« 091021 バースディカヤッキング・ツーリング! | トップページ | KFM2009 当日パート3 »

2009/10/22

091022 文句無の高級魚フィッシング・ツアー!

Img_7543 Img_7542

いつも長野県から足繁く南伊豆通いをしてくれているSZさん!
ジギング専門なだけにこの時期は早く来たくてしょうがなかったようです。
当ブログもいつも見て下さっており、参加者の釣果に歯軋りしていたとか?(笑)

既に何回も参加して頂いているので今日はいつもと違うところに行きたいとのリクエスト。
鉄板ポイントでは既に釣果を上げていますからね。
より水深のある場所で大物狙いでいきますか!
少し遠いですが新たなるポイントを探しに釣行パドリング出発です!

SZさんの乗るX13に装備した魚探からは反応が無く、嫌な雰囲気が漂います。
中層に反応があった場所で落としてみますが手応え無し。

道中に魚探からは反応はありませんが潮目を見つけて落としてみます。
追いついたSZさんも「ここがいいの?」と落とし、巻き上げて来たところ海面までチェイスを確認!イナダかワカシのようだったとの事。
その直後、私のジグにも反応があったがフックまで至らず。
その後、反応が何も無くなってしまったので当初のポイントまで移動です。

今日の海況は波高2.5メートル後3メートルという予報。
東が7~9が吹くとの事。
実際当たっていたようです。
岸壁に当たる波は6メートル位の高さまで派手に白い波飛沫を上げていました。
短めのカヤックに乗った私と横浜店スタッフのよっしーは船酔い気味。
カヤックで初めて船酔いを経験してしまいました。

12時を過ぎてしまっているのでランチにしましょう。
上陸予定場所には凄い波が押し寄せています。
でも波の性質から強弱があるので上手くタイミングを読めば安全に着艇する事が出来ます。

先日、カヤックフィッシング大会を手伝いに長浜に行きましたが、その時の参加者達の着艇はまだまだ改善の余地があるようでした。
当日は腰下の波で決して大きな波ではない状況でしたが、カヤックアングラーはツーリング系カヤッカーよりスムーズな着艇を心掛けないとロッドを折ってしまいますからね。

着艇しようと波打ち際に到着したタイミングで後ろも振り返らずに着艇を強行してしまう人が多かったのが気になります。
降りる時に艇をまたいでしまう人や、立位置が適切でない人も多く、一考が必要でしょう。

着艇時に出艇してきた時よりも波が高くなってしまっていることはよくある事。
綺麗な砂浜ならまだしもゴロタ浜では人的、物的リスクも高まりますので着艇のスキルを磨く事はレスキューと同じくらい大事かもしれません。

波を読んで上手く着艇出来たSZさん。
着艇はキレイでしたが足を着いたら力が入らずヘナヘナと降り沈。(苦笑)
こればかりはしょうがないかも。
しばらく足を使っていなかったからいつものように立とうとしたものの、うまく立てなくてズッコケるのは最初の頃は良くある話。
パドリング時にフットレストに踏ん張るような漕ぎ方をしていないと起こし易いようです。
降りる前にフットレストに踏ん張って足に負荷を掛けて感覚を取り戻しておくと良いかも知れません。

Img_7550 Img_7549 Img_7548
▲無事着艇できました。        ▲釣りのゴミは我々で回収。         ▲収穫!ボロボロですが・・・

濡れてしまったSZさんが寒そうですね。
焚き火は起こすより後始末が大変なもの。
我々が来る前と同じ現状復帰が基本ですが、快適なランチを楽しむ為にも流れ着いた流木で暖を取る事にしましょう。


Img_7547 Img_7554
▲「暖かいねぇ~。」ウェアもすっかり乾いてました。    ▲アルパインエントリーで引き波に連れてって貰います。

焚き火が安定するまでいつもの様に周囲をビーチクリーン。
膨大な量ですから全部拾おうとしたら年内には終わりません。
いつも「今日はペットボトル」とか「缶・ビンのみ!」とテーマを決めて行います。
今日はカヤックフィッシングで来ているので釣り関係のゴミを集めましょう。
それにしても普段から釣り関係のゴミの多さには閉口してしまいます。
釣り餌の袋、仕掛けの袋、ロストしたウキや仕掛け・・・。
風で飛ばされてしまったりと過失の物もあるのでしょうがいかんせん数が多いのが気になります。

焚き火を囲んでの談笑は時間を忘れてしまいそうになります。
ついくつろぎ過ぎて遅くなってしまいそうになりますね。(笑)

午後も帰りながら釣行していきましょう。
相変わらず魚探に反応がありませんが気になる場所に落としてみます。
SZさんと横浜店よっしーも停まって釣りモードに。

SZさんの魚探で水深を見て貰うと予想よりちょっと深くて期待大!

そんな予想を裏切るように反応がなく静かな時が過ぎていた時によっしーがその均衡を破ります。
当初は根掛だと思って内密に処理しようと思っていた様ですが明らかにサカナの反応を感じ取って我々にアピール!

非力な彼女ではリールを巻く手もゴクンゴクンとスムーズに巻けません。
「ヒー!」だの「ギャー!」だの騒ぎながら上げてみれば42センチのまさかのマハタ!?

使用タックルは“bass bomber”というロッドにノーブランドの#3000クラスのスピニングリールという釣具量販店でありがちなセット売りの様なシロモノ。
先ほど「ジグ何か貸して~。」と寄って来て適当に選んで持っていった28gの青/銀のジグで釣っちゃってます・・・。

Img_7558 Img_7564

そんな様子を目の当たりにして俄然やる気満々のSZさん!
再び釣りモード突入したと思ったらすぐに「キタァー!!」との雄たけび!
上げてみれば見事なマダイ!

Img_7566

聞けば今日の日の為に鯛ラバを買って来たそうです。
初めて落としてタダ巻きをしていたらガツンと来たそうで、こんな簡単に釣っちゃっていいんでしょーか?(苦笑)

Img_7568 Img_7571
 ▲釣果よりもヤリトリを楽しむ事が目的のSZさんは嬉しそう。        ▲文句無しの高級魚コンビ!

サウスウインド南伊豆店のカヤックフィッシング体験ツアーは乗合船の様に釣らせるのが目的ではなく、「カヤックで釣りをやってみたい。」「自分のフィッシングスタイルにカヤックを取り入れてみようか考えている。」といった人を対象に実際に経験してもらう為に企画されたものですがやはり実際に釣果も伴うと嬉しいですよね。

Img_7578 Img_7580 Img_7581

遠くまで漕いできてしまいましたが釣果もあれば疲れも吹っ飛びます。
キレイな夕日を眺めながら子浦まで戻りましょう。

Posted by Kaz

« 091021 バースディカヤッキング・ツーリング! | トップページ | KFM2009 当日パート3 »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

マリブカヤックス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183922/46567224

この記事へのトラックバック一覧です: 091022 文句無の高級魚フィッシング・ツアー!:

« 091021 バースディカヤッキング・ツーリング! | トップページ | KFM2009 当日パート3 »

●イベント・スケジュール●

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31