« 100407 桜舞い散るパドリング カヤッカーへの道 ~Road to Seakayaker~ | トップページ | 着物DEカヤック 花見は阿鼻驚嘆 »

2010/04/08

シーズン前の調査漕ぎ 石部~松崎

Img_0049

昨年の台風18号は伊豆半島の海沿いの各所に甚大な被害を残していきました。
その前にはちょっと大きめな地震が有ったりで、伊豆のシーカヤッキングの醍醐味でもある洞窟くぐりが出来た場所も崩壊してしまった場所もあります。

本格的なカヤッキングシーズンを前に各所の確認と、新たなるステップアップツーリングのルートの検討の為に“調査漕ぎ”に出掛けてきました。

P4086707P4086713スタート地点に艇を降ろしてからゴール地点に車両を配置しに行きます。
積んで来たバイクでスタート地点まで戻ってワンウェイカヤックツーリングのスタートです!
カヤックと同じく、小さい原付は周囲にアピールが必要なので公道でもフラッグを装着です!
(単にクルマから降ろし忘れたので背中に差して走ってきただけなんですけどね・・・。)

Img_0033_2Img_0027


やはり洞窟めぐりはカヤッカーの特権!
ヨットや動力船では近づけない場所ですし、手漕ぎボートでも向きませんからね!

ただ知らないとトンネル状になっているのを気が付かずに通り過ぎてしまうでしょう。
潮汐によって通れたり、通れ無かったりということも有るのでやはり自分自身で情報収集して確認すておかねばなりません。

Img_0099

春濁りも始まっていない伊豆の海はまだ冬の透明度を保っています。
しかしながら水温は徐々に上がってきているので魚の活性も上がってきているようでカヤックの下には生命感に溢れています。
カヤックフィッシングでも来たくなってしまいますね。
子浦の方では漁師さん達がボヤくほどなのですけどね・・・。

調査漕ぎですから地形に沿ってくまなく調べながらの漕ぎなので、短い距離でも時間が掛かりますね。

Img_0071

何個の洞窟をくぐったか数え切れません・・・。

そして通称“のどちんこ”にも本日は運良く入ることができました。
うねりが入っている時などは危ないですからね。
懐中電灯が必要なぐらいの暗さですし、その上漕ぐスペースが無いぐらいに狭い水路を通らねばなりませんので条件を満たさないとくぐれない洞窟です。

Img_0074 Img_0080

ゴールの浜が見えてきましたが、横浜店スタッフのヨッシーはお花見カヤックをしていないとのコトなので松崎港入り口を表す赤灯台を右に折れて那賀川を遡上します!

昨日もA子さんのツアーで漕いだ様な気がしますが・・・。(汗)
その前の日も所用にて松崎に来ていたりもしてるのに。。。。

潮汐の関係でかなり下流までの遡上でしたが桜が見れてうれしかったみたいです。

Img_0113Img_0110











あまりのうれしさに水深20センチのロール練習まで!?

Img_0108 Img_0105

盛りだくさんの内容で濃いツーリングとなりました!
今回のツーリングも参加ゲストに楽しんで貰えそうですので、もう一捻り加えてサウスウインド南伊豆店のツーリングメニューに加えましょうかね!

Img_0120

Posted by Kaz

« 100407 桜舞い散るパドリング カヤッカーへの道 ~Road to Seakayaker~ | トップページ | 着物DEカヤック 花見は阿鼻驚嘆 »

お花見カヤッキング」カテゴリの記事

シーカヤック ツーリング」カテゴリの記事

伊豆」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183922/48036071

この記事へのトラックバック一覧です: シーズン前の調査漕ぎ 石部~松崎:

« 100407 桜舞い散るパドリング カヤッカーへの道 ~Road to Seakayaker~ | トップページ | 着物DEカヤック 花見は阿鼻驚嘆 »

●イベント・スケジュール●

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31