« シーカヤックの保管方法について | トップページ | パドルの選び方について »

2016/03/13

【おすすめ】スキマー140Tの基本的艤装【超入門】

毎度ありがとうございます。サウスウインドのナガシマです。

今日は朝からお客さまのカヤックに艤装を施しておりました。

2艇にロッドホルダーの取り付けなどの艤装をしましたが、うち1艇はただいま大人気のスキマー140T(タンデム)です。

P3130002_2 P3130001_2_2
完成した状態がこちら。

P3130003 P3130004_2 P3130003_2
お客さまのリクエストに合わせて、リアシートうしろにフラッシュロッドホルダーを2本埋め込みして、センターハンドル部分の左右にレールマウント2本取り付け。そして、フロントシート前方のペダル左右にレールマウント2本と、ドリンクホルダー前方にサイドデッキマウントを取り付けました。

スキマー140Tの実釣インプレは前回のブログをご確認いただくとして、しっかり艤装してガチなフィッシング艇に大変身させてみました。では、今回のブログでは、レールマウントの基本的な艤装工程を解説してみます!






P3130002 P3130001
フラッシュロッドホルダーとサイドデッキマウントの取り付けについては、こちらのブログでざっくり解説していますのでご参照くださいませ。ちなみに、スキマー140Tは、フラッシュロッドホルダーの取り付け位置の都合でロゴに干渉します。もちろん、今回もお客さまのご了承を得て取り付けています。

今回は、ますます人気の高まる「レールマウント」の取り付けについて簡単に解説してみます。ヤックアタックのギアトラックスコッティのスライドトラックなど、金属や樹脂でできたレール状のマウントを取り付けて、そこに専用アダプターをつけるだけで簡単に魚探やロッドホルダーを設置できるので人気が急上昇したレールマウントですが、最大の魅力は、狭い場所にも装着が可能であること、ですね。また、ドリル1本あればだれでも比較的簡単に艤装を施せるのも人気の理由といえるでしょう。

P3130016
さらに、ウエルナットを使用することで、もっと手軽にがっちり取り付けることができます。今回の艤装でも、ハッチから手の届かないところにレールマウントを取り付けるので、ウエルナットを使用しました。

P3130005
まず、レールマウントを取り付ける位置を確認します。ヤックアタックのギアトラックGT-90シリーズは細身なので、スキマー140Tの舷のように狭い場所でも設置可能です。ただし、車載のときにできるだけベースキャリアに当たらない位置であることも確認しましょう。また、必ずパドルで漕ぐときに邪魔にならない位置であることも確かめてから取り付けましょう。基本的には、ご自分のカヤックのフットブレイスのペダルポジションより手前につけてしまうと、パドリング時に確実に邪魔になります。要注意です!

P3130006
ネジ留めする位置に油性ペンでマーキングします。位置がずれるとまっすぐネジが入らないのことがあるので、可能なかぎり正確に印をつけたほうがいいですよ。

P3130008 P3130012
ドリルで穴を開けて、ウエルナットを挿入しました。ウエルナットは約7.5㎜径なので、まず7㎜のドリルで穴を開けて、ウエルナットがピッタリはまるように、穴をドリルでもみ広げるといいでしょう。

P3130009 P3130011
ちなみに、スキマーのフットブレイス部は、ネジ留めされている位置の内側に小さいブロックが入っているので要注意です。レールマウントを装着する場合、できるだけこのブロックを避けて取り付けましょう。位置的にどうしても当たってしまう場合もありますが、そのときはブロックをドリルで慎重に削るようにします。

P3130014
レールマウントを置いて、ネジ留めします。サウスウインドで使用しているウエルナットはM4、つまり、4㎜ネジ対応。というわけで、M4で長さ20㎜のステンレス皿ネジを使いました。ネジを締めるときは、電動ドリルではなく、必ずドライバーを使って手締めで。手加減をしながら締めることでネジをなめることが少なくなりますし、ウエルナットもしっかり固着させられます。

P3130017
はい、完成! 実に簡単ですね。ご自身のカヤックに、明日からでも実践できるはずです。

P3130018 P3130019
このレールにスコッティのギアヘッドトラックアダプタさえつければ、魚探用マウントや、各種ロッドホルダーが設置可能です。すごく画期的ですね。近年のカヤック用艤装パーツのなかでは、スコッティのスリップディスクとならんで最も優れた発明のひとつだと思います。


というわけで、レールマウント。あなたのカヤックの艤装のお悩みは、レールマウントが解決してくれるかもしれませんよ……。気になることやご質問などありましたら、こちらのメールまでお気軽にお問い合わせくださいませ。





P3130006_2
おまけ艤装。車載時、スキマーシリーズの背もたれがパタパタしないようにするには、このように背もたれにショックコードを通して、ハッチのフタにひっかけておくといいですよ~。



それでは、ナガシマでした☆☆☆彡





« シーカヤックの保管方法について | トップページ | パドルの選び方について »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

カートップ、車載」カテゴリの記事

シーカヤックギア、グッズ」カテゴリの記事

スコッティ」カテゴリの記事

ナガシマ」カテゴリの記事

ハリケーンカヤックス」カテゴリの記事

艤装」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30