« KFM2009 パート4 | トップページ | カナイ設計さんの工房を来訪 »

2009/10/24

091024 スキルアップ・ツーリング

Img_7623 本日は天候が良くありませんが5艇でツーリングに出かけます。
ゲストの4名二組には色々と共通点があります。

○カヤックを趣味にしたいと思い立ち、シーカヤックツアーに参加してみた事。

○そしてその楽しさを確信し、カヤックを購入しカヤッカーになった事!

何回もツアーに参加されてから自艇を持たれた静岡県内のお二人は、その後もサウスウインド南伊豆店でのシーカヤックツアーに参加されて、色々と練習メニューを覚えて帰ってもらってます。
地元の海で一緒に漕がれる時にはグループレスキューを反復練習しているようです。
楽しく安全に遊ぶには何が必要か分かっているからコチラも安心です。
スキルを過信せずに謙虚に「自分達はまだまだだから。」と今回も南伊豆のパドリングを楽しみながらスキルアップをお考えのようです。

一方、先々月にツアーに参加されたカップルのお二人は「カヤックは楽しい!」という確信を得たそうで艇の購入を検討、相談を受けておりました。
先ずは一艇を購入。  
地元、真鶴の海でお仲間と進水式を終えてからの参加です。
という事で男性の方が今日で3回目のカヤッキング!女性の方は2度目ですから随分とお早いペースですね・・・。(焦)

曇りという予報に反して、出発前のミーティング時にはポツポツと小雨がパラついています。
ですが目的意識がある皆さんにはそんな事はちっとも障害にはなりませんね。
妻良湾を後にしてうねりの伴う外海に漕ぎ出します。

横からの風を受けながら漕いでいると全長の長いシーカヤック特有の「風見鶏現象」が起きてしまい進路を保つのに苦労します。
振り返れば皆さんスイープやブレーキを入れて対処しています。
ブレーキを入れた針路修正では推進力が減ってしまい余計に風や潮流の影響を受け易くなり適していない対処法ですし、片漕ぎスイープでも推進力は単純に50%に減ってしまいますからこれも同様です。

ラダー無しの艇を買われた二人ですから、ここは腹をくくってリーンを使った漕ぎでの対処法をマスターして貰いましょう。(笑)
でもなかなか最初からは上手くいかないですよね。
静水ならまだしも波に翻弄されているのですから傾けるのも怖いでしょうしね。
いきなりは出来ないでしょうけど、意識していないと出来るようにもなりませんから地元の海況の良い時に練習して下さい。 宿題ですね!

ラダーの付いた艇を購入されたCNさん。
ラダーについては当方の説明を聞いて貰っていて納得されたようで、この海況だからラダーを出してましょうか?と勧めても「もうちょっと頑張ってみたい!」と実に前向きです!頼もしい!!

着艇しようとしている場所には時折凄い波が入っています。
「アソコに着艇しまーす。」との指示に全員「えっ?あそこに!?」という表情。

確かにセットで凄い波が入って来ていますが波を選べば全然大丈夫。
ただセットの間隔が短いので間違えると無事では済まなさそうですョ。
艇を横に向けない事と、乗りたくない波に運ばれてしまわないようにやり過ごす事を覚えるのが重要。

おっかなびっくりですが先に着艇した私の合図で入ってきてもらいます。
今日が2回目のカヤッキングの女性でも無事着艇。
「怖かったですか?」との問いにも
「平気でした。」とあっけらかんとしています。(焦)

Img_7628 Img_7626
▲「やれば何とかなるもんだねー。」安堵感から皆笑顔。         ▲「波の間隔をカウントだ。」実にまじめです!

ランチ休憩の後は再び漕ぎ出します。
セットの波が押し寄せるタイミングも変わってしまいましたね。
更に難しくなりましたが出る時の方が難しくないですから頑張りましょう。
ランチ休憩の時にも詳しく説明しましたから今度は自分で波を読んで出艇してみましょうか。

Img_7631 Img_7635
▲ドヒャー、巻かれたらゴロタ浜だけに無事には済まなそう・・・。(焦)         ▲ほら、波を選べば大丈夫です。

往路復路でルートを変えてみました。
風が抜ける場所、波が立つ場所など狭い範囲でも違いある事に驚いた様子でしたね。
地元だから、というのもありますがある程度初めての土地、地形でも予想を立てることは出来ます。

前回の参加の後には知床遠征にも行かれていましたADさん&NMさんコンビ。
パドリングスキルだけでなく、断崖絶壁の沿岸を漕ぐ時の吹き降ろしの風も経験されたようで、今回も「知床でもそうだった。」と経験が生きたようです。

Img_7643 Img_7649 Img_7650
▲小雨だって気にならない?楽しそう。       ▲ラヴラヴなお二人デス。     ▲ラ・・・仲良しなお二人デス

妻良湾に戻れば別世界のような静けさ。
あまりの平和さに拍子抜け?
「外の方が『漕いだ!』って気がしますね!」とCNさん。
良かった、、、トラウマになったらどうしよう、ってちょっと心配していたんです。。。

湾の中を吹き抜ける東風を避けられる場所で個人レッスンです。
レスキューでもブレースでもスカーリングでも各自練習してくださーい!
後は上がるだけですから“沈”を恐れずに思い切って行きましょう!

Img_7655 Img_7658 Img_7657
▲リーンの練習ではよくありマス。      ▲2回目なのにもう!?(滝汗)       ▲焦らず色々覚えていきましょう!

後は自艇を洗って終了です。
自分の艇は大事に扱っているのが分かります。ワックスも掛けているそうで月2ペースでカヤッキングしているというのに一年前に納艇した時と同じ状態を保ってますね!
CNさん達にも艇の洗い方のコツを覚えて貰いながら一緒に洗いました。

Img_7662_2 Img_7663
▲これから良いカヤッキングライフを送れるといいですね! ▲良い仲間がいると続けていく上で励みになりますよね。

今日ご一緒になったのも何かの縁。
いつもADさんとNMさんコンビは帰り道に南伊豆町営の温泉「銀の湯」に寄って行かれます。
今日はCNさん達もご一緒するようです。

同じ趣味を持つ仲間同士ですから打ち解けるのも早いですね。
お帰りになるクルマも一緒でもう一つ共通点がありましたネ。

Posted by Kaz

« KFM2009 パート4 | トップページ | カナイ設計さんの工房を来訪 »

シーカヤック ツーリング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183922/46578664

この記事へのトラックバック一覧です: 091024 スキルアップ・ツーリング:

« KFM2009 パート4 | トップページ | カナイ設計さんの工房を来訪 »

●イベント・スケジュール●

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31