長のみ下車して
佐渡のお土産を購入した。


Sany0695
Sany0698
Sany0702

そう言えば、佐渡島~新潟間を佐渡島名物タライに乗って横断している記事があった。
数年前には3人のうら若き乙女が18時間掛けて見事海況横断したらしい(@Д@;

タライで横断できるのだから、シーカヤックなら余裕だろう!!と思うのであった。

行きと違い、ポカポカ陽気のふぇリー内はノンビリムード。

直江津到着してラーメンを食べて本間釣具店にて物色して帰宅。

Sany0714
Sany0719
Sany0722

副隊長を自宅で降ろし、隊長宅にて上等兵、班長とも自前車両にて帰還。

副隊長の釣った鯛とキジハタ(一匹目は初日に隊員の胃袋に収まった)

隊長とホウボウ(高級魚である。美味いのです。)


こうして、ドタバタの5日間は終わった。

カヤックフィッシング実釣時間、一日半にしては素晴らしい釣果だと思う。

しかし、釣りに対しての姿勢というか、心構えを改めて勉強させられた遠征であった。


すでに来年の佐渡島遠征に参加表明している新隊員もいる。

年明けには隊長、副隊長は南の島へ遠征らしい・・・・

カヤックフィッシング探検隊の探検は続くのである。

KFM 釣りポイント制限の案内

Kayak Fishing Meeting(略してKFM)の釣り場ポイントが決まりましたのでご案内します。

海況がよければ佃荒崎の先ガンダイ根のブイから浮遊ブイまで

海況が悪ければ同じガンダイ根のブイから定置網手前になります。


大きな地図で見る


Photo


当日の朝、受付時に発表できるように本部前にホワイトボードを設置しておきます。


当日は定置網近辺にてトローリングをしている小型船舶が多いと思いますので
定置網には近づかないようにして下さい。

定置網に係留することは厳禁です。


秋の夜長は外食?

Imgp1496 Imgp1511

クラブハウスを整理していたら色々と廃材が出てきました。  なので理由は無く浜で薪ストーブにくべながら晩御飯にすることに。  秋以降は頻繁に使うのでクルマから降ろす事無く来年の夏前まで車載状態になる愛用のホンマ製時計型薪ストーブに点火。

焚き火より暖かくて調理も出来る、服が煙りくさくならない、目に煙がしみない、火の粉で服に穴を開けない、直火ではないからフィールドにインパクトが少ない、火の始末が楽と良い事ずくめの薪ストーブも別に灯器を用意しないといけない、という弱点もあります。

ホワイトガソリンランタンの壊れたマントルを新たにカラ焼きして持参したものの、普段はキッチン用として使っていて明る過ぎであまり好みではありません。  なので揺らぐ炎を好んでケロシンランタンを灯します。  それでも久しぶりにホヤを磨いたので明るく感じます。

オレンジ色のぼんやりとした明かりの中で下ごしらえを済ませてあった鍋を火に掛けます。  今日のメニューは(辛さを増強させた)トムヤンクン。  飯ごう炊きのご飯も上手く炊けて食が進みます。

ちびちび焼いて食べようと色々な物を持ってきました。  サツマイモに餅にソーセージにetc・・・。

鍋の次に火に掛けた焼き芋を食べたところで既にお腹満腹。もうこれ以上は食べられません。。。

前屈姿勢が苦しくなってのけぞって上を見上げれば満天の星空。 見続けていると首が疲れるのでクレイジークリークのチェアーをマットにして寝転んでしまいます。  すると視界は星だけになって距離感があやふやになってきます。  目が慣れて来ると更に星の数が増えてきて浮遊感を感じてきます。

数分間隔で星がスーっと流れていくので願い事をしていたら全ての夢が叶ってしまいそうなほど・・・。(笑)

おっと、ウトウトしてしまったようです。 このまま寝てしまってはいくらなんでも風邪をひいてしまいそう。   食後のデザート用にストーブ内に放り込んでおいた焼きリンゴも全体がシナシナとしてきてちょうど食べ頃。 トングで取り出しアルミホイルを開ければ甘酸っぱい匂いとシナモンの香りが広がります。

火も落ちてきたのでここらで撤収にしましょうか。 相棒のクッキーはストーブに触れそうなぐらい近くで寝ているけど大丈夫なのかナ?(焦)

おーい、そろそろ帰るゾー。

Imgp1515_2 Imgp1493

  

                 サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                     カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

Posted by Kaz

2008/11/12

夕陽を見るためにカヤッキング

Imgp1710

伊豆は綺麗な夕陽を観ることが出来るポイントでも有ります。  そんな夕陽を海面からいちばん近いフネ、シーカヤックから眺めるといつも見ていた夕陽とはまた違って見えます。

水面に映る光もその景色の一部。   いつも「この景色ををなんとかそのまま写したい。」とシャッターを切るのですが実際に見た夕陽の数十分の一ぐらいにしか表現できません。。。

初心者は勿論の事、経験者でもご希望に沿ったツーリングを企画しますのでお気軽にご相談ください。自艇持ち込みも大歓迎です。  是非ともご自身の目で伊豆の夕陽を見に来てくださいね!

                サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

               カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND 

Posted by Kaz

2008/11/11

夜磯

南伊豆町の磯料理屋さんの方が夜、貝を採りに行くというので秋の味覚を報酬にお手伝いして来ました。  大潮のこの日、干潮時間の少し前に行ってイシダタミ、ニシ、シッタカを採ります。  勿論漁業権のある方のお手伝いです。  サザエ、アワビ、トコブシは当然の事、カメノテ、フジツボだって漁業権に絡みますのでご注意を。  

いつもは漁協から仕入れているらしいのですが調達できなかったので自分達で採りに行くそうです。

夜の十時過ぎが干潮時間帯。 寒いかな?とドライスーツを着ていきました。 ナイフやアクアパックもライフジャケットに付いているので面倒だからそのまま来て行っちゃいました。  つまりパドリングの時の格好そのまま!(焦)

Imgp1844 Imgp1846

 カニにナマコにトコブシとウニ等、狙い以外もたまに見つかってボーナス気分です。    

 雲が出ていていつもの降ってきそうな星空ではありませんでしたが、おぼろ月に照らされた南伊豆の海を見ながらあったかいお茶で疲れを癒して帰ってきました。  少しおすそ分けがあったので明日は磯の香りたっぷりのお味噌汁ですね!

