« 黒い三連☆ならぬ、三連浮 試乗会前にKFは自殺行為?! | トップページ | 遂に撮影成功? 赤潮での夜光虫ツアー! »

2010/09/21

ファルトカヤッキングツアー!

P1000616

今回のゲストさんはファルトカヤックでの参加です。
先に宅配業者にてサウスウインド南伊豆店にカヤック一式を送っておいて当日は身体ひとつで公共の交通機関を利用しての伊豆入り、というファルトカヤックならではの遠征方法です!

昨年夏に購入されてから一・二度組み立てて、地元近くの川で浮かべただけという状況だそうなので色々と学びたいとの事でお申し込み頂きました。
いずれは川をダウンリバーしてみたいとの事。
それも公共の交通機関を利用を想定してのことだそうなので今回のツアー参加もシュミレーションですね。

P1000615 P1000617

どの段階での損傷かは特定できませんが取付金具が変形してしまっていてそのままでは組み立て不可能でした。
サウスウインド南伊豆の前での組み立てでしたから工具が調達できましたが、これが遠征だったら、と考えると最小限の工具の携帯は必要となるでしょう。
ウォーターポンププライヤーやバイスプライヤーが効率良く直せますが、それらを携行するのは現実的ではないのでプライヤーとラジオペンチぐらいは持っていると他にも役立つでしょう。
屋外で少ない工具で何とかしないといけないような状況ではレザーマン社やガーバー社から販売されているようなマルチツールのラジオペンチ部分意外と使用頻度が高いですね。

あれもこれも持って行けば備えは万全になるのでしょうが、人力で移動する場合には重量が問題となってきます。
数多くの経験が選択を正しくしてくれるのでしょう。

P1000620 P1000627 P1000637

リジット艇に比べれば風の影響を受けやすかったり、スピードの乗りが悪かったりとデメリットもあるファルトカヤック。
本日の最大のデメリットは牡蠣で船体布を切ってしまうという恐れから磯場に近寄れずスズメダイ達を見ることが出来なかったことでしょうか。(苦笑)

数多いカヤックの種類にそれぞれ長所短所がありますから使用用途を間違えないように選ぶのが重要でしょうね。

後半には思い通りに扱えるようになっていましたね。
長距離を漕ぐにはもう少し力を抜いて楽に漕ぐフォームがいいかもしれませんね。
海もお好きなようですから是非ともまた南伊豆の海を漕ぎに来てくださいね。

Posted by Kaz

« 黒い三連☆ならぬ、三連浮 試乗会前にKFは自殺行為?! | トップページ | 遂に撮影成功? 赤潮での夜光虫ツアー! »

シーカヤック ツーリング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183922/49585400

この記事へのトラックバック一覧です: ファルトカヤッキングツアー!:

« 黒い三連☆ならぬ、三連浮 試乗会前にKFは自殺行為?! | トップページ | 遂に撮影成功? 赤潮での夜光虫ツアー! »

●イベント・スケジュール●

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31