« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/31

091031 本年度の5本の指に入るベストカヤッキング・ツーリング!

Img_7700

今日のツアーは絶好のカヤッキング日和!
本年度のベスト5に入るような好条件でしたね!

今回は何回かカヤック経験があるものの、経験が初心者以上、でもまだカヤッカー未満という方にベストマッチなツーリングを企画!
「ある程度の距離を漕げる様になりたい!」という方には最適な“ワンウェイ・ツーリング”をご案内してみました。

続きを読む "091031 本年度の5本の指に入るベストカヤッキング・ツーリング!" »

2009/10/30

業務連絡

明日CFに参加予定の方々、マイドンブリをお忘れなく~!!

出艇時間に北の風が強そうなので、ホビー系や風に強い艇の方々は沖目で青物中心で、別働隊は比較的浅いポイントにて、カワハギ、イイダコ、アオリ、カサゴ、メバルなど狙って下さい。

自分とKちゃんは今晩より現地に赴く予定です。

それでは、よろしくお願いします~★

業務連絡

明日CFに参加予定の方々、マイドンブリをお忘れなく~!!

出艇時間に北の風が強そうなので、ホビー系や風に強い艇の方々は沖目で青物中心で、別働隊は比較的浅いポイントにて、カワハギ、イイダコ、アオリ、カサゴ、メバルなど狙って下さい。

自分とKちゃんは今晩より現地に赴く予定です。

それでは、よろしくお願いします~★

NEW Moken モーケン 2010モデル

アメリカのカヤック雑誌に紹介されてたフィールフリーのニューモーケン12。

コロナやニュームーブに使われてた、後部タイヤになり、フロントハッチがネットになりました。
標準装備だったラダーが無くなりと大幅な変更。 サイズが12フィートということなので、現行モデルの12フィートモデルということでしょうか?

プロトタイプがサウスウインドに入ってきました。興味のある方は是非。ただし価格やその他は未定なのでご了承クダサイ。

Pict0023 Pict0024 Pict0025   



 

ゴテゴテし過ぎてる感がある、現行モデルよりスッキリしてる感はありますね。
ちなみに実重(体重計に乗り、担いで測る)は27kg・・・・持てないことは無いけど、フェニックスに慣れた身体にはとても重く感じましたヾ(.;.;゚Д゚)ノ

Pict0026 Pict0027 Pict0028   



センターコンソールも装備、魚探も設置し易いように前部にマウントを取り付ける場所が、しかもバッテリーをフロントハッチに固定する場所もあり、電源コードを通す穴もある。
難を言えば、一番取り付けたいセンターコンソールにベースマウントを取り付けられないし、ベースマウント用の場所も離れすぎてるなあ。というのが実感。惜しいなあ~

あとは、実際海上で乗ってみないと分かりません。

さて、ターポン120の追撃が出来るか?楽しみであります。

NEW Moken モーケン 2010モデル

アメリカのカヤック雑誌に紹介されてたフィールフリーのニューモーケン12。

コロナやニュームーブに使われてた、後部タイヤになり、フロントハッチがネットになりました。
標準装備だったラダーが無くなりと大幅な変更。 サイズが12フィートということなので、現行モデルの12フィートモデルということでしょうか?

プロトタイプがサウスウインドに入ってきました。興味のある方は是非。ただし価格やその他は未定なのでご了承クダサイ。

Pict0023 Pict0024 Pict0025   



 

ゴテゴテし過ぎてる感がある、現行モデルよりスッキリしてる感はありますね。
ちなみに実重(体重計に乗り、担いで測る)は27kg・・・・持てないことは無いけど、フェニックスに慣れた身体にはとても重く感じましたヾ(.;.;゚Д゚)ノ

Pict0026 Pict0027 Pict0028   



センターコンソールも装備、魚探も設置し易いように前部にマウントを取り付ける場所が、しかもバッテリーをフロントハッチに固定する場所もあり、電源コードを通す穴もある。
難を言えば、一番取り付けたいセンターコンソールにベースマウントを取り付けられないし、ベースマウント用の場所も離れすぎてるなあ。というのが実感。惜しいなあ~

あとは、実際海上で乗ってみないと分かりません。

さて、ターポン120の追撃が出来るか?楽しみであります。

2009/10/29

釣れとるのぉ~

お休みだった昨日、終日買い物したり、週末の準備に勤しみました。

スタッフKAWAちゃんは、泥酔の某店長を乗せ厚木経由で長浜へ。
寝○ロ攻撃にも怯まず、果敢に若潮の海へ漕ぎ出した。

6時出艇、先週のぶぞうが撃沈したポイントでワカシ、イナダ、ショゴと5匹程釣り上げ、7時が下げ止まりだったらしく、9時にはアタリが無くなったそうです。

彼のスタイルは魚探無しなので、先週の自分と同じ状況。 言い訳出来まへんなあ~

開眼したなあ~ 

いいなあ~

行けばよかったなあ~

                  のぶぞう

釣れとるのぉ~

お休みだった昨日、終日買い物したり、週末の準備に勤しみました。

スタッフKAWAちゃんは、泥酔の某店長を乗せ厚木経由で長浜へ。
寝○ロ攻撃にも怯まず、果敢に若潮の海へ漕ぎ出した。

6時出艇、先週のぶぞうが撃沈したポイントでワカシ、イナダ、ショゴと5匹程釣り上げ、7時が下げ止まりだったらしく、9時にはアタリが無くなったそうです。

彼のスタイルは魚探無しなので、先週の自分と同じ状況。 言い訳出来まへんなあ~

開眼したなあ~ 

いいなあ~

行けばよかったなあ~

                  のぶぞう

るるぶ DO!

Pa294668_3

136号線を走っていると松崎町のマリンオートキャンプ場のピア101さんが見えます。
今日は何やら賑やかな感じなので道をそれてちょっと覗きに行ってみました。

続きを読む "るるぶ DO!" »

2009/10/27

カヤックフィッシングミーティング2009

018

今年も神奈川県三浦・和田長浜海岸にてカヤックフィッシングミーティングが行われました。
すぐに定員に達するお申込みを頂き、相変わらず盛り上がりをみせるカヤックフィッシングシーンです。

続きを読む "カヤックフィッシングミーティング2009" »

2009/10/26

釣れんのぉ~

無事にKFMが終わり、三日間海にいたにも関わらず浮かばなかったのでプチストレス。

むははは~と水曜日に早起きして行ってきました。

波は少し高いけど、風は微風。 土曜日にマッチョさんがワラサを釣り上げたので、ジギングと保険のカワハギタックルを積み込んで出艇。

全力で釣れたと思われるポイント付近に移動。

カワハギ狙いの遊漁船が何隻か浅場までやってきてます。
釣れてる様子は見えないですね~

ポイントにてジギング開始!! TIFAとリョーガの組み合わせは軽いので取り回しは楽なのですが巻き上げが73cmなんでハンドル回しがとても忙しくなります。

腱鞘炎になるぞ!!と言うぐらい回しに回しますがお触りすらありません。
ジグのカラーや形状を代えて試すも×

仕方なしにカワハギへ変更、昨年釣れた実績ポイントへ行くも、昨年と状況が代わっているのか場所が判らない・・・せめて魚探があればな~と思いつつも、それらしい近いポイントにて開始。
竿は竿樂製のオリジナル和竿っす!!!カワハギ、キス用にと作ってくれました(感謝感謝)

昨年同様、アタリはあるもののノセラレズ・・・トラギスやベラがよく釣れます~

毎回アタリがあるので飽きないのですが、つ・・・釣れん!!

これまで色んな雑誌や本を読んで人それぞれの釣り方があるとの事ですが、未だに判りません。
弛ませてピシピシやったり、バシっと合わせてみますが乗りません。

仕方ないので、無欲になり(これ重要)ゆっくりとシャクルのみでやっていると、ブルブルブルと強い引きが!!! 上がってきたのは肝パンパン23cmの良型の本命。嬉しい~★

落とすたびに反応があるので集まっている証拠!!と粘りますが、続きません。

なんとかもう一匹追加して終了。

改めてカワハギ釣りの難しさと面白さを実感しました。

肝はスペシャルな和えにして、お刺身と一緒に貪るように食べました、絶品です。

昨日、つり人天国さんへご挨拶へ伺った際、色々とアドバイスを貰いました!!
水の透明度によって錘の色を換えたりと色々と秘策があるようです。
さすが、競技性の高い釣りですね~奥が深いっす。

ちなみに、大会にて21匹釣ったKさん曰く、21匹釣るのに5倍近く外道を釣ったとの事。

なんとなく攻め方が見えてきました~★今年は狙いますよ~★

あ、ちなみにウエアはレイブンパンツにフラッドラッシュジップネックでした。

気温が15度前後ならドライスーツでも問題無いですね~ 20度を越えるようだと暑いです。

              のぶぞう

釣れんのぉ~

無事にKFMが終わり、三日間海にいたにも関わらず浮かばなかったのでプチストレス。

むははは~と水曜日に早起きして行ってきました。

波は少し高いけど、風は微風。 土曜日にマッチョさんがワラサを釣り上げたので、ジギングと保険のカワハギタックルを積み込んで出艇。

全力で釣れたと思われるポイント付近に移動。

カワハギ狙いの遊漁船が何隻か浅場までやってきてます。
釣れてる様子は見えないですね~

ポイントにてジギング開始!! TIFAとリョーガの組み合わせは軽いので取り回しは楽なのですが巻き上げが73cmなんでハンドル回しがとても忙しくなります。

腱鞘炎になるぞ!!と言うぐらい回しに回しますがお触りすらありません。
ジグのカラーや形状を代えて試すも×

仕方なしにカワハギへ変更、昨年釣れた実績ポイントへ行くも、昨年と状況が代わっているのか場所が判らない・・・せめて魚探があればな~と思いつつも、それらしい近いポイントにて開始。
竿は竿樂製のオリジナル和竿っす!!!カワハギ、キス用にと作ってくれました(感謝感謝)

昨年同様、アタリはあるもののノセラレズ・・・トラギスやベラがよく釣れます~

毎回アタリがあるので飽きないのですが、つ・・・釣れん!!

これまで色んな雑誌や本を読んで人それぞれの釣り方があるとの事ですが、未だに判りません。
弛ませてピシピシやったり、バシっと合わせてみますが乗りません。

仕方ないので、無欲になり(これ重要)ゆっくりとシャクルのみでやっていると、ブルブルブルと強い引きが!!! 上がってきたのは肝パンパン23cmの良型の本命。嬉しい~★

落とすたびに反応があるので集まっている証拠!!と粘りますが、続きません。

なんとかもう一匹追加して終了。

改めてカワハギ釣りの難しさと面白さを実感しました。

肝はスペシャルな和えにして、お刺身と一緒に貪るように食べました、絶品です。

昨日、つり人天国さんへご挨拶へ伺った際、色々とアドバイスを貰いました!!
水の透明度によって錘の色を換えたりと色々と秘策があるようです。
さすが、競技性の高い釣りですね~奥が深いっす。

ちなみに、大会にて21匹釣ったKさん曰く、21匹釣るのに5倍近く外道を釣ったとの事。

なんとなく攻め方が見えてきました~★今年は狙いますよ~★

あ、ちなみにウエアはレイブンパンツにフラッドラッシュジップネックでした。

気温が15度前後ならドライスーツでも問題無いですね~ 20度を越えるようだと暑いです。

              のぶぞう

秋シーバス開幕

朝のんびりしすぎ出艇のシーバスフィッシングを楽しんできました



場所はいつもの八景島
ジェットコースターの悲鳴が賑やかな場所です
朝10時現着(本当に遅いんです)ちなみに、この日の潮止まりは午後1時頃…3時間勝負です

準備をしてると、一人の陸っぱりアングラーが声を掛けてきました。

アングラー「朝、ものすっごいナブラでしたよ!イナダとシーバスが入り乱れてました」

俺「マジすか!やっぱ早起きしなきゃ駄目すね!反省」

まっ、そんな素敵な情報を頂き、いざ出艇!

久々の海はキモティー
この時期はベイトに着いてるやる気ありありな奴を狙うのが一番!

Sany0500
  



という訳で潮目チェック!

居ます居ますCawaii鰯ちゃんしかし全然釣れません

潮止まりまで、あと僅かヤバイ…

んっ…?