                     サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                         カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

Posted by Kaz

2008/11/10

サウスウインド南伊豆店

サウスウインド南伊豆店からのお知らせ

2008年11月15日  和田長浜にてシーカヤック試乗会(詳しくは横浜店まで045-222-1322)

2008年11月16日  第一回カヤックフィッシングミーティング

両日はスタッフとして三浦海岸に行っておりますのでサウスウインド南伊豆店はCLOSEとさせて頂きます。 

●初心者はもちろん、カヤック経験者も対象としたツーリングも随時開催中。

  自艇での参加も歓迎いたします。(自艇参加/¥6000)

  今の季節に対応するパドリングウェアのレンタルのございます。お気軽にどうぞ。

                     〒415-0532 

               静岡県賀茂郡南伊豆町子浦1524-2

                    ℡0558-67-0911

                  サウスウインド南伊豆店

第一回和田長浜カヤックフィッシングミーティング 変更点

おはようございます。

早くも今週末に迫りましたカヤックフィッシングミーティングですが、
タイムテーブルに少々変更が出ましたのでお知らせします。

あと気がついた事などを記述します。

★受付から出艇まで1時間ありますが、釣りの準備を含めると1時間近く掛かりますから
受付前にある程度出艇準備を済ませておいて下さい。

★近隣住民の迷惑を掛けないように早朝の駐車場での大声での談笑などはお控え下さい。

★あくまでもミーティングという交流の場なのでのんびりと長浜の海を大勢で楽しむという 時間を過ごしてください。(目を吊り上げて釣りをしないで下さい)

★ローインパクトのカヤックですが、数が多くなれば多少なりと環境破壊に繋がります、
 食べない魚は釣らない、15cm以下の魚はリリースするように心掛けましょう。

★出艇数が多いので、釣り場の制限が狭くなるかも知れません、定置網近辺で操業している漁師さんや遊漁船の邪魔にならない定置網手前のみになるかも知れませんのでご了承下さい。

6:00受付

6:30開会式

7:00出艇

7:30海上にてスタートとなります。

11:30その場にてストップ(竿上げ)帰港 計量となります。

釣れなかった人も一度本部に帰港報告をして頂きます。

その後、各自昼食して情報交換や艤装自慢をして下さい。

14:00ビーチクリーン

14:30閉会式、表彰式

解散 

の予定です。 

お昼に何かBBQ的なモノをと考えてましたが、予想以上の参加人数になりましたので
各自でのご用意をお願いします。 

火曜日にスタッフミーティングを行い、詳細を詰めてから木曜日にHPにアップしますので
ご了承下さい。

何せ初の試みなので、至らない点等あると思いますが宜しくお願いします。

当日はかなり寒いと思いますので防寒対策だけはしっかりとお願いします。

と・・・お願いばかりで申し訳ありませんが・・m(_ _)m

心優しいカヤックアングラーが50名近く集まり、楽しい会話に華が咲く!!
うすら寒い11月の長浜の海を温かくしてしまいましょう!!




2008/11/09

佐渡島遠征記四日目  真鯛の神様が再び舞い降りた

佐渡島四日目

前日より吹き荒れた風はテラスのテーブル、椅子を飛ばしていた。
気合を入れて三時に起きるもまるで台風のようである。
天候が回復することを祈り、6時に起きて外を見る。

荒れ模様ですね・・・この時点では少し諦めました。

隊員達の念力が通じたのか、8時過ぎに晴れてきました。飛び起きた隊長と班長が初日に出た海を偵察、ほとんどべた凪状態に興奮して戻り、ミノムシ状態の副隊長と上等兵を叩き起こした。 慌てて朝飯を食べて出発!! の前に決意表明。

Sany0616 Sany0618 Sany0619

 

15分程で到着
シーサイドヴィラ前の海が嘘のような穏やかな海。
海上もキラキラしていて、我々を暖かく迎えてくれている。
Sany0620 Sany0621 Sany0623

   
 

前日の準備がいい為、早めにセッティング完了。

Sany0630  

 

満面の笑顔のスギタニ隊長。

Sany0625_2

フルドライの完璧装備のマッチョ副隊長。

Sany0628  

 

余裕顔のブチ上等兵。

Sany0626  

 

釣る為ならなんでもします、のぶぞう班長

Sany0632

全員でパチリ!!

Sany0633 Sany0634 Sany0636 Sany0637 Sany0638 Sany0639

Sany0641

 
 

出艇ポイントは穏やかだが、少し沖は荒れていた。前回のポイント近辺を狙う。

鯛カブラとビシ釣りの二刀流。 入れ食いを予想していたが、反応が無い・・・
時折、魚探に写る青物らしき反応もアタリなし・・・

潮が早いため、ビシと餌の同調が難しい、Xウイングを装着した船上では作業スペースも少なく大変である。
カブラも潮に流され着底がうまく取れない・・・60gでは厳しい。
あまりにアタリが無いので緩慢な釣りになる・・

Sany0643

ビシ釣りで釣れた一匹・・・ベラである。

三浦と同じ反応が魚探に写る、鉄壁のイナダ反応である、しかしジグに全く反応しない・・
風が強くなり、うねりも大きくなってきた。

 
 

お昼休憩の為一旦上陸。 先に休憩していた副隊長と上等兵が賑やかなに話をしている。
クーラーボックスを見せてもらうと・・・・

Sany0644 Sany0649

でたあああ~~~!!大真鯛アゲイン!!

クーラーに収まって無いじゃん!!!上等兵やば過ぎです!!

隊長は海上で昼飯を食べているらしく上陸せず戦い続けている。

副隊長、班長ともほぼボーズである・・・・絶対的に釣れると思ってたビシ釣りが駄目だったので戦意喪失・・・このまま終了しようかと思っていた時、真鯛の神様が舞い降りた上等兵から、竿を一本にしろ、カブラのみで集中せよ、魚探を外せ、とのありがたいお言葉を頂いた。緩慢な釣りゆえのボーズである。 心と装備を入れ替え第二戦に望んだ。
Sany0651

  

ポイントを水深30mの浅場に絞り、カブラをひたすら落とし込む、
毎回巻き上げのスピードを変たり、着底からのアクションを変えたりと試行錯誤を繰り返す。

流されたら元の場所に戻りの繰り返し、ひたすら同じことを繰り返す。

日が落ちてきた佐渡の風は冷たく、指先の動きが鈍くなる。

何度か繰り返す内、アタリらしいものがきた。 巻き上げスピードを同じにして繰り返していると、ぐぐぐぐっと竿先がしなった!!


きゃ~~~!!きた~~~!! ちょっと小さいけど美しい真鯛である。 信じて鯛カブラをやり続けた結果が出ました!!嬉しい☆

副隊長も念願のキジハタと真鯛を上げた!!

隊長もホウボウを上げたらしい。

夕暮れまで粘るもその後はアタリは無し。

ホクホクの二人と粘ってた隊長も納竿の模様。

暗くなりかけた4時半に諦めて納竿、美しい夕暮の中、帰路に着く。

Sany0659 Sany0660

  
 

上陸した隊長は早々着替えていた、終日粘っていたので身体が冷え切っていたらしい。
上等兵が美味しいコーヒーを作ってくれた。

その後は釣果報告!!素晴らしい!!結果、真鯛3 キジハタ1 ホウボウ2という立派な釣果 081104_16160001081104_16160002Sany0661

大真鯛の重さを共有させてもらいました。

た・・・隊長~!!明日の朝も出るんで

すか?? 「・・・・・・・」無言の隊長・・・明日の朝は出艇しないと決めての片付け。

Sany0667 Sany0665_2Sany0666

このまま、近くの温泉で凍えた身体を温めて帰宅。

Sany0670

最後の晩餐は調理班長特製カルボナーラとアジフライのペペロンチーノを堪能し

終日漕ぎ続けて疲れた身体に鞭打ち道具類やら何やらを積み込んだ。

Sany0671

がんばったリール達を手厚く看護。

最終日前日、心地よい疲労感に包まれて安眠の途につく隊員達であった。

佐渡島豊饒の海に感謝である。

2008/11/08

佐渡島遠征記 通常の三日目 探検隊一時の安息

佐渡島遠征三日目。

昨晩、遅くまで釣りをしていた隊員達は完全な安息モード。

なめろう汁やアジフライをのんびり堪能してます。

Sany0588Sany0589

 

