« 春から気軽に始められるコンパクトで乗りやすいカヤックあります! | トップページ | 新商品のご紹介です♪ »

2018/03/04

【スレイヤー】カヤックでのスルメイカ釣りがなるほどおもしろい件【プロペル】

毎度ありがとうございます。サウスウインドのナガシマです。





P2280004

底潮がにごってきて、海の中もだいぶ春の雰囲気になってきました。まだ水温は低めなので、相模湾のマダイがぼちぼち乗っ込んでくるのはあと2週間ほど先になりそうな感じですね。



こんなときは、いつもと違う釣りモノを狙うのも楽しいもの。


前回、こちらのブログでTGベイト150gにスルメイカが連続ヒットした記事を書きましたが、今回は浮きスッテ仕かけでもう少し専門的に狙ってみました。

P2280018
前回はローギアのリールで死ぬほどツラかったので、せめてハイギアにしてみました。タイラバタックルに、浮きスッテを2本セットしたなんちゃって自作仕かけでやってみます。スルメイカがいまどんなエサを食べているかわからないので、浮きスッテは、小さめの2.5号と大きめの4号を使用してみました。

P2280042

チチワ結びで短くエダスを作り、そこにスナップを結び、浮きスッテをセット。仕かけの全長は、約2mです。スッテとスッテの間隔は、約80㎝ほど離しています。

P2280021
オモリは40号を使用。前回使用したTGベイトと同じ、150gです。なんとなく、スルメイカがオモリに抱きついてこないよう、目立ちにくい黒いシンカーを使ってみました。

P2280034 P2280036
今回も狙った水深は、150m前後。さすがにこの水深になると電動リールのほうが圧倒的に手返しがいいので有利だと思います。着底したら、シャクったあとに止めたり、ゆっくり落としたり、ただ巻きしたり……とにかく、スルメイカから反応があるまで探ります。ちなみに、スルメイカは獰猛でアグレッシブなので、けっこう大きいシャクリや速いアクションでもヒットしてくることがありますよ。ちなみに初夏の三浦半島和田長浜では、スルメイカとしてはやや浅めの水深60~70m付近で連続ヒットすることがあります。

P2280006
1杯目は、着底寸前のスッテに飛びついてきました。ちなみにイカは、魚探には映りにくいのですが、底付近にうっすら線のような影が表れたらそれが群れのことが多いです。

P2280009

プロペラドライブでブレーキをかけ、仕かけを即投入。ラインを立てて誘いやすいのがスレイヤープロペルシリーズの真骨頂です。やや小ぶりですが、イカの群れを追いにくいカヤックでは貴重な1杯!?

P2280026
続いて、これはナイスサイズ。あまり大きく見えませんが、胴長約30㎝の自己記録級のスルメイカです。ゆっくり誘って止めたときに、竿先がフワフワ。スッテを持ち上げるように乗ってきました。これはめちゃくちゃよく引きました。

P2280030
下のスッテにももう1杯乗っていましたが、途中でバレました……。もうちょい釣れるかな?と思いましたが潮が止まってピタっと反応がなくなりました。





スルメイカの一夜干しは無限に食べられます。それでは、ナガシマでした☆☆☆彡








« 春から気軽に始められるコンパクトで乗りやすいカヤックあります! | トップページ | 新商品のご紹介です♪ »

YouTube サウスウインドチャンネル」カテゴリの記事

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

タックル、ルアー」カテゴリの記事

ナガシマ」カテゴリの記事

ネイティブウォータークラフト」カテゴリの記事

和田長浜」カテゴリの記事

店舗」カテゴリの記事

釣魚」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30