キタァ!

根がかりと間違う程の重たいアタリ!

こりゃデカイよー

エサをたーっぷり喰ってるからギュンギュン引く引くー!超楽しい

こんな時は小回りの利くMini-x   !!

サイコーに使いやすいス

上ってきたのはプリプリの72センチでした

Sany0485 Sany0487 Sany0496   




夕方のチャンスタイムをモノにしたかったけど、午後から用事があった為に、ここでタイムア―ップ!

片付けをしてると波打ち際でガボガボやっとりました

今度は朝から攻めます!
いやぁ良い季節になりましたなぁ

Sany0491 Sany0490  






        たかのっち

秋シーバス開幕

朝のんびりしすぎ出艇のシーバスフィッシングを楽しんできました



場所はいつもの八景島
ジェットコースターの悲鳴が賑やかな場所です
朝10時現着(本当に遅いんです)ちなみに、この日の潮止まりは午後1時頃…3時間勝負です

準備をしてると、一人の陸っぱりアングラーが声を掛けてきました。

アングラー「朝、ものすっごいナブラでしたよ!イナダとシーバスが入り乱れてました」

俺「マジすか!やっぱ早起きしなきゃ駄目すね!反省」

まっ、そんな素敵な情報を頂き、いざ出艇!

久々の海はキモティー
この時期はベイトに着いてるやる気ありありな奴を狙うのが一番!

Sany0500
  



という訳で潮目チェック!

居ます居ますCawaii鰯ちゃんしかし全然釣れません

潮止まりまで、あと僅かヤバイ…

んっ…?

キタァ!

根がかりと間違う程の重たいアタリ!

こりゃデカイよー

エサをたーっぷり喰ってるからギュンギュン引く引くー!超楽しい

こんな時は小回りの利くMini-x   !!

サイコーに使いやすいス

上ってきたのはプリプリの72センチでした

Sany0485 Sany0487 Sany0496   




夕方のチャンスタイムをモノにしたかったけど、午後から用事があった為に、ここでタイムア―ップ!

片付けをしてると波打ち際でガボガボやっとりました

今度は朝から攻めます!
いやぁ良い季節になりましたなぁ

Sany0491 Sany0490  






        たかのっち

2009/10/25

カナイ設計さんの工房を来訪

035

鎌倉・七里ガ浜にあるウッドスモールボートの工房。
こちらをを開いて15年になるそうです。
キットでの販売や、この工房で完成されて旅立っていった艇は今も全国各地の海や湖に浮いているのでしょう。

続きを読む "カナイ設計さんの工房を来訪" »

2009/10/24

091024 スキルアップ・ツーリング

Img_7623 本日は天候が良くありませんが5艇でツーリングに出かけます。
ゲストの4名二組には色々と共通点があります。

続きを読む "091024 スキルアップ・ツーリング" »

2009/10/22

KFM2009 パート4

賞品がほどなく行き渡ったので、恒例のジャンケンによるルアー争奪戦!!
と、その前にマリブカヤックスオーナー限定のオリジナルステッカーの争奪戦!!
見事ゲッツは江水さん!!
Imgp5203_2 Imgp5205_3 Imgp5206_2   

   

晴天の中、ジャーンケンの掛け声に合わせて死闘が繰り広げられます。
勝ち残った人達が好きなルアーを3個づつ持ち帰ります。
Imgp5219 Imgp5220 Imgp5221


  

Imgp5223 Imgp5225 Imgp5232   


 

Imgp5234 Imgp5235 Imgp5233   



 

なんとか無事に奪い終わり。締めの挨拶をしてもらいます。
Imgp5237 Sany0300  






 

皆で記念撮影をします!!
Imgp5239 Sany0444 Sany0302  



 

Sany0305Imgp2646 Imgp5241


 

Imgp2647 Imgp2648 Imgp2649   



 

皆様お疲れ様でした!!

このミーティングで新しい繋がりが出来ると嬉しいですね。
皆で長くカヤックフィッシングが楽しめるように繋がって行きましょう★

今回協賛してくださったメーカーさま、ありがとうございました。

○茅ヶ崎サザンビーチサーフハウスさま
○ボーンアートBOAさま
○竿樂さま
○b-b-mさま
○カーメイトさま
○ルアーショップFUNさま
○リトルプレゼンツさま
○鈴春工業さま
○つり人天国さま
○自然山通信さま
○舵社さま
○爆釣チャンネルさま
○ガンプ・くらげ商店さま
○サウスウインド南伊豆店村石さま
○サウスウインドさま
○たかのっちさま
○ジャズさま
○ハヤブサさま
○エフテックさま
○ラパラジャパンさま
○サンヨーナイロンさま
○マルキューさま
○SDデザインさま

協力して下さった方々ありがとうございました。

○ウインドスターさま(チャーリー店長)
○三浦ふれあいの村さま
○TEAM KEさま
○財団法人かながわ海岸美化財団さま
○SWKFC(サウスウインドカヤックフィッシング倶楽部)

他、スタッフとして前日より設営を手伝ってくれた方々ありがとうございます。
(打ち上げしましょう~★)

皆様の協力なくしては出来ないミーティングです。
本当にありがとうございました。
happy01

                    のぶぞう




KFM2009 パート4

賞品がほどなく行き渡ったので、恒例のジャンケンによるルアー争奪戦!!
と、その前にマリブカヤックスオーナー限定のオリジナルステッカーの争奪戦!!
見事ゲッツは江水さん!!
Imgp5203_2 Imgp5205_3 Imgp5206_2   

   

晴天の中、ジャーンケンの掛け声に合わせて死闘が繰り広げられます。
勝ち残った人達が好きなルアーを3個づつ持ち帰ります。
Imgp5219 Imgp5220 Imgp5221


  

Imgp5223 Imgp5225 Imgp5232   


 

Imgp5234 Imgp5235 Imgp5233   



 

なんとか無事に奪い終わり。締めの挨拶をしてもらいます。
Imgp5237 Sany0300  






 

皆で記念撮影をします!!
Imgp5239 Sany0444 Sany0302  



 

Sany0305Imgp2646 Imgp5241


 

Imgp2647 Imgp2648 Imgp2649   



 

皆様お疲れ様でした!!

このミーティングで新しい繋がりが出来ると嬉しいですね。
皆で長くカヤックフィッシングが楽しめるように繋がって行きましょう★

今回協賛してくださったメーカーさま、ありがとうございました。

○茅ヶ崎サザンビーチサーフハウスさま
○ボーンアートBOAさま
○竿樂さま
○b-b-mさま
○カーメイトさま
○ルアーショップFUNさま
○リトルプレゼンツさま
○鈴春工業さま
○つり人天国さま
○自然山通信さま
○舵社さま
○爆釣チャンネルさま
○ガンプ・くらげ商店さま
○サウスウインド南伊豆店村石さま
○サウスウインドさま
○たかのっちさま
○ジャズさま
○ハヤブサさま
○エフテックさま
○ラパラジャパンさま
○サンヨーナイロンさま
○マルキューさま
○SDデザインさま

協力して下さった方々ありがとうございました。

○ウインドスターさま(チャーリー店長)
○三浦ふれあいの村さま
○TEAM KEさま
○財団法人かながわ海岸美化財団さま
○SWKFC(サウスウインドカヤックフィッシング倶楽部)

他、スタッフとして前日より設営を手伝ってくれた方々ありがとうございます。
(打ち上げしましょう~★)

皆様の協力なくしては出来ないミーティングです。
本当にありがとうございました。
happy01

                    のぶぞう




KFM2009 当日パート3

ウエインが続きます。

Imgp2331 Imgp2342 Imgp2343   


 

Imgp2335 Imgp2338 Imgp2346

 

Imgp2347 Imgp2348   



南の風が次第に強くなってきました、浜にはカイトサーフィンの準備を始める人やウインドサーフィンを始める人達がチラホラ・・・

風が次第に強くなり、11時を越えたあたりから風速は4m前後に・・・釣には厳しい風です。

全員帰着を確認して、パトロール艇に連絡。

ビーチクリーンまでお昼休憩をしてもらいます。
おお、何やらTEAM KEのテントに長浜では珍しい人の列が・・・

Imgp2352 Imgp2353 Imgp2354


 

じゃ~~ん 本日の為に 豚汁を作って頂きました!!感謝感謝★めっさ美味しいです。 疲れた身体に染み入りますね~!!

Imgp5066 Sany0237 Sany0239

  


TEAM KEのBBQKINGぶりには頭がさがります・・・スペアリブに焼きおにぎりにミネストローフにetc

Imgp5069 Imgp5065 Imgp2349





さて、お腹も膨れた所でビーチクリーンの開始です。

毎度お世話になっている神奈川美化財団さんより清掃道具や軍手ビニールなどを用意して頂いております。午前中にも清掃活動があったので、浜は比較的キレイなので、駐車場や周りを念入りにやりました。台風後なので結構ゴミが多かったです。
Imgp5078  Imgp2358 Imgp5079



 

Sany0245Imgp5082Imgp2378



Imgp2365 Imgp2373 Imgp2410



Imgp2412 Imgp2416 Imgp2418



Imgp2421 Imgp2422 Imgp2380

  

Sany0437 Imgp5093Imgp2457







皆さんありがとうございました。 浜が一層キレイになりました!!
さて、いよいよお待ちかね表彰式と抽選会です!!

プレゼンターは急遽海谷イチローさんにお願いしました。
Sany0255


  

ファーストウエイン賞 居城さん ワカシ36cm 
Imgp5101


  

ブービーウエイン賞 松平さん カワハギ22cm
Imgp5103  



レディース賞 松下さん シイラ45cm
Sany0266


 

キッズ賞 桜井さん ワカシ38cm
Sany0264  



シイラ賞(ペンペン)
49cmで3名 遠藤さん、東尾さん、大井さん
ジャンケンで見事 賞品ゲッツしたのは大井さん
Imgp5104_2 Sany0262_2   



 

そして 青物賞 根魚賞 軟体賞の表彰です!!
のぶぞうも愛用してます、大真鯛が釣れるというBOAさんのネックレスが賞品です!!
Imgp5113  




 
 

プレゼンターは製作者のBOAさん

まずは軟体賞!!
唯一アオリ290gを上げました、小倉さん
Sany0268 Sany0269  



 

続いて根魚賞!!
渋い中、本命のカワハギを21匹釣り上げた、川添さん
Sany0271 Imgp5118  



 

最後に混戦が予想された青物賞!!
早々シーバス71cmを釣り上げた 保坂さん
Imgp5119 Sany0274   


 

そして、お楽しみ?抽選会です!! ビンゴによる抽選です!!
沢山の協賛を頂きましたありがとうございます!!

ビンゴを回してくれるのは みんぱぱ★
Imgp5122Imgp5193

  

 




以下喜びの表情と共にどうぞ!!
Imgp5125 Imgp5127Imgp5129




   

Imgp5128Imgp5130 Sany0282



  

パドルが欲しかった人にパドルが渡り、本日竿を折ってしまった人に竿が渡りと嬉しい悲鳴が続きます(笑)

Sany0283 Sany0284 Sany0285   


  

Sany0286 Sany0287Sany0288   



 

Sany0289 Sany0290Imgp5144





   

Imgp5146 Imgp5145

Imgp5147

Imgp5148







Imgp5203

Imgp5149 Imgp5150 Imgp5151 Imgp5152 Imgp5153Imgp5155 Imgp5157 Imgp5154

Imgp5161 Imgp5162 Imgp5163 Imgp5164 Imgp5165 Imgp5166 Imgp5167 Imgp5168 Imgp5169 Imgp5170 Imgp5171 Imgp5172 Imgp5173 Imgp5174 Imgp5175 Imgp5176 Imgp5177 Imgp5178 Imgp5179 Imgp5180 Imgp5181 Imgp5182 Imgp5183 Imgp5184 Imgp5185 Imgp5186 Imgp5187 Imgp5188 Imgp5189 Imgp5190 Imgp5191 Imgp5195 Imgp5196 Imgp5197 Imgp5198 Imgp5199 Imgp5200 Imgp5201

 

 

 

 

 

 

KFM2009 当日パート3

ウエインが続きます。

Imgp2331 Imgp2342 Imgp2343   


 

Imgp2335 Imgp2338 Imgp2346

 

Imgp2347 Imgp2348   



南の風が次第に強くなってきました、浜にはカイトサーフィンの準備を始める人やウインドサーフィンを始める人達がチラホラ・・・

風が次第に強くなり、11時を越えたあたりから風速は4m前後に・・・釣には厳しい風です。

全員帰着を確認して、パトロール艇に連絡。

ビーチクリーンまでお昼休憩をしてもらいます。
おお、何やらTEAM KEのテントに長浜では珍しい人の列が・・・

Imgp2352 Imgp2353 Imgp2354


 

じゃ~~ん 本日の為に 豚汁を作って頂きました!!感謝感謝★めっさ美味しいです。 疲れた身体に染み入りますね~!!