  

天気も海況も悪いのでカヤックでの出艇は諦めて、両津方面へ偵察に向かうことに。

Sany0590Sany0591Sany0593

 

  

真野湾も荒れてます、人の横顔そっくりの人面岩、道の駅でソフトクリームを堪能。

片道1時間近く、両津港に到着、堤防を見るとアジが良さそうだったが、昨晩捌きに捌いた鯵が大量に残っているのでアジ釣りは禁止となっていた。

港近くの昨年も寄った定食屋にて昼食、イカボールが美味いのだ。

Sany0595_2Sany0596_2

 

  

隊長エビフライ、副隊長牡蠣フライ、上等兵、班長イカボールである。腰の悪い愛想のいいオバアがいい味を出している。(画像無し)一同満足し、店を後にして車に向かうと・

Sany0597Sany0598

 

 

 後部のタイヤがパンクしていた。

誰も騒がず慌てず黙々とタイヤを交換する、副隊長がいるからジャッキが必要無いねとのジョークも軽く日本海に流された・・・・(´・ω・`)ショボーン

さすが探検隊である僅か20分程で交換完了。 

そのまま、近くの釣具屋に偵察、飾ってある魚拓は80オーバーの真鯛ばかり、ノッコミの春に釣ったようだ、日時は5月が多い。次回の遠征日時がやおら決まった瞬間であった。

両津港の堤防にて釣り開始、隊長 メバル狙いのワーム釣り、副隊長 炎月投げ式で五目釣り、班長 適当狙いのキス仕掛けにガルプ、上等兵 車内居残り自慢メール連投

山からの強烈な吹きこぼしが激しくとても寒い!!

逃げるように退散、下調べした日帰り温泉に特攻!!

いきなりサウナに直行するマッチョ副隊長!!(゚ロ゚屮)屮

いつものジムの癖なのだそーだ・・・

Sany0599Sany0600Sany0601    

 

 

心も体も温めて向かった先は佐渡島にある大型釣具店本間釣具店!!直江津にある24時間営業の支店なのだ。

Sany0602  

 

 店舗の大きさといい品揃えといい素晴らしい釣具店である。

それぞれが各々の買い物をしていると、貴重な情報をくれたイナベさんがやってきた。改めて御礼を述べてしばし釣談義。そーいえば、昨日堤防でアジを釣っている時、もう一人の恩人であるタカツさんが息子さんと自転車でやってきてくれた。 地元の貴重な情報を惜しげも無く提供してくれた恩人達に感謝である。ボーズの班長コマセを買った・・・

早めに帰宅して、アジ料理三昧アゲインである。炭焼きも欠かせないのだ。

Sany0604Sany0605Sany0610  

 

 

美味しい夕食を堪能し、明日こそは!!と万全の準備をする。

スギタニ隊長はすでの明日の戦闘服を着込んでいた、さすが隊長である。

明日は鯛ラバー一本、魚探無しで行くと言う、片道燃料特攻のような気合である。

副隊長はジグと鯛ラバーの二刀流!! 上等兵は鯛ラバーのみ(自信満々)

班長はビシ釣り、ジギング、鯛ラバー、エギングと節操無しである、なんとしてもボーズだけは回避したいという心の焦りが浮き出ている・・・

副隊長のラインシステム講座開催。(撮影すればよかった)大型カンパチ、GTなどをやっている副隊長のラインシステムはとてもシビアなのだ。

怪力で締め付けられたFRノットは完璧だと思われ、4号8つ網ジグマンPEと60Lbのショックリーダーでヒラマサを釣るのだ!!と班長の鼻息も荒かった!!

それぞれの決意宣言!!

 

嵐のような風が吹き始めた。

そして夜は吹け怒涛の4日目に突入するのである。

      のぶぞう

シーカヤッカー誕生ツアー!

本日お越しの県内在住のお二人は先々月にもツアーに参加してくれたばかり。 その前年にも参加していただいており、その時からシーカヤックの購入を検討されていたそうです。

9月のツアーに申し込まれた時には、もうどの艇を買おうかと艇種の絞込みの段階で当日も相談を受けておりました。  その時のツアー参加者は16名ほどいてなかなかまとまった時間お話しすることが出来なくて残念。 でも横浜本店から応援に駆け付けてくれたスタッフとは色々と話せたようでツアー終了後には「艇も決まったので今週末に横浜店に行来ます。」ですって。(滝汗)

でも突発的に決めた訳ではないようで随分と勉強されていてファルトカヤックも検討されたみたいです。 色々な販売店も回って検討を重ね、購入を焦らずにカヤックツアーに参加されたり、色々な人からの話を集めて判断されたみたいのですから決まると行動が早いですね!

Grl_0020_2 Grl_0021

  ▲横浜店での納艇風景。 ワゴンスタイルのクルマはカートップが似合いますね!お気をつけて!

さてさてそんなお二人ですから本日はご自分達で海に出るという事を前提にツアー形式のスクールとなりました。

Imgp1765 Imgp1768

 ▲真新しい艇をご自分達だけで降ろしてもらいます。私は今日は口は出しますが手は出しませんよ!(笑)

なのでいつもと違って今日は出艇前にクラブハウス内で今日の気象予報、ツーリングルートの説明、、持ち物の確認。  カヤッキングに必要な物は一通り揃えられたお二人ですが実際のツーリング時に有ると便利な物を目にすると「なるほど、こいうのも有るのか!」「コレ良いねぇー。」と目からウロコといった感じでした。(笑)   

小物や便利グッズは沢山ありますが、お店に陳列されていても何の為の物か使い道が分からなかったり、その有効性をイマイチ実感できなかったりしますから実際に使ってみるとご自分にとって必要かどうか見えてくるようです。  その中でも本日、お貸ししたパドルリーシュとアクアパックは“揃えるものリスト”に追加されたようですね。(笑)

Imgp1769_2 Imgp1771

 ▲進水式のヒトコマ。 一緒に始める仲間が要るというのはモチベーション的にも安全面でも最大の財産ですネ。

お二人のホームゲレンデになりそうな場所は海況で波が打ち寄せる場所だそうです。 いままでカヤッキングしてきた子浦は穏やかですので出艇方法も変わってきます。  今日は波が打ち寄せていると想定した出艇方法をお教えしました。 最初のうちは乗り沈、降り沈をしてしまうかもしれませんので怪我の無いように早くコツを覚えてしまいましょう。

今まで乗ってきたどの艇よりも軽いのでひと漕ぎひと漕ぎに敏感に反応してしまう為に左右の漕ぎのバランスが取れていないと直進する事さえ難しくなってしまったようですね。  勿論意識する事も大事ですが乗り込んで行く事によって段々と直ってきますからそんなに不安にならなくても大丈夫ですよ!(笑)

Imgp1776 Imgp1777

でもテクニック的な事ばかりにとらわれずに南伊豆の雄大な景色も楽しみましょう! 妻良湾から初めて出たお二人は目の前にそそり立つ綺麗な断層を見せる岸壁を見上げて「やっぱいいねぇー。」と感嘆の声を上げていました。 でも「うぉ、あぶねぇっ!」って見上げていたらちょっとグラッとしてしまったようですね。(苦笑)  これまた今まで乗ってきたどの艇よりも幅が狭いのでまだグラグラ感が怖いようです。  しっかりと膝を押し当てて艇をホールドしてやればすぐに慣れますよ!

