« まるで折りたためるスキンカヤック!ノーティレイ・ナラック550あります! | トップページ | お子さんと一緒に乗れるフィッシングカヤックもあります! »

2016/01/15

よっしーの水曜漕ぐでしょう番外編~年末年始カヤック納め編~

こんばんは、よっしーでございます。

昨日は休みで、友人とみなとみらいでのシーカヤック新年会を楽しんできました。晴れて日差しも強く、結構温かかったので、快適なカヤッキングでした。カヤックが初めての人もまったく心配なく楽しめたようで、何よりでした(^^)

このところ、暖冬で晴れていればまだまだシーカヤックはムリなく楽しめそうですが、来週は寒波がくるとの予報ですので、油断は禁物ですね。これからの出番の真冬用ウエアのチェックもしておかないと。


よっしーの年末年始パドリングネタはまだまだありまして、シーカヤックの漕ぎ納めは久しぶりのホームでございました。(*゚▽゚)ノ




2015年はあんまり来られなかったけど、最後はナハマかなぁと思い、冷たい風はそこまで強くなかったので出かけてきました。

Dscn6804

久しぶりの登場、自艇のノーライトデザイン/シオンです。

オールFRP製ではなく、ハル(船底)はケブラー製なので、私ひとりでもなんとか担げます。重量16kgくらいで軽いほうですが、でもやっぱり重い。もうちょっと鍛えないと…。


ナハマの浜辺はそんなに強く吹いてませんから波打ち際は穏やか。風向きは北風なので、オフショアなんです。
今回のルートは北上して、岬を過ぎたら風表になるので、ちょっとバサバサ波立っているはず。そこまでで折り返して、北風に乗って帰ってこようかな。

Dscn6805 Dscn6841

やっぱりここも透明度高いですね。12月29日に行った葉山も透明だったけど、三浦も最高です。

うねりがくるとすぐにサーフポイントになってしまう浅場も、この日はめちゃめちゃ岸際まで寄れました。

こんなに穏やかなのは滅多にないなぁ。

Dscn6806

次の岬まではちょっとがんばって漕いで、スピード出してみました。

瞬間ですが、10km/h出せました。スマホのアプリでの計測なのでそんなに正確ではないかもですが、ちょっとうれしい。



釣り人がちらほら見えるので、そのあたりは岸から離れますが、基本的には浅いところを漕ぎながら海底を覗き見るのが好きなので浅いところは蛇行運転です。


岬の岸沿いに遊歩道があって、小さい橋も架かっています。

Dscn6807 Dscn6809

このときは潮が引いていたので、水深は浅め。水深30cmくらいか、もう少し浅かったかも。ハルが擦れるか、パドルが当たるか、というすれすれを行くのが楽しい。



Dscn6810

釣り人のジャマにならないように、岸に寄らないように、入江に入ります~。

Dscn6811 Dscn6812 Dscn6815

ここは“どんどん引き”という、狭くて深い入り江です。

うねりがある日だと、入江に入る波が奥に行くにつれて一気に高くなるのでとても危険です。しかも、ところどころ岩が出っ張っていたりするので底にも気を付けないと座礁したりパドルを強くぶつけたりして、それも危ないです。

この場所に入れるのは、穏やか~なときだけなんですよ。

さすがに寒いから、この崖の上の公園にも観光客は少ないみたいです。誰も見えません。


Dscn6817

どんどん引きから出て、さらに北上しますかねー。



Dscn6821

どんどん引きのある岬から北側へ出たら風表なので、だんだん波が立ってきました。向かい風で水面がバサバサに。

楽しいけど、曇ってきて寒いし、年末に無理して風邪悪化させたくないので、テトラポッドをぐるっと回って戻ります。(そうだった、年末年始は風邪気味だったんでしたー。)

Dscn6833

向こうは富士山方面なんですけど、全然見えませんねー。右のほうに江ノ島は見えますけど、わかりにくいですね(^^;
(右側の岸の切れ目の緑の多いところが江ノ島です。)

Dscn6836 Dscn6846 Dscn6847 Dscn6853


まっすぐナハマに戻ってきたけど、もうちょっと漕ぎたい気分だったので、ナハマの湾の浅いところをぐるっと一回り。

Dscn6855 Dscn6857 Dscn6859

ちなみに、グーグルマップで見たら、ここは陸地になってました。浅くて岩がつながってたりするので、このときカヤックでなんとか通れたところ以外の岩はまとめて陸地扱いにしてるんですかね。

戻ってきてシオンをきれいに洗い終わったころ、サーフスキーで遊んでたお二方も戻ってきました。おつかれさまでしたー。

Dscn6860 Dscn6863 Dscn6866

シーカヤックと全然形が違いますよね~。細身でかっこいいけど、私には乗れそうにないっす。笑




それにしても、やっぱり風向きによって波の立ち方は全然違いますね。

皆さんもツーリングやカヤックフィッシングに出かけるときには、天気予報の晴れマーク、雨マークだけでなく、風向風速もチェックするようにしてくださいね。


よく聞かれるのが、

「風とかは、どれくらいまでだったら出艇できますか?」

という質問ですね。

天気予報の風速はだいたいの場合は陸上での数値です。何もさえぎるものがない海上の場合はそれよりも強くなることがほとんどですので、「予報より少し強いかも」くらいに思っていたほうがいいですね。

予報が微妙だったときには現地で判断したりしますね。浜辺に着いたら、自分が立っている場所の風の強さもですが、それだけで決めないでくださいね。一度海も見ましょう。

沖の方を見て、白波がぽつぽつ見えるような感じだったり、遠くの水平線がギザギザになっていたりしたら、沖は風が強いです。

白波が多くなって来たりしたらもうダメです。せっかくの休みだからとか、せっかくここまで来たんだからって、そんなときに出たら絶対だめですからね。

なによりも航海安全が最優先で、釣りの釣果はその次ですよ。(* ̄0 ̄)ノ



そうそう。風が強くて波頭が崩れて白く泡立っているのを、「うさぎが跳ねる」とか言います。青や黒っぽい海の上に白いうさぎがところどころ跳ねてるように見えるんですね。

字面は楽しそうですけど、カヤックには向きませんから覚えておいて損はないですよ♪


2015年大晦日はシーカヤック漕ぎ納めだったよっしーでした~。





by よっしー

« まるで折りたためるスキンカヤック!ノーティレイ・ナラック550あります! | トップページ | お子さんと一緒に乗れるフィッシングカヤックもあります! »

シーカヤック ツーリング」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31