Imgp5066 Sany0237 Sany0239

  


TEAM KEのBBQKINGぶりには頭がさがります・・・スペアリブに焼きおにぎりにミネストローフにetc

Imgp5069 Imgp5065 Imgp2349





さて、お腹も膨れた所でビーチクリーンの開始です。

毎度お世話になっている神奈川美化財団さんより清掃道具や軍手ビニールなどを用意して頂いております。午前中にも清掃活動があったので、浜は比較的キレイなので、駐車場や周りを念入りにやりました。台風後なので結構ゴミが多かったです。
Imgp5078  Imgp2358 Imgp5079



 

Sany0245Imgp5082Imgp2378



Imgp2365 Imgp2373 Imgp2410



Imgp2412 Imgp2416 Imgp2418



Imgp2421 Imgp2422 Imgp2380

  

Sany0437 Imgp5093Imgp2457







皆さんありがとうございました。 浜が一層キレイになりました!!
さて、いよいよお待ちかね表彰式と抽選会です!!

プレゼンターは急遽海谷イチローさんにお願いしました。
Sany0255


  

ファーストウエイン賞 居城さん ワカシ36cm 
Imgp5101


  

ブービーウエイン賞 松平さん カワハギ22cm
Imgp5103  



レディース賞 松下さん シイラ45cm
Sany0266


 

キッズ賞 桜井さん ワカシ38cm
Sany0264  



シイラ賞(ペンペン)
49cmで3名 遠藤さん、東尾さん、大井さん
ジャンケンで見事 賞品ゲッツしたのは大井さん
Imgp5104_2 Sany0262_2   



 

そして 青物賞 根魚賞 軟体賞の表彰です!!
のぶぞうも愛用してます、大真鯛が釣れるというBOAさんのネックレスが賞品です!!
Imgp5113  




 
 

プレゼンターは製作者のBOAさん

まずは軟体賞!!
唯一アオリ290gを上げました、小倉さん
Sany0268 Sany0269  



 

続いて根魚賞!!
渋い中、本命のカワハギを21匹釣り上げた、川添さん
Sany0271 Imgp5118  



 

最後に混戦が予想された青物賞!!
早々シーバス71cmを釣り上げた 保坂さん
Imgp5119 Sany0274   


 

そして、お楽しみ?抽選会です!! ビンゴによる抽選です!!
沢山の協賛を頂きましたありがとうございます!!

ビンゴを回してくれるのは みんぱぱ★
Imgp5122Imgp5193

  

 




以下喜びの表情と共にどうぞ!!
Imgp5125 Imgp5127Imgp5129




   

Imgp5128Imgp5130 Sany0282



  

パドルが欲しかった人にパドルが渡り、本日竿を折ってしまった人に竿が渡りと嬉しい悲鳴が続きます(笑)

Sany0283 Sany0284 Sany0285   


  

Sany0286 Sany0287Sany0288   



 

Sany0289 Sany0290Imgp5144





   

Imgp5146 Imgp5145

Imgp5147

Imgp5148







Imgp5203

Imgp5149 Imgp5150 Imgp5151 Imgp5152 Imgp5153Imgp5155 Imgp5157 Imgp5154

Imgp5161 Imgp5162 Imgp5163 Imgp5164 Imgp5165 Imgp5166 Imgp5167 Imgp5168 Imgp5169 Imgp5170 Imgp5171 Imgp5172 Imgp5173 Imgp5174 Imgp5175 Imgp5176 Imgp5177 Imgp5178 Imgp5179 Imgp5180 Imgp5181 Imgp5182 Imgp5183 Imgp5184 Imgp5185 Imgp5186 Imgp5187 Imgp5188 Imgp5189 Imgp5190 Imgp5191 Imgp5195 Imgp5196 Imgp5197 Imgp5198 Imgp5199 Imgp5200 Imgp5201

 

 

 

 

 

 

091022 文句無の高級魚フィッシング・ツアー!

Img_7543 Img_7542

いつも長野県から足繁く南伊豆通いをしてくれているSZさん!
ジギング専門なだけにこの時期は早く来たくてしょうがなかったようです。
当ブログもいつも見て下さっており、参加者の釣果に歯軋りしていたとか?(笑)

既に何回も参加して頂いているので今日はいつもと違うところに行きたいとのリクエスト。
鉄板ポイントでは既に釣果を上げていますからね。
より水深のある場所で大物狙いでいきますか!
少し遠いですが新たなるポイントを探しに釣行パドリング出発です!

SZさんの乗るX13に装備した魚探からは反応が無く、嫌な雰囲気が漂います。
中層に反応があった場所で落としてみますが手応え無し。

道中に魚探からは反応はありませんが潮目を見つけて落としてみます。
追いついたSZさんも「ここがいいの?」と落とし、巻き上げて来たところ海面までチェイスを確認!イナダかワカシのようだったとの事。
その直後、私のジグにも反応があったがフックまで至らず。
その後、反応が何も無くなってしまったので当初のポイントまで移動です。

今日の海況は波高2.5メートル後3メートルという予報。
東が7~9が吹くとの事。
実際当たっていたようです。
岸壁に当たる波は6メートル位の高さまで派手に白い波飛沫を上げていました。
短めのカヤックに乗った私と横浜店スタッフのよっしーは船酔い気味。
カヤックで初めて船酔いを経験してしまいました。

12時を過ぎてしまっているのでランチにしましょう。
上陸予定場所には凄い波が押し寄せています。
でも波の性質から強弱があるので上手くタイミングを読めば安全に着艇する事が出来ます。

先日、カヤックフィッシング大会を手伝いに長浜に行きましたが、その時の参加者達の着艇はまだまだ改善の余地があるようでした。
当日は腰下の波で決して大きな波ではない状況でしたが、カヤックアングラーはツーリング系カヤッカーよりスムーズな着艇を心掛けないとロッドを折ってしまいますからね。

着艇しようと波打ち際に到着したタイミングで後ろも振り返らずに着艇を強行してしまう人が多かったのが気になります。
降りる時に艇をまたいでしまう人や、立位置が適切でない人も多く、一考が必要でしょう。

着艇時に出艇してきた時よりも波が高くなってしまっていることはよくある事。
綺麗な砂浜ならまだしもゴロタ浜では人的、物的リスクも高まりますので着艇のスキルを磨く事はレスキューと同じくらい大事かもしれません。

波を読んで上手く着艇出来たSZさん。
着艇はキレイでしたが足を着いたら力が入らずヘナヘナと降り沈。(苦笑)
こればかりはしょうがないかも。
しばらく足を使っていなかったからいつものように立とうとしたものの、うまく立てなくてズッコケるのは最初の頃は良くある話。
パドリング時にフットレストに踏ん張るような漕ぎ方をしていないと起こし易いようです。
降りる前にフットレストに踏ん張って足に負荷を掛けて感覚を取り戻しておくと良いかも知れません。

Img_7550 Img_7549 Img_7548
▲無事着艇できました。        ▲釣りのゴミは我々で回収。         ▲収穫!ボロボロですが・・・

濡れてしまったSZさんが寒そうですね。
焚き火は起こすより後始末が大変なもの。
我々が来る前と同じ現状復帰が基本ですが、快適なランチを楽しむ為にも流れ着いた流木で暖を取る事にしましょう。


Img_7547 Img_7554
▲「暖かいねぇ~。」ウェアもすっかり乾いてました。    ▲アルパインエントリーで引き波に連れてって貰います。

焚き火が安定するまでいつもの様に周囲をビーチクリーン。
膨大な量ですから全部拾おうとしたら年内には終わりません。
いつも「今日はペットボトル」とか「缶・ビンのみ!」とテーマを決めて行います。
今日はカヤックフィッシングで来ているので釣り関係のゴミを集めましょう。
それにしても普段から釣り関係のゴミの多さには閉口してしまいます。
釣り餌の袋、仕掛けの袋、ロストしたウキや仕掛け・・・。
風で飛ばされてしまったりと過失の物もあるのでしょうがいかんせん数が多いのが気になります。

焚き火を囲んでの談笑は時間を忘れてしまいそうになります。
ついくつろぎ過ぎて遅くなってしまいそうになりますね。(笑)

午後も帰りながら釣行していきましょう。
相変わらず魚探に反応がありませんが気になる場所に落としてみます。
SZさんと横浜店よっしーも停まって釣りモードに。

SZさんの魚探で水深を見て貰うと予想よりちょっと深くて期待大!

そんな予想を裏切るように反応がなく静かな時が過ぎていた時によっしーがその均衡を破ります。
当初は根掛だと思って内密に処理しようと思っていた様ですが明らかにサカナの反応を感じ取って我々にアピール!

非力な彼女ではリールを巻く手もゴクンゴクンとスムーズに巻けません。
「ヒー!」だの「ギャー!」だの騒ぎながら上げてみれば42センチのまさかのマハタ!?

使用タックルは“bass bomber”というロッドにノーブランドの#3000クラスのスピニングリールという釣具量販店でありがちなセット売りの様なシロモノ。
先ほど「ジグ何か貸して~。」と寄って来て適当に選んで持っていった28gの青/銀のジグで釣っちゃってます・・・。

Img_7558 Img_7564

そんな様子を目の当たりにして俄然やる気満々のSZさん!
再び釣りモード突入したと思ったらすぐに「キタァー!!」との雄たけび!
上げてみれば見事なマダイ!

Img_7566

聞けば今日の日の為に鯛ラバを買って来たそうです。
初めて落としてタダ巻きをしていたらガツンと来たそうで、こんな簡単に釣っちゃっていいんでしょーか?(苦笑)

Img_7568 Img_7571
 ▲釣果よりもヤリトリを楽しむ事が目的のSZさんは嬉しそう。        ▲文句無しの高級魚コンビ!

サウスウインド南伊豆店のカヤックフィッシング体験ツアーは乗合船の様に釣らせるのが目的ではなく、「カヤックで釣りをやってみたい。」「自分のフィッシングスタイルにカヤックを取り入れてみようか考えている。」といった人を対象に実際に経験してもらう為に企画されたものですがやはり実際に釣果も伴うと嬉しいですよね。

Img_7578 Img_7580 Img_7581

遠くまで漕いできてしまいましたが釣果もあれば疲れも吹っ飛びます。
キレイな夕日を眺めながら子浦まで戻りましょう。

Posted by Kaz

2009/10/21

091021 バースディカヤッキング・ツーリング!

Img_7434 地元、南伊豆在住のA子さんはカヤックを自身の趣味に加えてから地道にスキルを重ねております。
観光業なので夏場はお休みが取れずカヤッキングはオフシーズン。
でも乗れるときは積極的に参加してくれています!

Img_7424 Img_7426 Img_7438
  ▲もう出艇も1人で。   ▲「イセエビ大好きー!」抜け殻ですが・・・。      ▲久々のソロ漕ぎを満喫中

A子さんのトレードマークとなった桃の焼印の入った塩島パドルで漕ぎ出します。
じきじきに塩島氏からレクチャーを受けたGパ漕ぎも少しブランクがあったので感じが戻らないようですね。
パドリングは身体に染み付いてしまうとなかなか忘れない反面、直すのが難しいですから今の時期はしっかりと確認しながら漕いだ方がいいでしょう。
腕だけで漕いでいると長距離漕ぎは疲れてしまいますからね!

