« 海の天気のことがよくわかる・・・本!!あります! | トップページ | 『カヌーワールドVol.08』、絶賛発売中です。 »

2014/05/29

カヤックの持ち方。

こんばんは、サウスウインドのナガシマです。

昨日、今日と、横浜はけっこうな暑さでした。カヤックフィッシングでも熱中症にならないよう注意が必要ですね。これからの時期、水分は多めに積んで行きましょう! 2リットルくらいないと、半日もたないかもしれません。

ナガシマは過去に一度だけ、熱中症になったことがあります(釣りに夢中で気づきませんでした)。釣りからの帰り道、なんだか寒気がとまらず、吐き気もして大変でした。水分を多めに補給して、なんとか復活しましたけど、ひどい日焼けもしてしまい、何日かは地獄でした。

みなさま、本当に気をつけてくださいませ。

さて。

暑さに注意すれば、これからの時期のカヤックフィッシングは楽しいものです。釣れる魚種も多くなるので、行けるときはどんどんフィールドに出ていただきたいものです。

「でも、クルマに積んだカヤックを降ろすのが大変で……」というお気持ちもよーくわかりますが、水に浮いてしまえばこんなに楽しいものはありません。



カヤックの持ち方にはコツがある、と先日、このブログで書きましたが、超基本は、

●カヤックのハンドル部分が重心

ということです。ここを中心にバランスをとれば、意外と簡単に担げるはずです(ただし、重量級カヤックの場合は、無理して腰を痛めたりケガをしたりしないようにご注意ください!)。

ちなみに車載の際も、ハンドルをキャリアバーとバーの真ん中にもってくると、ほとんどの場合、バランスよく積めるはずです(マリブカヤックスのプロ2タンデムは、右舷と左舷でハンドルの位置が違うので、ロゴを目印にするといいと思います)。

以下は、軽くて持ちやすい、ハリケーンカヤックス/スキマー116を水辺に降ろす様子です。
P1300477 P1300478 P1300481 P1300482
階段があっても、スキマー116くらい軽いカヤックなら楽勝ですが、やはりそれでも左右のハンドルをしっかり握って持ち上げたほうが確実です。右利きなら、右手をカヤックの船底にまわして、完全に肩に乗せてもいいでしょう(ナガシマの場合は、こうするとスキマー116なら500mくらいは運べます。まあ、実際にはやりませんが)。この方法で、ナガシマは車載の際、ホビー/レボリューション13でも問題なく揚げ降ろしできています。

P1300485 ついでにスキマー116を、もう一艇、ほい。

P1300596 で、釣れました。


それではみなさま、週末もよいカヤックフィッシングができますように!

ナガシマでした☆











« 海の天気のことがよくわかる・・・本!!あります! | トップページ | 『カヌーワールドVol.08』、絶賛発売中です。 »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

カートップ、車載」カテゴリの記事

ナガシマ」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31