« 夏の水遊びにピッタリなインフレータブルカヤックあります! | トップページ | ドキッ! シイラだらけのカヤックフィッシング2015夏 »

2015/08/18

【簡単】フィッシングカヤックふだんのお手入れ方法【これだけ】

最近、カヤックフィッシングに行ってもあまり釣れないのは先日のブログでも書いたとおりなのですが、なんでしょ、カヤックフィッシングを楽しむというよりも、カヤックフィッシングの試合のような感覚になっているからダメなんでしょうね。明日の定休日も楽しく釣りができますように……。

毎度ありがとうございます。サウスウインドのナガシマです。

P8050034
とはいえ、レボ13よりも大きいこんな流木にシイラが一匹もついていないんですよ奥さん。しかも激流の潮目にもかかわらず、ですよ。これは事件です。9月はサメ釣りでもしようかな。


さてさて。

カヤックフィッシングに行って海からあがったあと、お手入れはどうしたらいいんですか?というご質問をお客さまよりよくいただきます。難しいことは何にもなく、以下のような感じでOKです!




●軽く水洗いする
P7290228
まあ、気にしない人は洗わなくてもいいですし、大雨が降る予報ならそれに期待してもいいと思います。ただ、砂のついたカヤックをクルマに車載すると、走っているうちに砂が落ちてきてドアや給油口のすき間などに入り込みます。また、フロントガラスに砂が落ちたことに気づかないままワイパーを動かすと、はい、すぐにキズだらけになります。超注意です。なので、車載前に砂は洗い流したほうがいいでしょう。できれば、魚のヌメリやウロコ、血も洗い落としましょう。ご自宅で保管していると、ニオイにネコやスズメバチが寄ってきますよ。あと、湖や川で乗ったとき、アオコや水アカのような汚れも早めに落としたほうがいいです。乾燥するとこびりついて、とくにポリエチレン艇の場合だとなかなか落ちなくなってしまうことがありますからね。

●ハッチの開閉をスムーズにする
P5200164
とくにホビーカヤックの場合、ハッチのフタにはまっているOリングが乾燥すると開け閉めがキツくなります。場合によってはすき間ができて水が入りやすくなったり、開閉時にノブを壊したりすることがあるので、ここもたまにはメンテしてあげるといいでしょう。方法は簡単です。シリコングリスやシリコンスプレーなど、ホムセンで安く売っているものを薄く塗っておくだけ。これだけで驚くほどスムーズに開閉できるようになるはずです。もちろんホビーカヤック以外でも、マリブカヤックスの樹脂ハッチやフィールフリーのラバーハッチでも同様の方法で大丈夫です。

●艇内の水分を取り除く
P3280010
カヤック内に海水が残っていると、バクテリアが腐敗して悪臭を放ちます。このため、できるだけ艇内はドライに保っておきたいもの。カヤックをしばらく使わない場合のニオイ消しにはバケツ一杯の水にキッチンハイターのキャップ1杯を薄めたものを流し込んで消毒する方法が簡単で有効ですが、ちょっと水分が残っている程度でしたら、水をよく吸う洗車用のスポンジで拭き上げてしまうのがいいでしょう。この、いわゆるビルジスポンジは当店で税別189円で販売中です。ひとつふたつ持っておくと、カヤックやタックルを洗うときにもとても便利です。



間もなく海水浴場がクローズになって、秋のカヤックフィッシングシーズン突入ですね。楽しみ!

では、ナガシマでした☆☆☆





« 夏の水遊びにピッタリなインフレータブルカヤックあります! | トップページ | ドキッ! シイラだらけのカヤックフィッシング2015夏 »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

シーカヤック メンテナンス」カテゴリの記事

ナガシマ」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31