Img_7442 Img_7444 Img_7448
▲頑張りましたネ!怖かったですか?    ▲いつも自発的にビーチクリーン        ▲温かい物が喜ばれます。

パドリング中にもA子さんの携帯になにやらメールの着信が頻繁に。
「今日は私の誕生日なんですよ。」
どうやらおめでとうメッセージのメールのようです。
今日はバースディカヤッキングなんだということを告げられました。
「えー、そうだったんですか?おめでとうございます!」と知らなかったフリをする私。
ランチの後にささやかながらホットケーキを焼いてお祝いをします。
「ローソクはハロウィンのカボチャと仏壇用のとどっちが良いですか?」
「・・・カボチャのほうで。」と即答。
折角用意したけど屋外では風があってローソク消しはちょっと無理でしたね、残念。

Img_7455 Img_7458

スタートもちょっと遅れ、往路も少し時間が掛かって、ケーキ作りでお祝いもあったのでタイムスケジュールが大幅にずれ込んでしまいましたので少し急ぎましょう。
何回かのツーリングでA子さんはハンガーノックを起こしやすい体質の様で、行動食の携行をアドバイスしたところ、レーズンを用意していて午前中も小まめに摂取していましたが、しっかりと昼食を摂ったら元気が出たみたいですね。

復路ではペースが落ちることなく頑張って漕いでいます。
砕波帯でのコース取りなんかも覚えてもらえたでしょうか?
往路でも説明したのに自らリスクのあるところを通ろうとするなんて・・・。(怒)

Img_7476 Img_7477 Img_7507
 ▲結構ラフな海況でしたネ。      ▲疲れもなくなる景色のなかでマッタリ。   ▲お友達に写メを送るA子さん。

遅くなったのは偶然ですがこのサンセットパドリングがお誕生日プレゼントです。
ハッピ-バースディ!


Img_7533

Posted by Kaz

2009/10/20

KFM2009当日パート2

ほとんどのKFAが無事出艇、風も無く、ポカポカと気持ちのいい秋の陽気。

事前に宣言したファーストウエイン賞を待ちます!!
エソやベラでも釣って意気揚々と戻ってきたら「却下ぁあああ~!!」と叫んでやろうと思ってました。30分ほど経過して戻ってきたのはIさん!!先日買い換えたばかりのピカピカの新艇で意気揚々と戻ってきました。エソか?ベラか?ネンブツダイか?と思いきや、ワカシ!!「ぐむむむ、認めます・・・」その後、自身の携帯に直接 「誰かウエインしたのか?」と問いかけるツワモノも・・・∑(゚∇゚|||)

その後、ウエインか?と思わせる、浜近くまで来て釣りを始めるというKFAがちらほら。

そんな中、レンタルで出艇した、協賛メーカーのRV-INNOのHさんが満面の笑みで帰還。シーバスを釣ってリリースしたいので計量せよ!!との事。波打ち際まで走ってみれば、見事なシーバスが!!(゚ロ゚屮)屮 サイズは見事71cm☆素晴らしい~!!カヤックフィッシングに情熱を注いでくれているメーカーさんなんで嬉しいですね、空気は微妙ですが・・・
Sany0405  

  

沖のスタッフからの連絡では、軒並みペンペンばかり・・・渋いとの事。前日の釣れたワラサは何処?計量が大忙しという目測は外れた。海の上は凪のようですな。スタッフは待つのみ。
Imgp5038 Imgp5035 Sany0411



開始から二時間経つと浜上がりする人がチラホラ。あまりに釣れないのでギブアップする人も・・・静岡から参加したKブラザース(駿河湾横断が趣味)のタンデムSany0415が帰還、レディース初となるペンペンを計量☆
Sany0416 Sany0417

 

 

Sany0418 Sany0419 Sany0420   



潮が止まっていて、透明度が高すぎて釣れん!!!との事。
うう、昨年のイカ祭りは何処へ・・・・この時期にペンペンって、計量に持ってくるペンペンのサイズは40cm前後、47、48、49と1cmの争いが続いた・・・
軟体は唯一のアオリ290gがやってきた、底モノはエソがキター!!イイのかな?
Imgp5053 Imgp5054






終了時間が近づくにつれ、計量が増えてきた、本命のカワハギの計量が増えてきた

Sany0434 Sany0432 Sany0433  


 

ついに17枚の大台、怒涛の21枚の名人も・・・

Sany0228 Sany0229 Imgp5042  

 

TEAM KEのKちゃんはしっかりワカシ二枚と真鯛!!

Imgp5044 Imgp5045_2 Imgp5043   

本部テント横にはSSHさんのテント、TEAM KEの炊き出部隊テント、カーメイトさんのパラソルなど賑やかになっておりました。竿樂さんの和竿☆ ボーンアートBOAさんのボーンネックレスが素敵です!! 

Imgp5052 Imgp5048 Imgp5050

Sany0413_2 Sany0425 Sany0230

KFM2009当日パート2

ほとんどのKFAが無事出艇、風も無く、ポカポカと気持ちのいい秋の陽気。

事前に宣言したファーストウエイン賞を待ちます!!
エソやベラでも釣って意気揚々と戻ってきたら「却下ぁあああ~!!」と叫んでやろうと思ってました。30分ほど経過して戻ってきたのはIさん!!先日買い換えたばかりのピカピカの新艇で意気揚々と戻ってきました。エソか?ベラか?ネンブツダイか?と思いきや、ワカシ!!「ぐむむむ、認めます・・・」その後、自身の携帯に直接 「誰かウエインしたのか?」と問いかけるツワモノも・・・∑(゚∇゚|||)

その後、ウエインか?と思わせる、浜近くまで来て釣りを始めるというKFAがちらほら。

そんな中、レンタルで出艇した、協賛メーカーのRV-INNOのHさんが満面の笑みで帰還。シーバスを釣ってリリースしたいので計量せよ!!との事。波打ち際まで走ってみれば、見事なシーバスが!!(゚ロ゚屮)屮 サイズは見事71cm☆素晴らしい~!!カヤックフィッシングに情熱を注いでくれているメーカーさんなんで嬉しいですね、空気は微妙ですが・・・
Sany0405  

  

沖のスタッフからの連絡では、軒並みペンペンばかり・・・渋いとの事。前日の釣れたワラサは何処?計量が大忙しという目測は外れた。海の上は凪のようですな。スタッフは待つのみ。
Imgp5038 Imgp5035 Sany0411



開始から二時間経つと浜上がりする人がチラホラ。あまりに釣れないのでギブアップする人も・・・静岡から参加したKブラザース(駿河湾横断が趣味)のタンデムSany0415が帰還、レディース初となるペンペンを計量☆
Sany0416 Sany0417

 

 

Sany0418 Sany0419 Sany0420   



潮が止まっていて、透明度が高すぎて釣れん!!!との事。
うう、昨年のイカ祭りは何処へ・・・・この時期にペンペンって、計量に持ってくるペンペンのサイズは40cm前後、47、48、49と1cmの争いが続いた・・・
軟体は唯一のアオリ290gがやってきた、底モノはエソがキター!!イイのかな?
Imgp5053 Imgp5054






終了時間が近づくにつれ、計量が増えてきた、本命のカワハギの計量が増えてきた

Sany0434 Sany0432 Sany0433  


 

ついに17枚の大台、怒涛の21枚の名人も・・・

Sany0228 Sany0229 Imgp5042  

 

TEAM KEのKちゃんはしっかりワカシ二枚と真鯛!!

Imgp5044 Imgp5045_2 Imgp5043   

本部テント横にはSSHさんのテント、TEAM KEの炊き出部隊テント、カーメイトさんのパラソルなど賑やかになっておりました。竿樂さんの和竿☆ ボーンアートBOAさんのボーンネックレスが素敵です!! 

Imgp5052 Imgp5048 Imgp5050

Sany0413_2 Sany0425 Sany0230

KFM2009

KFM2009

KFM2009 当日

天気は快晴、風も波も無い。少し肌寒いが良好、午後から南の風が強くなる予報が心配なのと、台風によって運ばれた砂によるスタックが心配。

当日は3時過ぎに起きて、駐車場入口にてMさんと誘導、スタック回避と出艇場所の案内をする。以外に一般の人が多いので驚く。中には飲酒運転をしてたのか、手前で逃げるようにUターンをする車も・・・検問じゃないですから・・

白々と夜があけだす頃に続々とKFAがやってきた。

6時に三浦側の駐車場が空いたので四区車はそちらに移動してもらう、前日の仮設トイレ搬入時にトラックがスタックしてしまったので、普通車は無理と判断。同時に受付がスタート。
混乱するかな?と思われたが、二回目なので慣れたもの。スタッフの人達がテキパキとこなしてくれます。

Sany0389 Sany0390 Imgp4984

 

  

7時までにほぼ受付が完了。
Imgp4983 Imgp4985 Sany0194



  

開会式にて事前説明、開会式の最中にも目の前でベイトが飛び跳ねている・・・・
う、投げたら届く距離だな~
石田さんの開会宣言後、スタッフ艇が出艇。
Sany0197 Sany0201 Imgp5011




で、少し間を置いてスタート!! いつ見ても壮観である。
インフルエンザの影響でキャンセルした人もちらほら、それでも60艇前後のカヤックの一斉出艇は圧巻である、でもほぼ無音・・・環境に優しいなあ。

海上からの画です。
Sany0204 Sany0206 Sany0210  


  

Sany0211 Sany0214 Sany0216   


  
 

Sany0218 Sany0219 Sany0222   

  

Sany0223 Sany0224 Sany0226   

  

 

陸上から画です。
Imgp5017 Imgp5019 Imgp5020   

  

Imgp5023 Imgp5026 Imgp5027   

  

Sany0395 Sany0396  

Sany0400 Sany0401 Sany0403   



Imgp5027_2

   

なんとか、無事出艇。 
誰が一番最初に計量に来るのでしょうか?
少し余裕が出来たのでコーヒーを沸かしながら待ちます。

              つづく

KFM2009 当日

天気は快晴、風も波も無い。少し肌寒いが良好、午後から南の風が強くなる予報が心配なのと、台風によって運ばれた砂によるスタックが心配。

当日は3時過ぎに起きて、駐車場入口にてMさんと誘導、スタック回避と出艇場所の案内をする。以外に一般の人が多いので驚く。中には飲酒運転をしてたのか、手前で逃げるようにUターンをする車も・・・検問じゃないですから・・

白々と夜があけだす頃に続々とKFAがやってきた。

6時に三浦側の駐車場が空いたので四区車はそちらに移動してもらう、前日の仮設トイレ搬入時にトラックがスタックしてしまったので、普通車は無理と判断。同時に受付がスタート。
混乱するかな?と思われたが、二回目なので慣れたもの。スタッフの人達がテキパキとこなしてくれます。

Sany0389 Sany0390 Imgp4984

 

  

7時までにほぼ受付が完了。
Imgp4983 Imgp4985 Sany0194



  

開会式にて事前説明、開会式の最中にも目の前でベイトが飛び跳ねている・・・・
う、投げたら届く距離だな~
石田さんの開会宣言後、スタッフ艇が出艇。
Sany0197 Sany0201 Imgp5011




で、少し間を置いてスタート!! いつ見ても壮観である。
インフルエンザの影響でキャンセルした人もちらほら、それでも60艇前後のカヤックの一斉出艇は圧巻である、でもほぼ無音・・・環境に優しいなあ。

海上からの画です。
Sany0204 Sany0206 Sany0210  


  

Sany0211 Sany0214 Sany0216   


  
 

Sany0218 Sany0219 Sany0222   

  

Sany0223 Sany0224 Sany0226   

  

 

陸上から画です。
Imgp5017 Imgp5019 Imgp5020   

  

Imgp5023 Imgp5026 Imgp5027   

  

Sany0395 Sany0396  

Sany0400 Sany0401 Sany0403   



Imgp5027_2

   

