« 春のカヤックウェアもいろいろあります! | トップページ | よっしーの車載コレクション~アウトレットもお嫁入り編~ »

2018/03/20

【すべら】ノンスリップパッド最強説【な~い】

毎度ありがとうございます。サウスウインドのナガシマです。




マ・ダイ釣れました。



















008
はい、マ トウ ダイです。私のカヤックフィッシングの釣果のほうは相変わらずすべりまくってますが、カヤックの車載はすべらないようにしたいもの。イノーのノンスリップパッドが、やっぱり最強じゃないかと思います。





カヤックをクルマに積むには、クルマにステー+バーの「ベースキャリア」を取り付けるのが大前提となります。ここに、バーに巻き付けるすべり止めクッションの「ラックパッド」を装着するのが基本です。また、ラックパッドのかわりにカヤックを載せやすくするための各種アタッチメントを取り付けることもあります。ノンスリップパッドは、バーに固定するアタッチメントの一種です。


003_2
こちらが、イノーのINA452ノンスリップパッドです。ノンスリップパッドは、カヤックをがっちりホールドするシンプルなアタッチメントとしてひそかに人気で、長く売れ続けている超名品。その名の通り平積みにしたカヤックがまず動かなくなるので、ネイティブウォータークラフトのスレイヤープロペル13のような超重量級カヤックだけでなく、ハリケーンカヤックスのスキマー116といった超軽量カヤックの車載時も安心です。パッド4個、車載用タイダウンベルト2本、バックルパッド2枚のセットで税別10,000円です。(パッド2個セットはINA451クレードルセットとなり、税別5,029円です)。

005_2
こちらがノンスリップパッドの表面。極めてホールド力の高い特殊ゴムパッドを採用しているので、載せたカヤックを5㎝動かすのにも苦労するほどすべりません。カヤックを4点で保持するように載せたあとは、タイダウンベルトをしっかり締めるだけでOK。ちなみに、ノンスリップパッドをクルマにつけっぱなしにすると排気ガスや雨、ほこりなどで汚れますが、たまにはずして中性洗剤で洗えば大丈夫です。カヤックに付着してしまったパッドの汚れは、3Mのクリーナー&ワックス、レストア&ワックスなどで磨いてあげれば落ちやすくなります。

006_2
ベースキャリアのバーには、2本のノブボルトではさんで締めるだけでがっちり固定できます。イノーやスーリーのスクエアバーはもちろん、各種エアロバーにも対応します。

ここで、ラックパッドとノンスリップパッドの特徴の違いを簡単に説明します。

【ラックパッド】
・比較的、値段が安い
・いろいろなカヤックを載せるときも便利
・簡単に取りはずしできる
・クルマに載せたカヤックを動かしやすい
・タイダウンベルトでしっかり締めてもカヤックがズレることがある
・日焼けや紫外線でボロボロになることがある

【ノンスリップパッド】
・ラックパッドよりもやや高額
・愛艇の幅で位置を決めてしまえばカヤックを載せやすい
・違うカヤックを載せたいとき、位置決めがやや面倒
・載せただけでほとんどすべらなくなる
・本当にすべらないので位置の微調整に苦労することも
・わりと紫外線にも強いので長く使用できる

私、ナガシマはノンスリップパッドを使用して久しいのですが、やはりこの安心感は代えがたいものがありますね。たまに違うカヤックを載せることがあるので位置決めに苦労することがありましたが、バーに油性ペンでちょちょっと印をつけておくことで問題解決しました。



ちなみに最近、納艇時にノンスリップパッドを装着してこられるお客さまも多いですね。

001 003
Hさまのはじめてのカヤックは、マリブカヤックスのXキャリバー。三浦半島沿岸部でのカヤックフィッシング用としては、とても賢明な選択だと思います。安定性、スピード、重量、積載量を高い次元でクリアする大基本フィッシングカヤックとして、一昨年あたりからじわじわキています。今回はHさまのご友人の愛車に車載しましたが、ノンスリップパッドにカヤックリフターも装着済みでした! ゆくゆくはINA450カヤックアタッチメントⅡを立てて、2艇積みしたいそう。

006 004
フィールフリーの小型カヤック、ニューノマドで湾内など穏やかなエリアでの水上散歩を楽しみたいとおっしゃるSさまも、ノンスリップパッド持参でご来店。はじめての一艇に選んだのは、愛車にも似合うティールホワイトティールです。納艇時に車載してみたところ、車幅、バーの長さと艇幅の関係からパッドはすべて外向きのほうが納まりがよかったので、それで取り付けました。ちなみに、私もすべて外向きでセットしています。こうすることでバーにベルトをかけられるスペースができるメリットもあります。

Img_5374 Img_5363 Img_5361
バイキングカヤックの忍からネイティブウォータークラフトの人気足漕ぎカヤック、スレイヤープロペル12LTにお乗り換えされたのは、長野からお越しいただいたOさま。前のバーのパッドは順付け、うしろは逆付けにするという工夫で颯爽とお帰りでした。スレイヤープロペル12LTはバス釣りメインでお使いになるそう。ちなみに、琵琶湖や桧原湖といったビッグレイクでバス狙いにスレイヤープロペルに乗る方も増えております。私もプロペラドライブでバス釣りやってみたい!



車載でお悩みの方は、ちょっとしたコツや工夫で意外と簡単に解決することもありますので、ぜひ一度サウスウインドまでお問い合わせください。また、カヤックの積み下ろし方法でお困りのお客さまも、どうぞお気軽にご相談くださいませ。こちらのメールへ、お電話は045-222-1322までご連絡お待ちしております。



それでは、ナガシマでした☆☆☆彡








« 春のカヤックウェアもいろいろあります! | トップページ | よっしーの車載コレクション~アウトレットもお嫁入り編~ »

SUP フィッシング」カテゴリの記事

ウエア、用品類」カテゴリの記事

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

カートップ、車載」カテゴリの記事

ナガシマ」カテゴリの記事

ネイティブウォータークラフト」カテゴリの記事

ハリケーンカヤックス」カテゴリの記事

フィールフリー」カテゴリの記事

マリブカヤックス」カテゴリの記事

店舗」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31