« 【収納】シアトルスポーツの小物がすごく便利!【用品】 | トップページ | マリブカヤックス・プロ2タンデムのインプレです! »

2017/04/08

よっしーの水曜漕ぐでしょう~久々のロングツーリングその1~

こんばんは、よっしーでございます。


この間の休みの日に、ツーリングを楽しんできました。

久しぶりすぎて体がなまっているのは分かっていたので、みんなについて行けるかちょっと心配でしたが、なんとか無事に帰ってくることができました(^^;

丸一日漕いだので、見事に筋肉痛になりましたが、やっぱり楽しいですね♪(≧∇≦)


今回は平日休みのシーカヤッカーの皆さまに混ぜてもらって、東京の運河をお花見漕ぎです。

私は漕いだことのないエリアなので、事前にもらった地図を見てイメトレ。距離が結構あるのと、きっとみんな速い(というか私が遅い)と思うので、はぐれないように気を付けないとです。


朝8時半に出発するので、それまでに集合場所に集まり各自準備を。
今回は14艇、15名でのツーリングです。こんなに大勢で漕ぐのは何年振りだろう。



Dscn7979 Dscn7980 Dscn8003
公園の川から出ましたが、ここはどこかの高校のカヌー部が練習にも使っている場所のようです。写真撮り忘れたけどJKがカッターの練習していました。


Dscn8011

公園から出て、水路を漕いで行くと、信号が赤。

川に信号?

と思ったら、その脇のスピーカーから「カヌーの皆さん、この先の水路を進みますか?」との声。

みんなで声をそろえて「はーい!」とジェスチャーを交えて答えると、
「この先は交互通行なので、端に寄ってしばらく待機してください。」とのこと。

水路が狭いから、信号で交互通行にしているんですね。船も基本的には道路と同じルールなんですね。

信号が青に変わり、「どうぞ~」。
Dscn8012


信号を過ぎたらこんな標識が並んでいました。

Dscn8014 Dscn8015

道路標識と同じく、船舶にも標識があるんですね。
私は船舶免許は持っていませんが、イラストでなんとなく意味はわかりますね。

水上バイクは禁止のようです。



Dscn8018

おおっと、水門だ~。

初めて通過します。わくわく。



Dscn8019 Dscn8020 Dscn8021

ロックゲート。閘門といいます。

水位差がある水路を船舶が通行するための水門で、水路の両端を水門で仕切って機械で水位を調整して、船舶を通すんです。

Dscn8023 Dscn8024 Dscn8028 Dscn8031


パナマ運河が有名ですね。

Dscn8034

前方の水門の下から水が流入して、湧き上がってきてます。

前方の信号横には「水位調整中」と「あと0.9m」とが交互に表示されます。

カウントダウンしてる~。



信号がついているところは橋になっていて、歩行者やクルマが通ります。

水位が上昇し、信号が青になり「通行可」の表示に。

Dscn8045 Dscn8046 Dscn8048 Dscn8051

ゲートの向こう側には東京都のマーク付きの作業船?が1隻待っていました。挨拶してすれ違います。




ゲートから出ると、ひろーい川に出ました。

Dscn8052 Dscn8055


東京湾に流れ込んでいる一級河川、荒川です。

河口近くなので川幅がめちゃくちゃ広いです。いつも陸から見てるけど、こうして浮いてみるとハンパないですね。





これだけ川幅が広いと風が抜けるので、すぐ荒れる場所だと思います。

このときも風が強かったので、風波が。

Dscn8059

しかも南風なので、向かい風。う~ん、なまった体にはなかなかきついですよ。





風に弱いインフレータブルカヤックにとっては危険なエリアです。やめましょう。

じゃあ、ツーリングカヤックならいけるかというと、必ずしもそうではなくて、もちろんパドリングスキルも天候と海況などのその場の状況判断ができるかというスキルも必要です。

広い海で漕ぐのと同じ。

風も通り抜けるし、波も立つ。

潮の満ち引きの影響もそのまま受けますから、河口だけれど海と同じです。

絶対に油断はしないでください。

動力船だとしても一歩間違えたら事故になりえる場所です。

手漕ぎのカヤックはもっと弱い存在ですので、過信は禁物。少しでもこわい、危ないなと思ったら引き返しましょう。何かがあってからでは遅いです。


車や自転車にも走行する場所や楽しみ方に向き不向きがあるように、
カヤックにも同じ向き不向きがあります。

のんびり漕ぎに向いているインフレータブルカヤックなどは、風のない穏やかな水面で漕ぎましょう。






そんなことを考えながら、向かい風に負けないように荒川のほんの一部を漕いで、また運河へ入ります。

Dscn8081 Dscn8095



ブログはまだまだ続きまーす。


by よっしー

« 【収納】シアトルスポーツの小物がすごく便利!【用品】 | トップページ | マリブカヤックス・プロ2タンデムのインプレです! »

シーカヤック ツーリング」カテゴリの記事

シーカヤック、ツーリングカヤック」カテゴリの記事

フォールディング(折りたたみ式)カヤック」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30