なんとか、無事出艇。 
誰が一番最初に計量に来るのでしょうか?
少し余裕が出来たのでコーヒーを沸かしながら待ちます。

              つづく

2009/10/19

カヤックフィッシングミーティング 無事終了しました。

皆様お疲れ様でした。 

事故なく無事終了しました。 ありがとうございました。
参加人数75名 出艇数 68艇

いや~前日ワラサが釣れたので計量が大変だぞ。。などと話し合ってたのでしたが。。。
海はシイラ(ペンペン)ばかりで狙った獲物は厳しかったようです。

Sany0303 Sany0305   




それでは、後ほど詳細をアップします。

カヤックフィッシングミーティング 無事終了しました。

皆様お疲れ様でした。 

事故なく無事終了しました。 ありがとうございました。
参加人数75名 出艇数 68艇

いや~前日ワラサが釣れたので計量が大変だぞ。。などと話し合ってたのでしたが。。。
海はシイラ(ペンペン)ばかりで狙った獲物は厳しかったようです。

Sany0303 Sany0305   




それでは、後ほど詳細をアップします。

2009/10/17

花のおもてなし 南楽

伊豆急下田駅では旅館のバスが何台も停まっていて、宿の人がのぼりを持って宿泊のお客さんを送迎マイクロバスで迎えに来ている光景を見かけます。
その中の一台に下賀茂にある老舗旅館のひとつである「花のおもてなし 南楽」さんもあります。

Img_7354 Img_7375 Img_7377

南伊豆の温泉郷、下賀茂にある南楽さんに到着するとお出迎えを受けて館内に案内されます。
館内は古民具やらが置かれていて雰囲気作りのディスプレーかと思いきや、セトモノの湯たんぽ、杵臼など現役で使っている物ばかりでタイムスリップしてしまったかのような感覚。

植えられた木々や季節の花々、館内には塩釜、漬けられた果実酒のビンに囲炉裏端など目を引く物が多くフロントに辿り着くまで寄り道してみたくなってしまうことでしょう。

館内では女将さんをはじめ、庭の手入れをする人、ご案内する人などがそれぞれの受け持ちをしっかりとこなしテキパキとこなしているのにあわただしい感じは微塵も無く、ゆったりとした空間を作り出しています。

Img_7316 Img_7336
▲時計ではなく、日の傾きで時を知れれば充分な空間が待ってます。    ▲ 角を曲がるたびに発見がある館内。

館内にはそれぞれ趣向を凝らした大小様々なお風呂があるので温泉好きにはたまらないでしょう。
この旅館の中で温泉めぐりができてしまうんですから。

Img_7322 Img_7326
Img_7325_2 Img_7328 Img_7329

アヒルのいる池やハンドスパ、足湯を楽しめる庭園を抜けると里山をバックにした青野川に出ることが出来るので朝夕には周囲を散策してみてはいかがでしょう。

南伊豆の農水産物を販売している「湯ノ花」さんは散歩に丁度良い距離です。

緩やかな流れの青野川沿いの散歩はきっとリラックス出来るでしょう。

Img_7365 Img_7318 Img_7361
▲オリジナルの塩は絶品     ▲こちらの塩釜で釜で精製られています。      ▲お土産にぴったりな菓子。

伊豆と温泉をゆっくりとしむことができるから南楽さんなのでしょうかね。

Posted by Kaz

2009/10/16

091014 お花見カヤッキング予行練習?ツアー!

本日のゲストさんもリピーターさんです。
南伊豆に足繁く通われてもう○○年という伊豆ハードリピーターさんですが、ここ最近は南伊豆でのカヤッキングも伊豆遊びのレパートリーに加わって遊びの幅が広がったようですね。

ご主人が目が不自由ということもあって、前回は半日での体験シーカヤックツアーで妻良湾・子浦の海を楽しまれました。
思っている以上に楽しんで頂けたのでしょうか?今回の伊豆旅行でもカヤッキングをプランに加えおられたらしく早くから申込みを頂いておりました。

今回は1日ツアーをご希望です。
向上心旺盛な方なのでパドリングスキルも身に付けたいとお考えのようですし、勿論カヤッキングの魅力の真骨頂でもあるゆったりとした時間の流れを楽しみたいと思われているでしょう。

一人乗り艇でのカヤッキングなどいくつかのプランをご提案しましたが、その中から「青野川ダウンリバー~弓ヶ浜ツアー」に決定です。

それはいつも贔屓にされている南伊豆の老舗旅館「花のおもてなし 南楽」さんの脇を流れる青野川をシーカヤックでダウンリバー。
そしてこの時期の伊豆でのランチでは定番にされている伊勢海老フライ定食を楽しむ手石の「みだレストハウス」さんのある河口を目指し、毎年海水浴を楽しまれている弓ヶ浜海岸に着艇という、いつもの南伊豆旅行をギュッと凝縮したプラン。
「いつもの場所を違った角度から。」というのがコンセプト。
気に入って頂けるといいのですが・・・。

当初予定していた出艇場所は少々足場の悪い場所を歩かなくていけないので護岸の階段から直接アクセスできる場所に急遽変更。
そこで出艇の準備をしているとご主人の携帯に着信が。
我々の姿を見かけた通りかかった従業員さんのお話を聞いた南楽さんのおかみさんが心配になって連絡されてきたのでした。
当初聞いていた場所と違う場所に居た、という事で「何かあったのでは?」と心配されたみたいですね。

宿泊のお客さんの予定を把握していて、従業員さんと女将さんが情報を共有し旅館全体でおもてなしに努めているというのが伝わって来るエピソードです。
老舗の老舗たる所以は、美味しい食事、良いお風呂だけでなくこういった心配りの部分なのでしょうね。
電話での説明で安心された様子の女将さん。折角なのでお見送りに来てくれるそうです。
川沿いの遊歩道を着物姿で全力疾走の女将さん、なかなか見れる光景じゃありませんよ。(焦)

Img_7266_2 Img_7267 Img_7271
 ▲出艇前の記念撮影。女将さんも!    ▲久し振りなので先ずは練習練習。    ▲「行って来まーす!」

川を滑り出すとごく緩やかな流れによって海へと進んでいきます。
両岸が護岸工事でコンクリートで固められてはいるものの、その上には土手が広がり、この時期まだまだ緑色なので澄み渡った青空をいっそう引き立ててくれています。

南伊豆と下田を繋ぐ主要生活道路のすぐ裏手でいつも通っているはずなのに水の上からですと牧歌的で非日常のような感じを受けてしまうほど。

「こういう雰囲気もいいねぇー。」とシーカヤックの楽しみの方の広さを感じて貰えたようです。
「春には両脇が桜の花でいっぱいですよ。」と伝えると「是非参加したい!」と早くもご予約を頂いてしまいました。(笑)

Imgp5546 Imgp5554
 ▲今年4月の新緑のお花見カヤッキングの様子。          ▲河津桜とソメイヨシノで長い期間楽しめます。

朝のうちに降った雨が嘘のような晴天で気持ちよく下る我々の三艇。
釣に来られている方とも挨拶を交わします。
どうやらこの川の付近だけはここの流れのように時間の流れもゆっくりなようで、ポカポカと日向ぼっこしている釣人達が昼食を摂りながらのんびりと竿先を眺めています。

そんな風景を見ていたら我々もお腹が減ってしまいましたね。
そろそろランチにしましょうか。
土手に上がってピクニック気分ですね。

Img_7280 Img_7281 Img_7283
▲「美味しいね。」外で食べると尚更ですね。 ▲A子さん手作りのカボチャプリン  ▲さぁ、ゴールを目指しましょう。

Img_7286 Img_7290

係留された船も増えてきていよいよ弓ヶ浜が近くなってきたのがわかります。
そういった事も匂い等で分かるみたいですよ。
橋をくぐった時には「今、橋の下を通ったでしょう?」と分かるんですから凄いです。。。

両側が大きく開けて海が広がってきます。
ここまで来ると海のうねりがあるので途端にシーカヤッキングに移行していきます。

Img_7295 Img_7299 Img_7301

毎年、訪れる弓ヶ浜。
いつもはもっと早い泳げる時期に来られるそうですが、今年は忙しくこの時期にずれ込んでしまったようです。
ですが通いなれた弓ヶ浜にまさか海から来るなんて思ってもいなかったようで新鮮だったようですよ。(笑)

Img_7306 Img_7315
▲無事到着です!疲れました?(笑)      ▲南楽さんにも無事到着。源泉掛け流しのお風呂で癒してくださいね。

2009/10/15

091015 魚探反応無しなれど真鯛!

Img_7384

神奈川からお越しのマリブカヤックス社のX13乗りの男性は、サザンビーチハウスさんで初カヤッキングを経験されてから自艇を購入し、月に4~5回は浮いているという気合の入ったカヤッカーさんです。

「折角カヤックに乗っているんだから・・・。」と釣りも始められたそうですから有効活用していますね。
しかも主にジギング。 
ジギングの対象魚は食べて美味しいものが多いですから奥様にも喜ばれているようですよ。

先日、子浦を訪れたサザンビーチハウスマスターに話を聞いて妻良湾・子浦の海もホームフィールドに加えてみたいとお考えの様子。
その為に、地元のアウトフィッターのツアーに参加してローカルルールを学ぼう、という姿勢は大変ありがたいですね。

確かに妻良湾には二つの漁港があるので防波堤の出入りがイレギュラーですからネ。
仕事で海に出る人にとってはカヤックは浮いているだけで注意を払わなくてはいけない存在です。
そういった負担を最小限に留めるべくカヤッカー側も努力が必要でしょう。
低くて波間に隠れてしまうカヤックは動力船側から取ってみれば迷惑この上ない存在。
フラッグを掲げる、ズラズラと長い列で航路を横断しないなどカヤッカー側で出来る事は最大限努力するのは義務に近いものかも知れませんね。

Img_7403 Img_7390

今日は私もサウスウインド南伊豆店のデモ艇である白いX13で出撃!
集合場所で出艇場所でもある子浦区駐車場に運んでいくと白いX13が準備されています。
今日は“ホワイトX13コンビ”で釣行です!
腕試しで湾内でも航路を避けた位置で少し落としてみましょう。
湾の中でも実績のある場所です。
魚探にも反応はないし、落としたジグにも反応がないようです。
私は今頃船上でラインシステムを組んでいたりしていますが・・・。(滝汗)

準備完了!
それでは青物狙いで妻良湾を飛び出してみましょう!
実績のある場所までご案内しますよ!

・・・しかし湾を出てから魚探に何の反応もありません。
いまだかつてこんな日に遭遇した事は無く、一瞬でもピピピっとなっても良さそうなものなのに見事に無反応。
「あれ?水深を測るだけのモードなんてあったっけ?」と確認の為にモードボタンを押してしまう程。。。

反応は無いが実績のあるポイントで落としてみましょうか。
水深25~30のところで開始。
風は強いが潮が逆なので予想よりは艇が流されないで都合がいいのですが落としたジグはどんどん流され結構な角度を付けて落ちていきます。
ジャークしても有効に伝わっていない様子。

しょうがないのでフォールしながら真下に来る様な位置に両軸リールでキャスティングしなきゃなりません。  案の上、ライントラブルを起こしてしまいました・・・。

そんななかゲストにアタリがあったようです。
しかしながらスナップを引き伸ばされてバラしたそうです。
小さいスナップでもなかったし、伸びやすいストレートタイプの物ではなくフックを引っ掛けて留めるタイプ。
フックし、ヤリトリの時に緩めすぎていたドラグをきつく締め上げた途端にばらしてしまったそうです。残念。。。

その後もアタリは止んでしまったので上陸してランチ。
まったりとした食休みの時間を過ごして再び出撃です!

今度は本命ポイントにご案内しますよ!

しかし移動中にも魚探に反応が一切ナシ・・・。
この周辺のサカナは何処に行ってしまったんだ?
落としたジグにも当然のように反応がナシ・・・。

振り返ってみればジャークを繰り返しているゲストさん。
「連れて無いのかな?」と思ったけど、ロッドホルダーに刺してあった玉網がデッキ上に置かれています。
「?」と近寄ってみれば
「真鯛が釣れましたョ。」とのご報告! スゴーイ!

Img_7400

その後もアタリがあったそうですが、もまたしてもスナップを伸ばすほどの大物だったらしく本日2個目のジグロストだそうです・・・。

その後、夕方まで粘りましたが反応無く時間が過ぎていきます。
でもなんたって真鯛を釣り上げていますからね!
でも私的には青物が連れる場所にお連れしたのに“赤物”を釣られたので微妙な感じです。
こういったのも「外道」というのでしょうか?(笑)

最後の最後に私が小さいカマスを上げて終了。
しかし釣果よりもカヤッキングも楽しまれたみたいですね。
釣をするカヤッカーさん、子浦は気に入って頂けました?

