« 新入荷!高速インフレータブルカヤックが入荷しました! | トップページ | よっしーの車載コレクション~艇幅広いカヤック編~ »

2017/07/22

【簡単】ボラボラのフィッシング艤装【便利】

毎度ありがとうございます。サウスウインドのナガシマです。


2017年の新モデル、エクスプロール/ボラボラ。先日、入荷したばかりのファミリーカヤックですが、早くも大注目となっております。その秘密は、ひとりでも乗れて、3人でも遊べてしまうキャパシティにあります。

P7220001

つまり、カヤックフィッシングのときはひとりで乗って、ご家族やお子さんと穏やかな湖や湾内で水遊びするときは2~3人乗りにもなるという、マルチなカヤックなんです。つまり、奥方のご意見の総意によると、「パパがひとりで釣りいくことには遺憾の意を表する。家族サービスしたうえで、たまに釣りに行くならOK」ということのようです。ボラボラは、そのような日本の過酷な生活環境にも不思議なほどマッチした救世主カヤックなんですね。

本来、輸入された状態ではハッチがついていない超シンプルなカヤックですが、艤装を施せばしっかり本気のカヤックフィッシングにも対応します! そこで今回は、サウスウインドの試乗艇をベースに、ナガシマが理想とする?ボラボラフィッシングモデルを仕上げてみました~。





●フラッシュマウント(埋め込み式)ロッドホルダー装着
P7220003
まずはやっぱり、カヤック艤装の超基本となる埋め込み式ロッドホルダーを装着します。これをつけるだけで、レクレーションカヤックも一気に釣り仕様になったりします。フラッシュマウントロッドホルダー取り付けの基本は、以下の動画をご参考に……。



P7220006 P7220007_2  
ボラボラにシートを仮置きして、ロッドホルダーの位置を確認。あまりシートに近すぎると漕いだときにパドルや肘がロッドにぶつかってしまうので要注意です。

P7220014
また、ボラボラは意外と厚みが薄いので、ロッドホルダーの角度によっては船底にぶつかってしまいます。このため、上から見たとき2本が「ハ」の字に開くというよりは、2本のロッドホルダーが平行に近い角度で並ぶようにしたほうがいいです。

P7220008 P7220013 
ボラボラにはハッチがないので、開口したら掃除機で削りカスをよく吸いとっておきましょう。

P7220015 P7220016
まずは、フラッシュマウントロッドホルダーの装着が完了。

P7220051

ナガシマ的には、いつものようにフラッシュマウントロッドホルダーは4本装着してガチ釣りに対応したいのですが、ボラボラはスペース的に無理……。このため、スコッティ/ロープロファイルトラックなどを取りつけて、ギアヘッドトラックアダプタを介してロッドホルダーを増設するとよさそう。

P7220034

もしくは、塩ビパイプを使った簡易的ロッドホルダーをスカッパーホールに挿してもいいかもしれません。個人的に、このチープさは嫌いじゃありません。むしろ、生活の知恵みたいで好きです。こうすれば、フラッグを立てるときにも便利ですしね。


●ロープロファイルトラック1インチ装着
P7220005

薄くて軽く、車載の際にも邪魔になりにくい人気のレールマウントといえば、スコッティ/ロープロファイルトラックです。カヤックの艤装で迷ったときは、一番短い1インチをいくつかつけておけば間違いないでしょう。

P7220018_2
 P7220017
まずは、位置の確認。ここでは、フロントシート用に艤装します。パドルカヤックの場合、足よりも手前にマウントを装着すると、魚探やロッドホルダーなどを置いたとき、パドルに当たってしまうことが多いです。かといって、遠すぎても使いにくいので、位置決めは実際にカヤックに座ってみて施すのがいいでしょう。

P7220019 P7220021
ドリルで4点穴開けし、リベットで固定しました。

P7220032
こんな感じで、前に座った人のためにロッドホルダーや魚探などを装着できますよ。

P7220022
ちなみに、ひとりで乗艇したとき用に、前方のドリンクホルダーの前あたりにロープロファイルトラック4インチをつけておけば、汎用性が高いと思います。

P7220047
また、釣りに慣れていないお子さんや女性用に、ギアヘッドトラックアダプタ+ロッドバランサーを取りつけてあげれば、竿をチョイ置きできますよ。これ、かなり便利です。

P7220035
では、ふたりで乗ったとき、うしろの人が魚探を見たい場合はどうするか。……けっこう悩みましたが、これがいいと思います。まず、フロントシートのすぐ下に、ロープロファイルトラック1インチを装着します。このとき、舷にドリルのハンドルが当たって刃が入りにくいので注意してください。なんとか、無理やり穴を開けて、リベットで装着完了。

P7220036

これに、サイドスライドトラックアダプタをセット。このアダプタ、ナガシマはすごくよく使います。わりと新しい商品ですが、これの登場によって艤装は劇的にやりやすくなったと思います。

P7220045

こうすれば、ふたりで乗ったとき、うしろの船長が魚探を見やすくなります。では、振動子のセッティングはどうすればいいのか……ホンデックスのポータブル魚探限定ですが、古典的しかし確実な、以下の方法をご確認ください。

P7220041
まず、振動子の先端に細めのショックコード(ゴムひも)を適当に結んで、輪を作っておき、ここになんでもいいのでなるべく堅い棒を巻きつけます。

P7220037
こんな感じですね。ショックコードの長さは、カヤックの厚さによって調整してください。

P7220042
必ず出艇する前に、船底から振動子の端子を通します。で、振動子に結んだ棒もデッキに引っ張りあげます。こうすると、ショックコードのテンションによって、船底に振動子が固定されます。

P7220039
このように、ボラボラの船底の溝にホンデックスの振動子が奇跡のシンデレラフィット! 

P7220046
ちなみに、あまったケーブルは、魚探の脚にふんわり巻きつけておくと釣りの邪魔になりにくいですよ。

というわけで、ボラボラフィッシングモデル艤装編のご紹介でした。近いうちに、このカヤックに乗って釣り&ツーリングをしてみたいと思います。レポートは、またの機会に!


サウスウインドでは、フィッシングカヤックの艤装も承っております。事前にご連絡をいただけましたら、簡単な艤装でしたら加工後、即日のお渡しも可能です。フィッシングカヤックの艤装方法やパーツ取り付けについてのご質問やお問い合わせは、こちらのメールか、お電話はサウスウインド045-222-1322までお気軽にご相談ください!

P7220050
ついでに、なくしやすいドレンプラグもショックコードで結んでおきました。
それでは、ナガシマでした☆☆☆彡

 






« 新入荷!高速インフレータブルカヤックが入荷しました! | トップページ | よっしーの車載コレクション~艇幅広いカヤック編~ »

カヤック ドッグ」カテゴリの記事

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

シーカヤック ツーリング」カテゴリの記事

スコッティ」カテゴリの記事

ナガシマ」カテゴリの記事

マリブカヤックス」カテゴリの記事

店舗」カテゴリの記事

新商品」カテゴリの記事

艤装」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31