練習も兼ねながら移動を続けます。  この広い海を同じ方向に進むのは簡単なことですが一本のラインを狙うというのは意外と難しいものです。  「縦一列に私の後ろを付いて来て下さい。」というと「はい。」と言って試みるもののその難しさに改めて気が付かれたようです。 「あれぇ?」「おかしいなぁ~。」とまず真後ろに付くのにも手間取ってしまいます。(笑)  意識するとこれだけの事でも充分練習になります。

Imgp1786 Imgp1789

 ▲苦戦してますね~。(笑)蛇行しながら四苦八苦。   ▲でも暫くすればご覧の通り!意識するのが上達の近道。

ここでジャスト12時、ここらでお昼にしましょう。  今日は気温がそんなに上がらないという予報だったのでキムチ鍋を用意しました。 意表を突いたランチメニューにお2人ともちょっとビックリですか?(笑)

Imgp1796_3 Imgp1800 Imgp1795_2 

  ▲牡蠣、海老、蛸の海鮮キムチ鍋の煮込みうどんと南伊豆産の金目鯛のひらきでお祝いです!

鍋で身体も温まり食後のマッタリした時間も多趣味なお二人のお話で盛り上がります。  食べ終わるのを待っていてくれたかのように雨がポツポツと落ちてきましたのでそろそろ戻りましょう。    味も量も満足して頂けた様で何よりです。 お腹が苦しくてスプレースカートが着け辛いって、それは新品でゴムがきついからですよ! ただ前屈姿勢が苦しいだけですから!(笑)  

Imgp1813_3 Imgp1810_3 Imgp1814_3

復路でも洞窟内を通り抜けたりしてカヤックの楽しさを実感してもらいました。 この日は東の風で帰りは向かい風。  でも正面からの風は抵抗が大きいですが曲げられたりしない分、楽な部分もあります。   妻良湾の堤防が見えて来て湾の中に入ると吹き抜けの風では無くなるのでぐっと楽になります。 「帰りは随分楽に感じた。」というお二人。 確かに行きと帰りでは別人のような漕ぎのフォームでした。 お2人とも向上心があってアドバイスをすると色々と試しておりました。 そう、それにまとまった距離を漕ぐと疲労から無駄な力が取れてスムーズな漕ぎになることが多いですね。 ランチの休憩で体力も回復したのも手伝ってそう感じたのでしょう。 初めて間もない頃は乗れば乗っただけ上達します。  ご自分でそれを実感できると嬉しいものですよね!

Imgp1826_2 Imgp1831_2 Imgp1834_2

片付け、洗いもお二人で。  お手軽簡単な洗い方や便利グッズ、コクピット内の水の抜き方等も聞けば「なるほど!」という事も多いものです。  しかし覚えなきゃいけない事はまだまだ沢山有りますよ!・・・でもそれもこれからの楽しみなのでしょうね。(笑) 

何はともあれシーカヤッカーがお二人誕生しましたネ!

               サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

Posted by Kaz

  

 

 

 

  

夏と秋を両方満喫ツアー! ~カヤッキング時のウェア~

Imgp1562

11月の第一週の3連休は天候に恵まれずに残念でした。 このまま秋も深まって冬に向かっていくかと思いきや、週の中頃には陽気も良くなって日中の最高気温も22~3度と予報されたりしています。

海況もベタ凪で気温も高く日中はポカポカというよりちょっと暑いぐらい。  こういう時のカヤッキングはウエアの選択に悩みますね。   

カヤッキングは身体への負荷が少ないとはいえツーリングに出掛ければ長時間の継続運動になりますので発汗時の体温調節も考慮しなくてはなりません。  出艇前にちょうど良い格好では動くと暑くなって汗をかいてしまいます。 一般的なツーリングでは午後3時頃に着艇というスケジュールを組む事が多いdしょう。 その時間帯もこの時期では日も傾いて気温も下がっている事が多いですし風に吹かれたりすると一気に体感温度も下がります。   この時にウエアの中が汗で濡れていたりすると急に冷えを感じて風邪をひいてしまう人が多いように見受けられます。  

気温差が大きい今の時期は全てをカバーできる格好というのは難しいので、天候が良い時はファイントラック社製に代表される厚手の長袖ラッシュ。寒くなってきたら羽織れる様にウィンドブレーカー的な物を携行するのが良いでしょう。 理想はやはりカヤックでの使用を前提に作られているパドリングジャケットです。  自転車やトレイルランとは違ってカヤックのフィールドは“水”の上なのでもしもの時にも備えなければなりませんから難しいですね。  

ちなみに「寒い」と感じた時に海上でもすぐに取り出せるように“サードハッチ”のあるカヤックは非常に便利です。  一旦上陸した時にでないと出せないのは不便ですし、仲間に出してもらったりしなくても済みます。  尚且つ独立した荷室を持つタイプでしたら小物を入れても取りにくい場所まで移動してしまわないのも利点です。 デメリットととしてはスターンハッチの容量が減ってスペアパドルを入れることが出来なくなってしまいがちですので、これから艇の購入を考えている人は参考になさってみて下さい。  その他、コクピット内の前方にネットがあって小物を収容できるようになった物もありますし、スプレースカートに防水小物入があるものもありますのでそういった場所に収納するのもいいかもしれません。

ウェアの話に戻りますとウェットスーツも非常に有効だと思います。  サーフィンやディンギー、ダイビング、ジェットスキーをやっている方が新たにカヤックを始めるときに既に持っていて重宝したりしますね。  やはり水での使用を前提に考えられていますから“沈”した時を考えると非常に有効です。  そのウエットスーツもタッパーにスプリング、シーガル、ロングジョン、ショートジョン、フルスーツとスタイルも様々ですし、コレに厚みが加わって来ますので初めての方は選択が難しいでしょう。  お勧めはインナー、アウターで調整できるロングジョンかも知れませんがショップに、既に持っているウエア、自分の漕ぐフィールド、時期、艇の種類等を伝えて相談に乗って貰うのが一番いいでしょう。

そして最近では価格も下がってすっかり一般的に広まってきたフルドライスーツ。 インナーでの調整幅も大きいので適用期間は意外に長いです。 冬がオフシーズンにならなくなるので導入されると価格以上の価値が有るでしょう。  ガラスの様に透き通った海の上を漕ぎ進む感動はかじかむ指の痛みも忘れてしまう程(笑)ですヨ。  そうそう、冬の雨の日に海に出掛ける時に「どうせ向こうで着替えるんだし。」とドライスーツを着てCHOTAのブーツを履いてバイクで向かった時は普段のレインスーツよりよっぽど快適でした!

