« 夏と秋を両方満喫ツアー! ~カヤッキング時のウェア~ | トップページ | 佐渡島遠征記 通常の三日目 探検隊一時の安息 »

2008/11/08

シーカヤッカー誕生ツアー!

本日お越しの県内在住のお二人は先々月にもツアーに参加してくれたばかり。 その前年にも参加していただいており、その時からシーカヤックの購入を検討されていたそうです。

9月のツアーに申し込まれた時には、もうどの艇を買おうかと艇種の絞込みの段階で当日も相談を受けておりました。  その時のツアー参加者は16名ほどいてなかなかまとまった時間お話しすることが出来なくて残念。 でも横浜本店から応援に駆け付けてくれたスタッフとは色々と話せたようでツアー終了後には「艇も決まったので今週末に横浜店に行来ます。」ですって。(滝汗)

でも突発的に決めた訳ではないようで随分と勉強されていてファルトカヤックも検討されたみたいです。 色々な販売店も回って検討を重ね、購入を焦らずにカヤックツアーに参加されたり、色々な人からの話を集めて判断されたみたいのですから決まると行動が早いですね!

Grl_0020_2 Grl_0021

  ▲横浜店での納艇風景。 ワゴンスタイルのクルマはカートップが似合いますね!お気をつけて!

さてさてそんなお二人ですから本日はご自分達で海に出るという事を前提にツアー形式のスクールとなりました。

Imgp1765 Imgp1768

 ▲真新しい艇をご自分達だけで降ろしてもらいます。私は今日は口は出しますが手は出しませんよ!(笑)

なのでいつもと違って今日は出艇前にクラブハウス内で今日の気象予報、ツーリングルートの説明、、持ち物の確認。  カヤッキングに必要な物は一通り揃えられたお二人ですが実際のツーリング時に有ると便利な物を目にすると「なるほど、こいうのも有るのか!」「コレ良いねぇー。」と目からウロコといった感じでした。(笑)   

小物や便利グッズは沢山ありますが、お店に陳列されていても何の為の物か使い道が分からなかったり、その有効性をイマイチ実感できなかったりしますから実際に使ってみるとご自分にとって必要かどうか見えてくるようです。  その中でも本日、お貸ししたパドルリーシュとアクアパックは“揃えるものリスト”に追加されたようですね。(笑)

Imgp1769_2 Imgp1771

 ▲進水式のヒトコマ。 一緒に始める仲間が要るというのはモチベーション的にも安全面でも最大の財産ですネ。

お二人のホームゲレンデになりそうな場所は海況で波が打ち寄せる場所だそうです。 いままでカヤッキングしてきた子浦は穏やかですので出艇方法も変わってきます。  今日は波が打ち寄せていると想定した出艇方法をお教えしました。 最初のうちは乗り沈、降り沈をしてしまうかもしれませんので怪我の無いように早くコツを覚えてしまいましょう。

今まで乗ってきたどの艇よりも軽いのでひと漕ぎひと漕ぎに敏感に反応してしまう為に左右の漕ぎのバランスが取れていないと直進する事さえ難しくなってしまったようですね。  勿論意識する事も大事ですが乗り込んで行く事によって段々と直ってきますからそんなに不安にならなくても大丈夫ですよ!(笑)

Imgp1776 Imgp1777

でもテクニック的な事ばかりにとらわれずに南伊豆の雄大な景色も楽しみましょう! 妻良湾から初めて出たお二人は目の前にそそり立つ綺麗な断層を見せる岸壁を見上げて「やっぱいいねぇー。」と感嘆の声を上げていました。 でも「うぉ、あぶねぇっ!」って見上げていたらちょっとグラッとしてしまったようですね。(苦笑)  これまた今まで乗ってきたどの艇よりも幅が狭いのでまだグラグラ感が怖いようです。  しっかりと膝を押し当てて艇をホールドしてやればすぐに慣れますよ!

練習も兼ねながら移動を続けます。  この広い海を同じ方向に進むのは簡単なことですが一本のラインを狙うというのは意外と難しいものです。  「縦一列に私の後ろを付いて来て下さい。」というと「はい。」と言って試みるもののその難しさに改めて気が付かれたようです。 「あれぇ?」「おかしいなぁ~。」とまず真後ろに付くのにも手間取ってしまいます。(笑)  意識するとこれだけの事でも充分練習になります。

Imgp1786 Imgp1789

 ▲苦戦してますね~。(笑)蛇行しながら四苦八苦。   ▲でも暫くすればご覧の通り!意識するのが上達の近道。

ここでジャスト12時、ここらでお昼にしましょう。  今日は気温がそんなに上がらないという予報だったのでキムチ鍋を用意しました。 意表を突いたランチメニューにお2人ともちょっとビックリですか?(笑)

Imgp1796_3 Imgp1800 Imgp1795_2 

  ▲牡蠣、海老、蛸の海鮮キムチ鍋の煮込みうどんと南伊豆産の金目鯛のひらきでお祝いです!

鍋で身体も温まり食後のマッタリした時間も多趣味なお二人のお話で盛り上がります。  食べ終わるのを待っていてくれたかのように雨がポツポツと落ちてきましたのでそろそろ戻りましょう。    味も量も満足して頂けた様で何よりです。 お腹が苦しくてスプレースカートが着け辛いって、それは新品でゴムがきついからですよ! ただ前屈姿勢が苦しいだけですから!(笑)  

Imgp1813_3 Imgp1810_3 Imgp1814_3

復路でも洞窟内を通り抜けたりしてカヤックの楽しさを実感してもらいました。 この日は東の風で帰りは向かい風。  でも正面からの風は抵抗が大きいですが曲げられたりしない分、楽な部分もあります。   妻良湾の堤防が見えて来て湾の中に入ると吹き抜けの風では無くなるのでぐっと楽になります。 「帰りは随分楽に感じた。」というお二人。 確かに行きと帰りでは別人のような漕ぎのフォームでした。 お2人とも向上心があってアドバイスをすると色々と試しておりました。 そう、それにまとまった距離を漕ぐと疲労から無駄な力が取れてスムーズな漕ぎになることが多いですね。 ランチの休憩で体力も回復したのも手伝ってそう感じたのでしょう。 初めて間もない頃は乗れば乗っただけ上達します。  ご自分でそれを実感できると嬉しいものですよね!

Imgp1826_2 Imgp1831_2 Imgp1834_2

片付け、洗いもお二人で。  お手軽簡単な洗い方や便利グッズ、コクピット内の水の抜き方等も聞けば「なるほど!」という事も多いものです。  しかし覚えなきゃいけない事はまだまだ沢山有りますよ!・・・でもそれもこれからの楽しみなのでしょうね。(笑) 

何はともあれシーカヤッカーがお二人誕生しましたネ!

               サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

                カヌー・カヤック専門店  SOUTH WIND

Posted by Kaz

  

 

 

 

  

« 夏と秋を両方満喫ツアー! ~カヤッキング時のウェア~ | トップページ | 佐渡島遠征記 通常の三日目 探検隊一時の安息 »

シーカヤック ツーリング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183922/43062206

この記事へのトラックバック一覧です: シーカヤッカー誕生ツアー!:

« 夏と秋を両方満喫ツアー! ~カヤッキング時のウェア~ | トップページ | 佐渡島遠征記 通常の三日目 探検隊一時の安息 »

●イベント・スケジュール●

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31