« 二人乗りインフレータブルカヤックの中古艇が出ました! | トップページ | 【足漕ぎ】フィッシングカヤック入荷しました!【中古艇】 »

2017/02/12

【朗報】スレイヤープロペルはこうすれば運びやすい【小ネタ】

毎度ありがとうございます。サウスウインドのナガシマです。

Native_propel13_gray01

Native_propel13_gray02

私の現在の主力カヤックは、ネイティブウォータークラフト/スレイヤープロペル13です。海上での安定感、機動性、積載能力。そして、プロペラドライブを逆回転しての急停止からバック航行と、フィッシングカヤックとしては現時点で最高峰の釣りやすさがあるのは間違いない思います。


しかし……!

問題なのは陸上での取り回し。ご存じのように、スレイヤープロペル13の船体はかなりの重量があります。車載はもちろん、カートで運ぶのもひと苦労です(実は、この重さがあるからこそ、多少の風があっても海上で流されにくく、踏ん張ってくれるのですが……)。

クルマの積み降ろしは1分程度の作業なのでもう慣れましたが、いまだに悩んでいるのがカートへの固定です。スレイヤープロペル13にかぎらず、スレイヤープロペルシリーズは船底の形状が独特なため、普通にカートの上に載せるだけでは、ガタガタ道で運搬しているとズレてしまうことがあるんですね。これが非常にやっかいで、場合によってはカヤックが横転しかねないので注意が必要です。






これをなんとか解消できないか、と日々、考えていましたが、当店スタッフのミズノが画期的なアイデアを提供してくれました!

P2040022
この、ホイリーズ/バルーンタイヤビーチカート用レールキッを、

P2040020
このように、MS/バルーンカヤックカートのセンター部分にセットするだけ。

P2040006
従来の使用方法とは異なりますが、こうすることで、スレイヤープロペルシリーズのキールを左右からしっかり押さえることができるので、悪路を運搬してもカートがズレることがほとんどなくなります……これは便利。

P2040017 
いままでは2本のベルトでガッチリ固定していましたが、よほどのガタガタ道を長距離運ぶのでなければ、1本のベルトだけでも大丈夫です。

P2080011
写真はホイリーズのバルーンタイヤビーチカートですが、同様にセットして使うことができます。おそらく、レールキットの付属のピンをカートのフレームにからめるようにして固定しなくても、リピートタイプの結束バンドなどで簡単に固定するだけでもイケると思います。

P2080021 P2080012
というわけで、砂浜で実際にスレイヤープロペル13を載せてみました。テキトーにセットしてベルトで固定しただけですが、いままでの苦労はなんだったのかというくらい、座りがよくなりました。キールにしっかりハマっていますね。もちろん、ズレることなく、ラクラク運ぶことができましたよ。

スレイヤープロペルシリーズの運搬にお悩みの方は一度、このレールキットを試してみてはいかがでしょうか。ほかにももちろん、キールの立っているカヤックでしたら応用できるはずです。




Image1_2 Image2 Image3
ちなみにこちらは、スレイヤープロペル13に乗るお客さまのMセンパイが自作したカートです。MS/バルーンカヤックカートのタイヤを利用し、イレクターパイプで作成したフレームに装着しています。これを、カヤックのスカッパーホールに挿入して使うのですが、注目すべきは、カヤックに付属しているスカッパープラグを利用して固定してる点。こうすることで、カヤックのウイークポイントでもあるスカッパーホールを痛めないようにしています。いやー、さすがMセンパイ。仕事がていねいです! 



さて。

こないだまで高かった海水温がまたちょっと下がってしまいましたが、相模湾では引き続き青物の期待大。ベイトの回遊しだいで、カヤックでもチャンスありありですね。

それでは、来週も安全で楽しいカヤックフィッシングを! ナガシマでした☆☆☆彡









« 二人乗りインフレータブルカヤックの中古艇が出ました! | トップページ | 【足漕ぎ】フィッシングカヤック入荷しました!【中古艇】 »

ウエア、用品類」カテゴリの記事

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

シーカヤックギア、グッズ」カテゴリの記事

ナガシマ」カテゴリの記事

ネイティブウォータークラフト」カテゴリの記事

艤装」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30