今日は子浦の民宿・いすずはま荘さんにお泊りだそうですから明日も出撃ですね!Img_7414

Posted by Kaz

KFM2009 参加者の皆様 フラッグの着用と携帯電話

KFM参加者の皆様

各地にてローカルルールになりつつある、他船からの視認性が良くなるフラッグの取り付けと携帯電話を持っての参加をお願いします。 

フラッグに細かい規定はありませんが、目立つ!!を第一にお願いします。



KFM2009 駐車場及び出艇ポイント 各賞について

皆様お待たせしました。

駐車場の案内と出艇ポイントの詳細となります。

臨時駐車場の砂が凄いので、基本的に四輪駆動車が臨時側とし、普通車は県駐車場の奥から駐車するようにしたいと考えております。土曜日に多少砂を掻き出すようにします。

1015_2

 
 
 

今年も昨年同様、三部門でトップを決めさせていただきます。

①青物賞(シーバスを含む)

 最大サイズを計量します、リリースを前提とする場合は、都度計量しに戻って来て下さい。
 波打ち際までメジャーを持ってリリースし易いように致します。

②底モノ賞

 対象魚は底モノ系になります、キス、カワハギ、ハタ、カサゴ、アイナメ等々最大サイズとなります。
 (ベラ等食用以外は対象外とします)

③軟体賞 

 イカ、タコ など 一匹の重さで決めます。

④トップウエイン賞

 一番最初に釣り上げてウエインした人

⑤ブービーウエイン賞

 最後から二番目にウエインした人

計量は本部テント横になります。 

2009/10/14

台風の影響により、長浜と駐車場が酷いことに。

先日の台風の影響により、和田長浜駐車場はゴミが散乱、砂がかぶりフェンス際がえぐれ、漂流物が堆積しておりました。 どさくさに紛れてBBQのゴミを棄てていく輩も・・・

県の駐車場の廃棄したキャンピングカー周りは砂浜状態になっているので、4駆以外での駐車は止めておいた方がいいです。 日曜日に潜って出れなくなったアルファードをレスキューしました。

今週末に行われるKFM2009で使う予定だった、三浦側の駐車場は完全な砂浜状態になっており、普通車の駐車が出来ない状態となっております。 大型重機にて砂を退かさないとまともに使用できない状態なんですが、三浦ふれあいの村さんにお聞きした所、今週中に重機を使用する予定が立たないとの事で、大変ピンチな状態となっております。

前日入りして、スコップで動かせるだけ動かそうとおもっておりますが、2~3台のスペースが作れるかどうかという状態です。 当日誘導しますが、最悪普通車の方は右側の駐車場に入れてもらう可能性がありますので、事前認識の程、よろしくお願いします。

                                  のぶぞう

2009/10/13

091013 スパイスの効いたツーリング!

三島市からお越しのHM夫妻は西伊豆で初カヤッキングを経験されたそうです。
八月の末に初めてサウスウインド南伊豆店シーカヤックツアーにご参加頂いてから毎月コンスタントに参加頂いております。

先月に参加頂いてからは夏以降のカヤッキングに適したウェアの準備の為に横浜店にも来店して頂きました。
先月のツアーの時には横浜店スタッフのよっしーもご一緒させて頂いており、愉快で仲の良いHM夫妻の来店によっしーも大喜び!張り切って接客したそうですよ!(笑)

着まわしによって年間を通して長く使えるネオプレーンの上下をお勧めしたそうです。
重ね着等によってロングジョンと並んで、もしくはセパレーツなのでより対応期間は広いかもしれませんネ。
他のマリンスポーツよりも着ている時間が長いカヤックだけにトイレ等が便利という利点もあります。
夏のラッシュガード+短パンから冬期のフルドライスーツまで、年間を通して海に出ているよっしーからのアドバイスは参考にして頂けたと思います。
特に女性目線からの意見は貴重かもしれませんネ。

そんなお二人も妻良湾・子浦の体験シーカヤックツアーを経験されてから、湾を飛び出してのツーリングにもご参加頂いております。

向上心旺盛なお二人はブレース等のテクニック的な事も習得したいし、レスキューもマスターしたいそうです。ロールでのリカバリーも視野に入っているようですヨ。。。

本日の予報では西がちょっと吹きそうですね。
湾内なら吹き抜けの場所でちょっと頑張らないといけないですが充分可能だとは思いますが折角なので急遽遠征ツーリングに変更です。

Img_7211 Img_7214 Img_7216
 ▲出艇しまーす!        ▲「結構、風が強ーい!」ガンバレー!    ▲安全航行の為のフラッグ

黒船祭以来の下田の海。
黒船祭の一環としてシーカヤックツアーを行うに当たって各関係に挨拶と事前説明に行った時に遊覧船を運航する下田クルーズさん、遊漁船を出している下田ボートさんはフラッグを立てて航行している私達に気が付いて「目立っていていいよね。」とフラッグの装着に好意的でした。  今回もしっかり装着し、こちら側が他の船舶の航行に注意するのは勿論の事、我々自身も存在をアピールして安全航行を心掛けます。

結構、風が強く予報とは風向きも風速も若干違いが見られました。
ですが場所場所で風向きも強さも変わるものです。
横から受ける風によって直進を保つのに四苦八苦するお二人。
多くのカヤックに見られる「風見鶏現象」も実感して貰ったようですね。(苦笑)

Img_7228 Img_7229
  ▲風の強い場所もあれば風裏になる場所も有ります。            ▲秋晴れの空は抜けるような青さ

うねりが入って来ています。
外海は白波も立っていて決して良い状況とは言えません。
お二人に伺ったところ「怖くは無い。」そうなのでじゃあ出てみましょうか?

防波堤の近くまで来ると

こういうときは女性の方が大胆ですね。
度胸がすわっているのか?はたまた怖いもの知らずなのでしょうか?(笑)

Img_7231 Img_7232

向かい風に向かい波、波高2.5メートル程の波間にもまれながら何とか休憩地点まで到着!
その綺麗さに奥さんは大感激!!

Img_7235 Img_7238 Img_7249

我々だけのプライベートビーチと化した小さな小さな浜でランチを摂りながらしばし休憩。
あまりの綺麗さに「もっとここにいたい。」と若干1名がダダをこね始めたのでなだめすかして往路漕ぎに促します。

「また今度ココに連れてきて下さいね。」とリクエストを頂きましたが「そりゃーお易い御用ですが、まだまだ綺麗なトコロがいーっぱい有りますけど・・・。」との返事にワクワクしちゃったみたいですョ。。。(笑)

帰りはほぼ真後ろからの追い風追い波です。
勿論向かい風より漕ぐのは楽ですが、進路を保てなかったりと、また違った難しさがあります。
どんどん押されて進んでしまうので狭い防波堤の隙間に入っていくのには進路取りが重要。 
そんな角度で進入していったら大きな波でテトラポッドに打ち付けられちゃいますよー!
バック漕ぎ&Uターンしてやり直しー!

お2人とも今日はカヤックは風に弱いというのを嫌と言うほど実感して貰えたようです。
長期的には自艇でお二人でのツーリングと言うのも視野に入れられているようですから、「今日は貴重な経験が出来た!」と実に前向き。

Img_7262 Img_7263

無事帰って来れましたね!

お疲れ様でした!!



Posted by Kaz

2009/10/12

10月だってシュノーケリングツアー!

  Img_7209

スカーっと晴れ渡った秋晴れの妻良湾・子浦の海。

カヤッキングに最も適したシーズン到来です。

初めての方、数回の経験が有る人、自艇での参加の方と色々です。

Img_7059 Img_7094 Img_7092

初めての方は「カヤックに乗ってみたい!」と思うものの、細長いカヤックは丸太のようにコロコロ転んでしまうんでは?と不安もあるみたいですね。

実際に乗ってみるとグラグラっと感じて怖いと思ってしまうかもしれませんが、カヤックは傾けて乗る事もあるので、ある程度は横に揺れてしまうものです。
でも復元力もありますし、慣れてくればある程度の角度でピタっと止まってくれるのを感じれるものですからご安心を。
平たいとはいえ長さに対して圧倒的に幅の狭さを感じてしまうシットオンタイプのカヤックに至っては倒す事の方が難しい、と実感してもらえるでしょう。

今日初めてカヤックに乗る人は陸上での講習を終えていよいよ海に出る!という時は期待と不安で緊張しちゃっているみたいですね。
水に浮かんだカヤックにまたがり,片足ずつコクピット中に入れるときは顔がこわばる人もいますが、船底に有るシートにお尻が着くと重心が低くなって途端に安定します。

グラグラしたとしても上体を安定させておけば「起き上がり小法師」のように中立を保とうとしてくれるのを実感し、漕ぎ出して5分もしないうちに笑顔で「気持ちいいーッ!」を連呼しながらスイスイと漕ぎ進んでいきます。

Img_7065 Img_7066 Img_7067 Img_7069_2 Img_7070_2 Img_7070_3 Img_7072 Img_7075 Img_7083

画像のような狭い場所だって初めて乗って15分ぐらいで楽々と通れるぐらいに簡単に操る事ができるのがカヤック。
でも私の周囲の人はカヤック歴○○年という人が沢山いますので簡単なのもカヤックですが奥が深い、というのもカヤックの魅力でしょうネ。

今日は10月中旬とはいえ温かい日!条件さえ揃えばフルウェットスーツを着なくてもシュノーケリングできるのが伊豆! 
多くの参加者もシュノーケル、マスク、フィンを持参ですから皆さん気合が入ってます!!

とはいえ海水温は低くないのはいつもの事。 
「寒い!」と感じてしまうのは海から出て濡れた身体に風が当たって体温を奪われてしまう時。  
それに対する準備が出来ていればまだまだ熱帯の地方からやって来たカラフルな季節来遊魚達が楽しませてくれます。

待ちきれなくてランチ前にもドボーンと潜ってしまう人も!

Img_7109 Img_7120_2 Img_7122

でもカヤッキングもエクササイズですから栄養補給は大事。 
スタミナと関係してきますので午後の漕ぎにも影響がでて来ますからここはしっかりと。しかも美味しい方がいいですよね!  
子浦の民宿いすずはま荘さんのお弁当で腹ごしらえ!
!
Img_7112 Img_7118

そしてランチの後はシュノーケリングタイム! 陸上にはカヤックだけが寂しそうにお留守番状態です。(汗)

Img_7166 Img_7129 Img_7161_2

この時期のシュノーケリングに対して事前に説明もしてあったので皆さんの準備は万端。
着替えたり、タオルで拭いて風に当たらないように上着を羽織ったりして対応したので快適でしたね。

すこし身体を温める為に午後の漕ぎに出かけましょう!
シュノーケリングも楽しそうでしたがやはり皆さんのお目当てはカヤッキング。
上手くなればなるほど楽しくなるのがカヤック。
競争したり、水の掛け合いッコまで出来る様になって楽しそうです。

Img_7194 Img_7197 Img_7201_2 Img_7203

いっぱい遊びましたね!
あとはクラブハウスのシャワーでサッパリして下さい。
「やはり温泉は外せない!」というグループは南伊豆町営の温泉「銀の湯」さんに向かったようです。すぐ近くですからまた戻ってから片付けに来るようですよ。(笑)

「皆さんがまた乗りに来ます!」と言ってくれるのが一番嬉しいですね!