今日は先日お友達と参加された女性が一人でツーリングを希望です。  前回はカヤック経験の無いお友達と一緒でしたので二人乗りシットオンでの参加でした。 お友達とワイワイ漕ぐのも楽しかったみたいですがやはりシングル艇で漕ぎたいというフラストレーションもあったんでしょうね。。。(笑)

なので本日は湾の外に出てのツーリングを希望されていました。  念願かなって海況の良い今日、南伊豆ツーリングに出発です。

冒頭のウェアの話はこの時にも出てきました。  どういった格好が適しているか分からない為に色々と持ってきたみたいですね。  ウェットフルスーツまで有るので聞けばシュノーケリングを以前やっていてその時に揃えた物との事。  しかもマスク、フィンも持参です!       それでは今日は折角温かい日なのでシュノーケリングも視野に入れてウエットスーツで出かけましょうか。 ダイビングのように深く潜らなくても場所によって海水温が低い場所もあるので私もフルスーツをチョイス。  温度以前にシュノーケリングでは肌を露出しないのが基本ですしね。

Imgp1541 Imgp1547_2

妻良湾の中にも洞窟がありますが湾の外の洞窟はスケールが全然違います。  先が見えない洞窟を漕ぎ進むのは探検隊気分ですね!  真っ暗な前方から波が岩肌に当たって反響したズドーンッという腹に響くような音がすると迫力あります!(笑)

長距離漕ぎは未経験なので自分でもどれぐらい漕げるか分からないとの事。 うーん、悩みますねぇ、、、。(苦笑)  それでは沿岸沿いに漕ぎ進んでスタミナと相談しながら行ってみましょうか?

Imgp1594 Imgp1597  

綺麗な海中と変化に富んだ雄大な断層と洞窟を巡っていると疲れを感じないみたいで全然ペースが落ちませんねぇ。  でも無理は禁物、帰り分も体力も残しておく為にも絶好のシュノーケリングポイントのここらでランチ&休憩をかねて上陸しましょうか。

水温も下がってきて活性も落ちてきているのか魚達もちょっと少なめですがスズメダイにチョウチョウウオにオヤビッチャ、カゴガキダイといったいつものレギュラー選手のコーラルフィッシュ達も我々の眼を楽しませてくれます。  カワハギにクサフグ、ハコフグ、ハリセンボンにタカノハダイ、それに大きなメジナが悠々と我々の眼下を泳ぎ去っていきました。   巨大なサザエの殻に入ったヤドカリ、ナマコ、トゲアシガニにスカシカシパンと魚以外も沢山見れました。  流石シュノーケリング経験者で、砂地に見事に擬態した大きなヒラメも見つけて私に教えてくれました。   ひらひらと優雅に泳ぐツノダシも見れて満足されたみたいですね。   温かい飲み物と食事で身体を温めたらもうひと漕ぎしましょう。

復路では肉眼だと色調も補正されてしまって気が付かないのですがデジカメのモニターで見ると全ての風景画赤らんでいることに気が付きます。

伊豆の山々も所々赤味を帯びてすっかり秋化粧しています。

Imgp1632 Imgp1634

シュノーケリングと秋の夕日を見ることが出来た欲張りツーリングには満足頂けた様です。  妻良湾に入った時に「帰ってきたー!」って自然に口からこぼれていましたがもう子浦が母港になったようですね!(笑)  名残惜しそうに夕陽を眺めつつ浮かんでいる姿が印象的でした。

Imgp1690

                 サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                    カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

Posted by Kaz

  

 

2008/11/07

佐渡ヶ島遠征記 怒涛の二日目 探検隊堤防攻防戦

佐渡ヶ島遠征二日目、

初日の長距離移動とカヤックフィッシングの疲れのせいか、隊員はミノムシと化していた。
隊長のイビキ攻撃から避難する為、キッチンテーブル下で寝ている調理班長のみ起床。
マッチョ副隊長、ブチ上等兵も爆睡中である。
Sany0514 Sany0515

 

 

外を見ると生憎の天気

コレ幸いと再び布団に潜り込むのであった・・
二時間程すると天気は回復、気持ちのいい秋晴れとなっていた。
お疲れのご様子の隊長をカイロプラテック修行中の班長が揉み解す。
シーサイドヴィラに隊長の呻き声が轟く。
続けざま、若年寄の上等兵を揉み解す、呻き声を出し、タップする上等兵。
二人を揉んだ後、残るはマッチョ副隊長だ・・・・
あまりの肉の壁に恐れをなし、次回ゆっくり揉むことを約束し、終了。

Sany0518

 

 

風、波は強い為カヤックを乗ることをためらう隊員達。

せっかくなので出艇できるポイントを散策することとなったが、
スギタニ隊長は頑なに「寝る」宣言をしてミノムシ状態からの脱出を放棄していた。

満身創痍の隊長を残し、マッチョ副隊長、ブチ上等兵、のぶぞう班長は小佐渡の海岸線を小木へ目指し車を出した。
副隊長、上等兵は昨日激闘に満足である、無理にカヤックを出さなくてもという態度がアリアリである。 ボーズ班長にチクリチクリと口撃を仕掛けてくるのである・・・

Sany0522 Sany0523 Sany0524

 
  
 

美しい海岸線が続く、ヒラスズキを釣る人々なら迷わず竿を咥えて飛び込むであろう磯場。
Sany0527 Sany0528

 

ひなびた漁村の形容がピッタリ。

隊員達の心をグッと掴んだ漁港、地元の人がサビキでアジを釣っていた。アオリも釣れるらしい。

Sany0531 Sany0533 Sany0536   

   
 

沢崎鼻灯台近辺は演歌の世界。

カヤックで釣りをしたら、キジハタ、マハタ、クエやイシダイなど釣れそうである。

Sany0537 Sany0539 Sany0540

  
 


男達の哀愁漂うショット!!
佐渡ヶ島の美しさに感激である。

Sany0542 Sany0543 Sany0544

 

幸せ地蔵に願掛け

途中の漁港でジギングするもアタリは無し、風が強く釣りにならないのである。
結局、フェリー乗り場である小木港が一番風が無く穏やかであった。

堤防の突端近くまで車で行ける便利なポイント。

エギングするもアタリは無し、近くのおみやげ物屋さんにて腹ごしらえしてサビキ釣りに変更。近くの釣具屋さんにてサビキとコマセを購入、上等兵のアドバイスによりウイリーなる仕掛けをやることになった副隊長と班長。上等兵は保険にとスキンにカゴを使うことに。

Sany0545 Sany0548

 

 

時間が早いのかアタリが少ない。

近所の人達がやってきて、ガンガンアジを釣り出した。
ウイリー仕掛けはあまり釣れず、保険にと買ったサビキが入れ食い状態に・・・・
連日のボーズに我慢出来ず釣具屋に走り出す班長!!


買ってきたサビキで入れ食いになりホクホク。     暗くなるにつれ、アジのサイズも大きくなってきたその時、副隊長が怪しい動きをした!!

    残念ながらタコ刺し、タコのから揚げはお預けであった。

持ち帰ったアジは100匹以上!! 復活した隊長、副隊長、上等兵三名による解体作業が始まった。

Sany0553_2 Sany0557 Sany0562

 

 

手馴れた手つきで捌く隊員達!!