Img_7207

Posted by Kaz

 

2009/10/09

台風18号通過

Pa084358
九月のシルバーウィーク前に発生した台風。
参加申込みを頂いていた方達の予定にも影響を及ぼし、申込みの日にちを後半にずらしたり、キャンセルしたりとお騒がせでしたが進路もズレて影響も無く初日から無事ツアー開催出来ました。

今回も18号の進路が懸念されていましたが直撃ながらも早目に通過。
前日7日から子浦住民は台風対策に大忙し。
海辺に住む人はもちろんの事、海に従事する人は深刻です。

サウスウインド南伊豆も艇庫のカヤックをロープで縛り、飛ばされないように対策。
ラックに入りきらない艇はクラブハウスの裏庭に平置きして備えます。
港の中の飲料水の自動販売機は以前、流されたそうな・・・。(滝汗)
クルマもクラブハウス前に避難させます。

貸しボート屋さんや漁師さん達の手漕ぎボートもそうそうと陸に揚げられて浜辺はスッキリ。

そんな準備あって被害は最小限だったと言えるでしょう。
それでも子浦漁港の防波堤を越える波が押し寄せアチコチに被害はでております。

漁具を仕舞う倉庫にはまともに波が当たって壁のサイディングが引き剥がされています。
クラブハウス前を流れる川も海への流れ込み部分の水門を閉めておいたら砂が押し寄せてきて開かなくなってしまい氾濫寸前・・・。  消防団の人達がポンプで汲み上げて海に流し込んでいます。
漁師さん達のサザエやエビを入れている生簀は流されてしまったようです。
バキバキに割れた残骸が五十鈴川河口に漂っていましたっけ。
波にゴロゴロと巻かれて死んでしまったカサゴも打ち上げられていたそうで、そちらは先客がお持ち帰りされたそうな。。。私はオヤビッチャを救出。
Pa084365 Pa084361 Img_7007

波止場のコンクリートが引き剥がされて、中の配線が切断されてしまったので常夜灯は当分は明かりが灯らないかも知れません。
防波堤に釣りに来る人は修理され次第、こちらで報告しますネ。

しかし、風とうねりは残っていますが雨雲を吹き飛ばしてくれて青空が広がり良い天気になってくれそうです!
連休はシュノーケリングが楽しめると良いのですが!

Img_7025

2009/10/08

半日ツアー開催中

               サウスウインド南伊豆店の半日シーカヤックツアー

連休最終日等に設定いたしております。
その他の日につきましてはお問い合わせ下さい。

サウスウインド南伊豆店シーカヤックツアーのメニューの中でも一番ポピュラーな妻良湾周遊ツアー。 その魅力を損なわないようにギュっと凝縮した内容でお届けする半日ツアー。
伊豆の旅行の最終日等、お帰りになる日にピッタリのプラン。
子浦の民宿や近隣ペンション、キャンプ場をチェックアウトした後、「どこかで食事してから、お土産買って・・・。」なんていつものパターンだけでは勿体無い!
最終日だってしっかり遊ばなきゃ!

「1日ツアーでは体力的に心配。」
「船酔いするタイプだから不安。」
「先ずはお試しでやってみたい。」
という方にもピッタリ!
気軽に参加できる半日ツアーで先ずはカヤックを経験してみましょう。

     ■参加料金

一人乗りシーカヤック  大人 \6000/人
                               子供 \5000/人(中学生以下)

2・3人乗りシーカヤック 大人\5000/人
               子供 \3000/人(中学生以下)

※税込み価格です。
※終了後にはクラブハウスのシャワー施設をご利用頂けます。
※ワンちゃんと一緒に楽しめます、。詳しくはお問い合わせ下さい。

※レンタル艇をご使用にならずに自艇での参加の場合は更にお安くなります。

一人乗りシーカヤック  大人 \4000/人
                               子供 \3000/人(中学生以下)

2・3人乗りシーカヤック 大人\3000/人
               子供 \2000/人(中学生以下)

         サウスウインド南伊豆店でシーカヤックツアー

               

富津シーバス大会2009 後半

前回のブログで大会半ばにして、帰途に着きました。

一番盛り上がる計量、ジャンケン大会などに参加出来ずに口惜しかったです。
日焼けしたスタッフから聞いた話では、ハリケーンの試乗も好評だったらしくホッとしてます。

その後の画像が届きましたので掲載します~★

Sany0054 Sany0064 Sany0082

 
  


スタート前までは変わらないっすね。

Sany0078 Sany0080Sany0084



 

Sany0087 Sany0092 Sany0094    

トップ計量のもっちさん!!

以下、続いてますね。

Sany0106 Sany0111 Sany0115



  

Sany0120 Sany0126 Sany0130


  


ウエインした人達は皆笑顔ですな~!!

Sany0152 Sany0154 Sany0156

  
  


あう、正面からの画が欲しい!!
と、潮が引いた海岸に続々と引き上げてきます。

Sany0140 Sany0145Sany0150   


 

天気も快晴、暑いほどだったそうです。

Sany0157 Sany0158 Sany0160   

 

 

表彰式の前にビーチクリーン!!結構なゴミが集まりましたね。

Sany0163 Sany0165 Sany0168  

   

 

Sany0188 Sany0196 Sany0190   



 

で、表彰式のようで、知ってる限りの情報では優勝チャンプの後輩さん、二位マッチョさん、三位の方(不明です、教えてください)

で、皆で集合写真をパチリ!!

Sany0201 Sany0202 Sany0204

  


そのまま、試乗会に突入のようです!!

Sany0205 Sany0212 Sany0214

 
 

なかなか、好評だったようです。
重量の重さがネックになってますからね、軽い艇は注目されます。

と、無事に終了。

参加者の皆様、関係者の皆様お疲れ様でした!!
試行錯誤の途中だと思いますが、とても良い大会だったと思います。
NHKさんの取材もあったので、認知度はぐっと上がるでしょう!!

実際に現地にいた訳ではないので、淡白な紹介になってしまいました。すみません。

カヤックフィッシングミーティング2009も海況に恵まれるといいなあ~

             のぶぞう

富津シーバス大会2009 後半

前回のブログで大会半ばにして、帰途に着きました。

一番盛り上がる計量、ジャンケン大会などに参加出来ずに口惜しかったです。
日焼けしたスタッフから聞いた話では、ハリケーンの試乗も好評だったらしくホッとしてます。

その後の画像が届きましたので掲載します~★

Sany0054 Sany0064 Sany0082

 
  


スタート前までは変わらないっすね。

Sany0078 Sany0080Sany0084



 

Sany0087 Sany0092 Sany0094    

トップ計量のもっちさん!!

以下、続いてますね。

Sany0106 Sany0111 Sany0115



  

Sany0120 Sany0126 Sany0130


  


ウエインした人達は皆笑顔ですな~!!

Sany0152 Sany0154 Sany0156

  
  


あう、正面からの画が欲しい!!
と、潮が引いた海岸に続々と引き上げてきます。

Sany0140 Sany0145Sany0150   


 

天気も快晴、暑いほどだったそうです。

Sany0157 Sany0158 Sany0160   

 

 

表彰式の前にビーチクリーン!!結構なゴミが集まりましたね。

Sany0163 Sany0165 Sany0168  

   

 

Sany0188 Sany0196 Sany0190   



 

で、表彰式のようで、知ってる限りの情報では優勝チャンプの後輩さん、二位マッチョさん、三位の方(不明です、教えてください)

で、皆で集合写真をパチリ!!

Sany0201 Sany0202 Sany0204

  


そのまま、試乗会に突入のようです!!

Sany0205 Sany0212 Sany0214

 
 

なかなか、好評だったようです。
重量の重さがネックになってますからね、軽い艇は注目されます。

と、無事に終了。

参加者の皆様、関係者の皆様お疲れ様でした!!
試行錯誤の途中だと思いますが、とても良い大会だったと思います。
NHKさんの取材もあったので、認知度はぐっと上がるでしょう!!

実際に現地にいた訳ではないので、淡白な紹介になってしまいました。すみません。

カヤックフィッシングミーティング2009も海況に恵まれるといいなあ~

             のぶぞう

2009/10/05

富津シーバス大会2009

富津シーバス大会2009開催!!!

昨年はパトロール隊として準備を進め、強風の為に中止となりました。
今年は、無事開催!!主催者及び関係者の皆様お疲れ様でした!!

深夜に横浜を出発、アクアラインを通り、一時間かからず木更津のFUNさん店横のコンビ二にて買出し、そこから30分弱で会場!!アクアラインを使うと近いですね~★

駐車場はカヤックを積んだ車でギッシリ。時間も時間なので寝てる筈なのに至る所で釣談義に華が咲いてる・・・・

このポイントはシーバスのウエイダーリングの有名ポイントで、遠浅で潮が早い。
常に風も強いので、ウインドサーフィン、カイトサーフィンでも有名、ジェットスキーの人達もやってくるマリンスポーツのメッカでなのである。

シャローポイントという場所は浜名湖以外では初めてなので、潮が川のように流れ、波立つ迫力には驚いた。


4時過ぎ、本部テントが設営されたので、隣にテントを設営。試乗艇ハリケーンカヤックスを並べる。

Sany0215 Sany0218 Sany0220
  

  

薄暗くなってくると、参加KFAが艇を浜に並べ始め釣支度を始めた。

Sany0235 Sany0236 Sany0234   

 
   

いや~並んだカヤックの艤装の仕方は多種多様、勉強になるなあ~
艇庫用大型カートでお世話になってるO塚さんや、飲み会でお馴染みT辺さん!!
DVD撮影にてここで97cmを釣り上げたマッチョ副隊長。

Sany0238 Sany0239 Sany0232   

  

 

折角なので、フェニックス120の軽さをO塚さんに見せてもらいました。80オーバーのシーバスも素手クリップしてしまう怪人なので参考にならないかも(爆)

浜に並んだ艇をお互いに観察しつつ、準備を進めるKFA
地元のブルーグラスさん、地元と言いつつ、いつも違うポイントやっているとの事。

Sany0248 Sany0249 Sany0250

  

程なくして、開会式の案内があり、本部テント前に集合。
この日まで全精力を傾けてきたホエールさん、笑顔の下の疲労の色が隠せません・・・
う、KFMでは立場が同じなので分かりますよ~他人事じゃないっす・・(;´Д⊂
久しくお会いした中村軍曹も忙しそうでした。

Sany0254 Sany0258 Sany0260

  
  

Sany0261 Sany0262 Sany0264

  
  

集まっている最中にも沖に鳥山が立っていた。
ルールなどの説明が終わるとスタート!!

一斉に沖の鳥山が立った場所へ向かう。

Sany0271 Sany0270 Sany0273    

   

Sany0276 Sany0275 Sany0281

 
 

何度見ても壮観な風景だ!! 70艇あまりが音を立てずに海に漕ぎ出す様は素敵だ!!
早く出ても釣れるとは限らない、ノンビリと準備をするみんぱぱ&ノブ君。
Sany0307 Sany0306 Sany0310

  

折角なので、フェニックス140試乗。竿を持たずに出て行くが失敗・・・
目の前にシーバスいて、ルアーを投げないのは○○である。

最近何かと話題の超軽量シットオントップ、ハリケーンフェニックス140!!
重量も軽いのだが、素材がABSなのでツルツルしている。
漕ぎ出しも軽いけど、進む進む!! 抵抗が殆どないように滑るのだ。これでハルにマリンワックス掛けたら凄そうだあああ~!!!楽しい★シットオンなのに、漕ぎ感は完全にFRPです。ステッカーチューンしてオリジナルを作りたいなあ~!!

フェニックス130でKちゃん出艇!!軽い~!!

フェニックス120のG君を撮影、漕ぎ出すと早!!

Sany0282 Sany0286 Sany0289

 

 

開始して1時間、最初の獲物を運んできたのは、千葉のもっちさん!!!

43cm激渋の中の貴重な一匹!!

Sany0300Sany0302 Sany0303   

 と、ここで時間切れ、一旦横浜へ戻るのぶぞうでした。

帰りの道中、マッチョ副隊長からやった!!メールが・・・・写メールには見事なシーバスが・・

いいなあ~  つづく

富津シーバス大会2009

富津シーバス大会2009開催!!!

昨年はパトロール隊として準備を進め、強風の為に中止となりました。
今年は、無事開催!!主催者及び関係者の皆様お疲れ様でした!!