一人調理作業をする調理班長!! 捌くのも調理も楽しいのである。

Sany0563 Sany0564 Sany0565

 

 

アジのから揚げ、アジフライ、南蛮漬け、なめろう、お刺身と アジ尽くしを堪能。 豪華な海の幸を楽しんだ後、隊員達は夜のメバル釣りへ行くのであった。

昼間、見つけた小さな漁港に突撃!! 

アオリ狙いのエギングはむなしく玉砕・・・

Sany0570_2 Sany0574

隊長、副隊長ともメバルゲッツ!!

小さなキジハタも釣り上げた!!

上等兵の指南により、班長チャレンジするもボーズ

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

怒涛の二日目も終わったのであった

Sany0584 Sany0585

 

 

長い戦いを終えて束の間の休息を取る隊員達

さてさて、明日はどうなることやら。

    佐渡遠征記怒涛の三日目に突入!! のぶぞう

隊長・・・・・スギタニ 海をこよなく愛するトライアルマン

副隊長・・・マッチョ 南の島で大物と格闘するマッチョマン

上等兵・・・ブチ 最年少ながら釣り知識は百戦錬磨の老兵並み

班長・・・・・のぶぞう サウスウインドスタッフ兼学生 カヤックスキルなら負けない・・

淡水もい~ネ!

寝坊して、忘れ物して出艇出来たのは午後一時…
芦ノ湖に浮いてきました。
自家用船出航帰港届を記入、遊魚券を購入していざ出艇!

Sany0142 Sany0153

 



釣れません…

Sany0152


ワカサギって、こんなに釣れないっけ???




日が傾き、やっと活性が上がったのか何とか10匹ほどゲット

Sany0150




今日は偵察です偵察

また今度ガンバリマス   by たかのっち

淡水もい~ネ!

寝坊して、忘れ物して出艇出来たのは午後一時…
芦ノ湖に浮いてきました。
自家用船出航帰港届を記入、遊魚券を購入していざ出艇!

Sany0142 Sany0153

 



釣れません…

Sany0152


ワカサギって、こんなに釣れないっけ???




日が傾き、やっと活性が上がったのか何とか10匹ほどゲット

Sany0150




今日は偵察です偵察

また今度ガンバリマス   by たかのっち

2008/11/06

軟体祭りアゲイン 

みなさんこんにちは!

今日も懲りずに軟体祭りです

前回は風・潮速くアオリを狙うのは難しいかったんですが、
今回はベタ凪無風のアオリ日和

スタッフの山野辺君と狙ってきました。


ポイントに到着し一投目いきなりキタァ―!


Sany0096




この時期にしては良型の500gほどのアオリちゃんかわいいです

その後2杯を追加した所でお昼の干潮です。
Sany0097







艇を並べて海上ランチです

波に揺られてキモティー!

さてさて山野辺君はというと…


 






現時点ではボー○…







このままアオリは危険と判断イイダコ狙いに変更!

何とか釣れて一安心です。
Sany0100


 




沖上がりをして片付けをしてると南西風がビュー!
木枯らし1号?

危険判断の必要性を、改めて考えさせられました。


いつでもどこでも、
好きな時に出艇出来るカヤックフィッシングだからこそ安全第一で楽しみましょう!
Sany0102






 
wrote by たかのっち


相変わらずの見事な軟体祭りですね~早く参加したいものです☆
お酒のつまみに最高!!  のぶぞう

佐渡島遠征記 初日から真鯛が?!

一年振りの日本海!! 佐渡島である。

佐渡島と言えば・・・・佐渡桶さ、トキ、金山、ジェンキンスさん・・・・∑(゚∇゚|||)違います!
真鯛っす!!真鯛ですよ!!!大真鯛なんです!!!

一年前の遠征時スギタニ氏と50cmと60cmの大真鯛を釣り上げ、
キジハタやらカサゴなど入れ食い状態で釣り上げた宝の島なんです!!
(DVDにも映像が紹介されてます)

ええ、そりゃもう・・一年間は偉そうに自慢げに店内でも飾ってありましたね~(* ̄ー ̄*)
時折思い出してはニヤニヤしたりして・・

そんな佐渡島遠征アゲインの話をいただいたのは長浜賑やかし9月頃。
即答で行くと返事をするのぶぞう・・・
折り返し 行きます行きます!!ハァハァと他二名が参戦を表明してきた。 
マッチョ氏と真南風丸両氏であった・・・

奇しくもMIXIのカヤックフィッシングコミュのメンバーでもあり、
釣りオタクが揃った訳である。

それぞれが、思い思いの戦略を練り、佐渡島遠征の当日を迎えた!!

Sany0412_2 Sany0414



アングラー4艇乗せた図は迫力があります
エクストリーム×2 X-13 ターポン140 の4艇 

Sany0416Sany0418_2

途中のSAで休憩。
直江津の本間釣具店

フェリー乗り場の直江津まで5時間弱の道のり、道中も釣り談義に
華が咲き、寝ずに直行
Sany0420 Sany0421
Sany0422

 


乗り場で食べたラーメン。ほんのりと柔らかい和風ラーメン

Sany0423 Sany0427 Sany0428

 


少し荒れ気味の海況。舟酔無縁の野郎達。
二時間半の道のり

Sany0433 Sany0435

さすがに目立ちます

小木港に到着、10時に到着したので、そのまま相川を目指すことに。

小佐渡から大佐渡までは1時間弱、懐かしい風景に感動。
相川に向かいながら佐渡シーカヤッククラブ(http://sadoseakayak.main.jp/)の
松村さんに電話で海況を尋ねると、あまりヨロシクないとの事。
とりあえず、挨拶がてら寄ることに

Sany0442 Sany0440 Sany0441

  
 


美味しい柿とお茶をご馳走になり、海況の穏やかな小木近辺の情報を探して頂き(感謝感謝)小木近辺でカブラ釣りをしている方を紹介してくれた。
都合よく、昼から沖釣りに出る予定だということだったので、
カヤックを出艇できるポイントを教えてもらえることになった。

昨年のポイントと対面ならず、慌てて小木へ戻ることに

Sany0443 Sany0445


 
 

待ち合わせの場所は嘘のように穏やかな海であった。
近辺でカブラ釣りをしているイナベさんと
カヤックをやってるタカツさんから貴重な情報をいただき(感謝感謝)
滞在中御用達となったスーパーたんぽぽさんにて買出し。

Sany0447 Sany0448 Sany0449

 

釣り好きは世界共通。

あっという間に意気投合!!

滞在地から程近いポイントには穏やかで美しい日本海があった。

Sany0454 Sany0455 Sany0457

 
 
 

昼飯を掻き込み、はやる期待に胸膨らませ出艇準備をした。

Sany0461Sany0459 Sany0460  

 
 

準備完了!!とスギタニ氏が早々と漕ぎ出した!!