深夜に横浜を出発、アクアラインを通り、一時間かからず木更津のFUNさん店横のコンビ二にて買出し、そこから30分弱で会場!!アクアラインを使うと近いですね~★

駐車場はカヤックを積んだ車でギッシリ。時間も時間なので寝てる筈なのに至る所で釣談義に華が咲いてる・・・・

このポイントはシーバスのウエイダーリングの有名ポイントで、遠浅で潮が早い。
常に風も強いので、ウインドサーフィン、カイトサーフィンでも有名、ジェットスキーの人達もやってくるマリンスポーツのメッカでなのである。

シャローポイントという場所は浜名湖以外では初めてなので、潮が川のように流れ、波立つ迫力には驚いた。


4時過ぎ、本部テントが設営されたので、隣にテントを設営。試乗艇ハリケーンカヤックスを並べる。

Sany0215 Sany0218 Sany0220
  

  

薄暗くなってくると、参加KFAが艇を浜に並べ始め釣支度を始めた。

Sany0235 Sany0236 Sany0234   

 
   

いや~並んだカヤックの艤装の仕方は多種多様、勉強になるなあ~
艇庫用大型カートでお世話になってるO塚さんや、飲み会でお馴染みT辺さん!!
DVD撮影にてここで97cmを釣り上げたマッチョ副隊長。

Sany0238 Sany0239 Sany0232   

  

 

折角なので、フェニックス120の軽さをO塚さんに見せてもらいました。80オーバーのシーバスも素手クリップしてしまう怪人なので参考にならないかも(爆)

浜に並んだ艇をお互いに観察しつつ、準備を進めるKFA
地元のブルーグラスさん、地元と言いつつ、いつも違うポイントやっているとの事。

Sany0248 Sany0249 Sany0250

  

程なくして、開会式の案内があり、本部テント前に集合。
この日まで全精力を傾けてきたホエールさん、笑顔の下の疲労の色が隠せません・・・
う、KFMでは立場が同じなので分かりますよ~他人事じゃないっす・・(;´Д⊂
久しくお会いした中村軍曹も忙しそうでした。

Sany0254 Sany0258 Sany0260

  
  

Sany0261 Sany0262 Sany0264

  
  

集まっている最中にも沖に鳥山が立っていた。
ルールなどの説明が終わるとスタート!!

一斉に沖の鳥山が立った場所へ向かう。

Sany0271 Sany0270 Sany0273    

   

Sany0276 Sany0275 Sany0281

 
 

何度見ても壮観な風景だ!! 70艇あまりが音を立てずに海に漕ぎ出す様は素敵だ!!
早く出ても釣れるとは限らない、ノンビリと準備をするみんぱぱ&ノブ君。
Sany0307 Sany0306 Sany0310

  

折角なので、フェニックス140試乗。竿を持たずに出て行くが失敗・・・
目の前にシーバスいて、ルアーを投げないのは○○である。

最近何かと話題の超軽量シットオントップ、ハリケーンフェニックス140!!
重量も軽いのだが、素材がABSなのでツルツルしている。
漕ぎ出しも軽いけど、進む進む!! 抵抗が殆どないように滑るのだ。これでハルにマリンワックス掛けたら凄そうだあああ~!!!楽しい★シットオンなのに、漕ぎ感は完全にFRPです。ステッカーチューンしてオリジナルを作りたいなあ~!!

フェニックス130でKちゃん出艇!!軽い~!!

フェニックス120のG君を撮影、漕ぎ出すと早!!

Sany0282 Sany0286 Sany0289

 

 

開始して1時間、最初の獲物を運んできたのは、千葉のもっちさん!!!

43cm激渋の中の貴重な一匹!!

Sany0300Sany0302 Sany0303   

 と、ここで時間切れ、一旦横浜へ戻るのぶぞうでした。

帰りの道中、マッチョ副隊長からやった!!メールが・・・・写メールには見事なシーバスが・・

いいなあ~  つづく

2009/10/03

秋晴れの芦ノ湖 by たかのっち

皆さんこんにちは~

ミーティングまで一ヵ月を切りましたが準備はすすんでますか?

今回は視察&プラクティスを兼ねての長浜釣行予定でしたが…(

もちろん軟体調査も)

悪すぎる予報に急遽予定を変更。

わかさぎの好釣果が続いている芦ノ湖へ行って来ました。

朝6時に到着すると、既に船団が出来てました!
出艇すると、ヒンヤリ秋風が気持ち良く、清々しい気持ちになりました

Mailgooglecom
Sany0477 Sany0475






さて、肝心の釣りの方はと言うと、ダブル!トリプル!と順調な滑り出し!

が…

天気予報が大外れで強風となり…

アンカー装備の無い我が艇は、ピューイーッと風に流され、ポイントを通過ー

この超スピードにワカサギが追いつけるはずもなく…

一流しで2、3匹がいいところ

Kさんの究極アンカリングシステムが欲しくなっちゃいました(笑)

そんなこんなで、お昼までに30匹ほどの獲物をゲットし(良型も多かったですよ)芦ノ湖を後にしました。

Sany0471 Sany0478 





これから紅葉が始まる芦ノ湖でのワカサギ釣りは魅力的ですよ。

今度はアンカーを持参してリベンジします

~オマケ~

長浜に戻り艇を片付けてると、湾の出口辺りでスペシャルボイルが起こってました

正体は不明ですが、あの規模はワカシ・ソーダ・サバではないと思います。。。

チャーリーに調査依頼をしましたが、釣れるかどうか…

誰か正体を暴いてくださ~い!

         たかのっち

2009/10/02

カヤックフィッシング ウエアリング 秋口~冬

この時期のウエアリングは悩みます。佐渡島遠征ではシルバーセミドライ、フラッドラッシュ上下、MTIスプラッシュパンツ、MTIストレッチショーツと持って行きました。

遠征初日晴れ 気温23度 水温23度 風は東の風3m前後。

フラッドラッシュ上下、ストレッチショーツ、足は裸足にウォルディーズというスタイルにて開始。 三浦での現在のスタイルです。 

漕いでいる時は良かったんですが、実際に釣りを始めると濡れた場所が風に当たり冷たくなってきました。 2時間程で終了しましたが、下半身が濡れている為、寒くて我慢ならず速攻着替えました。 二回戦に出る気にならず冷えた体が温まるまでコーヒーを呑みながらノンビリ。

Sany0048 Sany0054 Sany0058  

   
  

上半身は暑いのに、下半身は寒いとう状態でしたね。
体調が悪かったのか終日寒かったです。

前日の冷たさに嫌気をさしたので、翌日はシルバーセミドライにて出艇。
下半身は濡れずに快適なんですが、上半身は暑い!!! チャックを開けて沈したら惨劇が予想されるので我慢あるのみ・・・風を受けて釣りをしているとグッドなんですが、漕ぐと暑い!!汗が背中を伝って落ちていきます・・・・

Sany0100 Sany0103 Sany0104   


  

副隊長のドライも暑かったそうです。一番正解のウエアリングは石田さんのサイドワインダーパンツにパドリングジャケットのようです。

暑ければパドリングジャケットを脱いで 上 フラッドラッシュのみという対応が海上で出来ます。

秋口~春先は下半身のみ濡れないパーム社サイドワインダーやMTIのレイヴンパンツが良いようです。 欲しいなあ~☆

ちなみにシルバーセミドライだったお陰でインナーは汗臭かったですが、寒くならず午後も出艇出来、見事真鯛を釣りました!!

やはり寒いと気持ちが負けますね、首が締め付けがどうしても苦手な人はサイドワインダーやレイブンパンツがお勧めっす☆

ウエアリング 参考ページ

パーム サイドワインダー

ファイントラック フラッドラッシュ

                   のぶぞう

KFM2009 釣りポイント範囲の案内

2009カヤックフィッシングミーティングの釣範囲をご案内します。

霧で見通しが悪かった昨年と同じ範囲です。 カワハギや青物の最盛期の為、遊漁船や漁船やプレジャーボート等が多数、定置網周りを回遊しますので、邪魔にならないようにと定置網手前のみとさせて頂きます。 この範囲でも、十分釣れますよ~カワハギ、ショゴ、イナダ、ワカシ、ホウボウ、キス、アオリイカ、ハゼ、イイダコ、ベラ、タイ、スズキなどの実績があります。 釣りモノや数を競うわけじゃなく、安全に仲良くカヤックフィッシングを楽しみましょ~がモットーなのでのんびり行きましょう~☆ 
より大きな地図で 2009釣行ポイント を表示

2009/10/01

和田長浜釣果情報

佐渡ヶ島遠征に同行した御大T田さん。

週に3度は浜に現れ、若い連中(中年が殆どですが・・)と釣談義を楽しむのが日課の超元気者

佐渡の沖にてミラージュドライブシステムとパドルを奪われ島流しの刑にならずに無事帰還。御大の釣道具を狙っているKFAが多数いるので油断ならない。

若い芽を摘むと言う言葉はあるが、老木の幹を切り倒す!!間逆である。
皆から愛され過ぎなのである。と話は反れた。

先日、遠征前に和田長浜へ出撃し、みごとショゴを釣り上げた。佐渡ヶ島遠征道中にて載せろ載せろと散々言われ続けたので今さらながら掲載。

ちなみに長浜の真鯛暫定チャンピオンでもある。 凄すぎ。

Sany0400 Sany0397 Sany0399

 


これからも若い連中(中年だけど・・)活を入れ続けて下さい!!

で、万が一の時はあのリールは私が貰い受けます・・・

精霊流しならぬ長老流しを企む

                       のぶぞう



 

佐渡島遠征2009速報

行ってきました佐渡ヶ島!! 鬼が島じゃないよ★

佐渡へ佐渡へ草木もなびく~♪の 佐渡です。 佐渡桶さの佐渡です。朱鷺の佐渡です。ジェンキンスさんの佐渡です。  そして、大真鯛の佐渡でござんす。

DVD「カヤックフィッシング探検隊」に収録されてる佐渡ヶ島遠征から三年も経ってまして、昨年はなんとか40cm一匹を釣り上げ溜飲を下げましたが、初参加のメンバーに75cmを二本やら、55cmやらキジハタやらを釣り上げられ、スギタニ、のぶぞうの古参メンバーの面目は潰れに潰れ、密かにリベンジを誓い合ったりしていたのでした。

で、急な用事で佐渡島手前で隊長が引き返したり、あまりに釣れずにギブアップしようかと弱気になりつつも、中年の身体に鞭打ち粘ること・・・・

どーん!!

Sany0161


 


   

念願の真鯛ゲッツ!!!嬉しい59cm2本です!!

マッチョ副隊長にいたってはドドーン!!5本!!
T田さんも40cmを2本釣り上げ合計9本の爆爆

Sany0148 Sany0156 Sany0165


  

僅か1時間程の地合いに大興奮となりました。

ああ、ブログが書ける結果でよかったです。

佐渡シーカヤック倶楽部の松村さんありがとうございます。
I辺さん、T津さん昨年に続き貴重な情報をありがとうございます。
感謝感謝であります。

今月からフェリー往復1万円です!!! また行かなくては!!!

取り合えず、釣果速報であります。

          のぶぞう

090926 ナイトパドリング≦夜光虫ツアー!

昼間はサウスウインド南伊豆店シーカヤックツアーで落居まで行って、洞窟とシュノーケリングとパドリングを満喫したH谷さん。

ツアー終了後には子浦の民宿「こさや」さんの自慢で親父さん手作りの総檜風呂でサッパリし、味も量も大満足な晩御飯を食べた後、夜光虫ツアーの為に再び海に。
あの海の幸での晩酌が楽しめなかったのが少々心残りだったみたいですが、そこは夜光虫の為に我慢我慢。(笑)

「こさや」さんの前でナイトパドリングに備えて準備をしていると通りかかったグループの中の女性が寄ってきて「これからですか?!」と驚いている様でしたネ。

ナイトパドリングは初めてというH谷さん。
確かに機会は少ないですから経験している人のほうが少ないかもしれませんネ。

日中の海水の透明度から「今日は光る!」という確信はあったもののその他の条件も重要です。
目が慣れてくると眩いぐらいに見える夜光虫の光りも実際には極微量な発光。
港の灯りや、街灯、施設の照明の元では確認しづらくなってしまいます。
そういった灯りの届かないところに夜光虫を楽しみに行くのですが月の明かりは最大の障害。

小潮のこの日、海に出た時は大きく欠けてはいるものの月の灯りに海面が照らされていました。
満月でないのがせめてもの救い、と思っていたのですが照明施設の明かりが届かない場所まで来た時、その夜光虫の光りがやたらと綺麗に見えたので、空を仰いで見れば厚い雲が流れてきて月明かりを遮ってくれています。
まるで我々のナイトパドリングの為の様に・・・。

その時の夜光虫の瞬きにH谷さんも興奮を隠しきれない様子。
夜光虫も驚かれた様ですが、ナイトパドリング自体も新鮮だったようです。
波に浸食された岩肌は月明かりに照らされて数時間前に見た昼間とは全然違う印象ですものね。

Img_6776

Posted by Kaz

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

●イベント・スケジュール●

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31