Sany0463 Sany0464

 
 

モタモタと準備している他三名を横目に悠々と日本海と戯れる。
この漕ぎ出しの早さが後の悲劇を生むことは誰も知らない。

Sany0465 Sany0467 Sany0468

 
 
 

フルドライスーツ着用のマッチョ氏、暑くないですか?
上半身 ロングT サウスT 下半身 ユニクロのロングパンツ
足 普通の靴下、chpta ロングブーツ
着込んだ陸地では少し暑かったが、海上では快適だったとの事。

Sany0469 Sany0471 Sany0472

 

 

X-13とXウイングのフル装備!!これで釣れなきゃ・・・・ 

Sany0473 Sany0475Sany0478  

 

 

出艇してすぐに水深は30m!!岩礁帯と砂地の混じるグッドポイント!!

少し漕ぐと風裏を抜け、ウネリと風が強くなった。

Sany0480 Sany0481

 

 

手始めにジギング!!がアタリなし。

少し浅場でタイラバーをやっていた岩淵氏がキジハタを釣り上げた!!散々鯛らしいアタリがあったということで、タイラバーに変更!!

タイラバーに変更して一投目のマッチョ氏から歓声が!!

   

55cmの真鯛!!素晴らしい☆
佐渡の海は豊饒の海である。

Sany0486 Sany0487




一気にテンションが上がり俄然やる気になる・・・・もアタリなし。

ダラダラとカブラを巻き上げ続ける・・・ ホンとに釣れる?
と半信半疑のまま続ける内に、竿先がしなった!!重い!!
あ、根かかりだあああ~~~と竿を垂直にして引き上げるとぐぐぐ~~~っと
寄ってくる?!?!ん??? 違うのか??
少し寄せてはラインが出るを繰り返す、ここは佐渡の地大物の地、2m近いマハタも
存在するかも知れないし、クエもいるかも知れないので、諦めず戦う。
出しては引いての繰り返しをする。悲鳴を上げる、スギタニ氏に声をかけると同じような大物がかかっているらしくファイト中だった。
ん???二人が同じような状況???・・・・・・・・ ロープだね・・
(10分近く動画をとり続けた・・・あふぉ過ぎます)

気づかず20分近く戦っていた・・・・・戦っている最中、大物を釣りました~と岩淵氏の声、
「ごめん、俺も大物とやりあってるから行けん!!」と声を張り上げた醜態。

早々ラインを切って岩淵氏に近づくスギタニ氏、

が、次の瞬間、大波を斜め後ろから受けて沈・・・ヘルプできん。(´;ω;`)ウウ・・・
氏のカヤックスキルからすれば沈すること自体がありえない事態。
夏の暑い時期は海に飛び込んで用を足すことが度々ある。
きっと我慢出来ずに飛び込んだのだろう・・・と思ったが、船底が丸見えということはひっくり返ったということなのだ!!

自分を除く二人も別段慌てる様子も無く、暖かく見守っていた。
上級者の怖い所である。
沈した場合、当人は死にかけてても暖かく見守っているに違いない
ヘルプの合図は決めておくべきだな。と実感した。

ロープのやり取りと判別するまで30分、隊のメンバーの一人が大真鯛を釣り上げ、一人が引っくり返っていた。カメラを持ちながら立ち会わなかったという悲劇。

曰く、釣り師に大物が掛かっている場合、仲間の死すら見逃すであろう・・・

ラインを切って仕切りなおしたもの疲労困憊の為、終了。
夕日を背中に日本海を漕ぎ帰るのであった。

Sany0492Sany0493




浜に上がればホクホクの二人と早々着替えて疲れ果てた独りが・・・

Sany0497 Sany0499

Sany0501

 

 

とりあえずコーヒーで乾杯。

見事!!!74cmオーバーの大真鯛である。

Sany0495 Sany0506


 


う~~む。55cmもデカイはずなのだが、大人と子供のようだ。
先月90cmオーバーを上げたという話だったが、さらに大きいのだ。
恐るべし佐渡島。

ホクホクの二人の動画。

   

あこがれた佐渡島であこがれの大真鯛を釣ったのだ、本望であろう。

撤収し、ハウスにて宴会。

Sany0510 Sany0511 Sany0509

 

 

のぶぞう手作りカレーと鯛尽くしである、キジハタと鯛のあら汁は絶品!!

刺身は文句なしの激ウマであった。

カヤックフィッシング宴会の掟。

釣り上げた者から箸をつける。

Sany0512 Sany0513

 

 

ハードな初日はこうして幕を閉じたのであった・・・

 

釣れたりは

エクストリームの

二人かな

          のぶぞう 

          つづく かな?

2008/11/05

秋空と海中観察ツアー!

Imgp1445

昨日まではナライが吹いて荒れ気味でしたが、予報どおり止んでくれて穏やかな今日の子浦の海。   絶好のカヤッキング日和となりました。   

本日は地元南伊豆で生まれ育った女性がお友達を誘って参加してくれました。 ドライブインを営むご実家を手伝われているので定休日の水曜日には毎週のように湊カフェさんでカヤッキングされて日々腕を磨いているそうです。  

ご本人は「カヤックを習いに行っている。」と仰ってるのでレジャーの域は超えていてもはや趣味の範疇?  今回は最近、当店で導入したクリアカヤックに興味を示されて「一度乗ってみたい!」とサウスウインド南伊豆店のシーカヤックツアーに参加してくださいました。  毎週の恒例となったカヤッキングに対応するべく防水携帯をアクアパックに入れて持参されているしウェア等も徐々に揃えられてもうすっかりカヤッカー仕様のいでたちで登場です。

Imgp1448 Imgp1460

今回初めてカヤックに乗られるお友達はちょっとグラグラと揺れる感じに不安感を抱いているようなので安心させる為にリードするべくスターンに乗って日頃の成果を発揮して頂きましょう!  

Imgp1479 Imgp1463

初めてのカヤッキングとはいえセンスはいいですね!  最初は少しぎこちなかったパドリングも細かくアドバイスするとすぐに補正されて徐々に無駄な力の抜けたスムーズな漕ぎになってきました。 後ろからその漕ぎに合わせて息もピッタリです。  リズミカルに漕げるようになると岩が突き出た沿岸部に行って操船の腕試し!  そういった浅瀬では海底もよく見えてクリアカヤックの本領発揮です。

ソラスズメダイやオヤビッチャなどが見れたそうですよ!  あとガンガゼも・・・。(焦)

Imgp1485 Imgp1489 ▲お二人とも疲れちゃった、とか酔っちゃって・・・という訳ではありません!海中の様子に夢中なんです。(笑)

途中上陸して景色の良い場所にてティータイム。  甘い物とお茶があると女性は話が弾みますね。  色々とお話してました!  カヤックフィッシングに興味があるという某有名コメディアンとお知り合いの女性は今日のカヤッキングの模様を携帯メールでLIVE報告してましたっけ。

休憩で体力は回復して元気百倍?  それではもう少し漕ぎ進んでみましょうか。

妻良湾の変化に富んだ景色と海中の様子を楽しみながら移動したり、停まったりしてゆったりとしたカヤッキングタイムを楽しまれたようですね。  身体に負荷の少ないエクササイズであるカヤッキングは年齢、性別に関係なく楽しめます。  簡単に楽しめますが奥も深いので乗れば乗るほど上達し、今までいけなかった場所にも近寄ることが出来て新たな喜びや発見があって飽きるという事がありませんね。 そんな魅力をお2人とも感じ取って頂いたようですね。  

それでは日もすっかり傾いてきましたので出艇場所に戻りましょう。

Imgp1482

             サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                    カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

Posted by Kaz

   

 

 

2008/11/04

佐渡島遠征速報その2

本日無事出艇、風波強い中終日粘り念願の真鯛ゲット!

土曜日に真鯛を上げた二人はまたもや大真鯛とキジハタを上げた。素晴らしい釣果に恵まれた遠征でした。

来年の遠征は5月と10月が良いとの情報。

のふぞう

2008/11/03

佐渡島遠征速報

携帯から失礼します。

連日、冬の日本海にやられてます。滞在3日目ですがカヤックフィッシングが出来たのは到着した土曜日の午後だけです。
二時間弱での釣果は・・・・・・
T氏55センチ真鯛
I氏74センチ真鯛

各一匹という昨年の記録を越えるものとなりました。

風と波が強いので昨年出艇したポイントに出れないのが残念です、明日海況がよければ土曜日と同じポイントで勝負します。
ジギングでアタリがないままの退散だけは避けたいです。

嵐のような風音を聞きながら佐渡島にて

のふぞう

佐渡島遠征速報

携帯から失礼します。

連日、冬の日本海にやられてます。滞在3日目ですがカヤックフィッシングが出来たのは到着した土曜日の午後だけです。
二時間弱での釣果は・・・・・・
T氏55センチ真鯛
I氏74センチ真鯛

各一匹という昨年の記録を越えるものとなりました。

風と波が強いので昨年出艇したポイントに出れないのが残念です、明日海況がよければ土曜日と同じポイントで勝負します。
ジギングでアタリがないままの退散だけは避けたいです。

嵐のような風音を聞きながら佐渡島にて

のふぞう

子浦 平成20年度 大祭り 2日目

Imgp1369_2

早朝に浜降りの大名行列を迎える為の準備である“盛り砂”という作業を施し一旦解散。

九時半からいよいよお宮から浜まで“練り”と大名行列が始まります。 男衆は着物に着替えてきて今までとは全然違う雰囲気です。

Imgp1362 Imgp1383 Imgp1374

女性や子供が見守る中、浜まで降りて練りも始まります。  お囃子に合わせて練が始まるとカメラ、ビデオで撮影する人、声援や拍手を送ってくれる人で凄い賑わいです。

こちらは西区のお祭りです。  東区では 昨日の夜にお宮で人形浄瑠璃が行われていました。  こちらも人手が多く、子浦駐車場もほとんど埋まっているほどでした。

Ca3b0029 Ca3b0036

伝統あるこのお祭りも少子化等で色々と変則的に行われているそうです。  大名行列の時に子供が持って歩くと決まっていたりするそうですが子供が少なく大人が持っていたりと・・・。    折角の伝統ある神事なのですから末永く残していきたいものですね。

Imgp1388_2

                 サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                    カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND 

Posted by Kaz 

2008/11/02

西子浦区 大祭り 朝の準備

Imgp1356 今日はお祭りの2日目で正に本番。

お宮から浜まで大名行列があります。  私は獅子持ちの大役を仰せつかって恐縮です。(焦)

その準備を神社の境内で済ませると浜の“砂盛”という作業があります。 昨日に続き砂浜の中に埋まる大小の石を丹念に手作業で取り除いてから砂を盛り上げていきます。  

もともとこじんまりした砂浜で、毎月区民総出で浜掃除もしてるのでいつも綺麗な子浦の砂浜ですが貝殻や小石なども綺麗に取り除くとどこかのリゾート地のような光景。  お年寄りが私に「昔はよう、ずーっと綺麗な砂浜が弓なりにあったんだ。」って話してくれました。   西浜はまだ砂浜ですが子浦駐車場前の東浜も同じような砂浜だったのがゴロタ浜になってしまったそうです。   ちょっと寂しい話ですね・・・。

今日はまともに西が吹いているので旗が竿に巻きついてしまい、その都度、若い衆がよじ登ってねじれを取る、の繰り返しで今日の祭りの為に地道に努力をしています。   でも皆さん、それを分かっていてすれ違う度に「大変だねぇ。」「今日もよろしくお願いしますね。」とオバちゃん達が声を掛けてくれて感謝してくれているのが判りますね。

さぁ、もうすぐはじまりますよ!

Imgp1346 Imgp1348 Imgp1353

            サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

               カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

Posted by Kaz

2008/11/01

子浦 平成20年度 大祭り

Imgp1256 

今日は子浦区のお祭りです。

事情からここ数年行われていなかったので子浦の男衆も「何年ぶりだ?」「やり方、忘れちまいそうだ。」と言ってましたっけ。  お祭りといっても露店が出るでも無く、神事に近いものです。  この日ばかりは子浦の人達も仕事を休んでお祭り一色になります。  この日に合わせて里帰りしている子浦出身の方も大勢でいつもより人口密集度が高くなっているみたいですね。

「仕事で祭りに参加しないと昔は村八分にされた。」なんて聞かされていましたが、それとは関係なくやはりここ子浦で展開しているサウスウインド南伊豆店ですから今日はクローズで祭りに全面参加です!(笑)

早朝から祭りとは関係なく毎月一日に行われる区民総出の浜掃除の後に祭りの準備に取り掛かります。  子浦西区の男衆で浜に4本の旗を立てます。   この巨大な旗竿を立てるときは大迫力。  今日は風も強くギシギシと恐ろしいくらいの大きな音を立てています。  その強風に耐えるように地盤の弱い砂浜にコレだけの物を立てるのですからユンボで掘った大穴に人力で差込んで水を掛けながら砂を締めていきます。  その後、浜にお宮も立てて準備が整いました。  お神酒で清めて明日の本番を待ちます。

Imgp1241 Imgp1198 Imgp1214 

午後からはお宮から神輿、神楽を蔵出しです。  年季の入ったお神楽は龍に虎に獅子等と勇ましい物がいっぱいでしきたり通りにお供えと一緒に並べられます。

Imgp1261 Imgp1263 Imgp1267 Imgp1286 Imgp1262

そして礼酒と呼ばれる作法で執り行われる、お神酒の杯を回して参加者の身を清めます。  その後、大太鼓と小太鼓、笛のお囃子鳴らしながら区内を練り歩きます。  歩くのがやっとという細い路地や、手すりも無い石段の上をアクロバチックに太鼓を叩きながら通る様はさながら雑技団バリです。。。(焦)

Imgp1280 Imgp1274

夕刻に差し迫ると提灯の行灯で足元を照らしてもらいながらお神楽を続けて町内を回り、お宮に戻る頃にはすっかり夜に。   ここで祝宴があって労をねぎらってもらいました。明日の本番前でお酒は控えるようにというお達しもありましたが流石に漁師町の男衆は飲みっぷりが違いますね、いつの間にかジョッキでビールを飲んでいる酒豪も・・・。(焦)

  この格式高い神事に加えてもらうのは光栄な事でした。  観光としても見物する価値があると思いますよ。  さぁ、明日は浜に出て本番です!

Imgp1315_2

             サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

Posted by Kaz

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

●イベント・スケジュール●

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31