« 大人気の二人乗りカヤックのオリジナルカラーあります! | トップページ | よっしーの車載コレクション~あのカヤックの真ん中です編~ »

2018/05/21

【簡単】トグルハンドルを作ってみた【DIY】

毎度ありがとうございます。サウスウインドのナガシマです。




どうでもいいことなんですが、すごい事実に気づいたんですよ……。

001

マリブカヤックスやハリケーンカヤックスなど、店内にあるカヤックのほとんどが、バウ(船首)のハンドルが縦づけなんです! フィールフリーやポイント65のカヤックのハンドルはカヤック一体型が多く、縦でも横でも握れるようになっていますが、完全に横向きについているシットオントップカヤックって、おもなものでいうとネイティブウォータークラフトのスレイヤープロペル1013くらい。自分の乗っているスレイヤープロペル13は死ぬほど重いのですが、バウが太いのであえて横向きにつけているのかな?くらいの認識だったのですが、よーく考えてみなくとも、細いバウにはハンドルを縦向きにしか取り付けできないんですよね。



さて、このハンドル。カヤックを運搬するときに必ず握ることになる重要なパーツなのですが、縦向きって握りにくいと思ったことはありませんか? どう考えても、重いものを引っ張るときは人体の構造上、縦よりも横ハンドルのほうが力を込めやすいはずなんです。スレイヤープロペル13も、縦ハンドルだったら運びにくそうだな……と思います。でも、もっともっと重たいタイタンプロペル13.5はバウに横付けできそうなスペースがあるのに縦ハンドルですし、特に理由はないのでしょうか。

ならば、縦ハンドルを横にしちゃえばいいんじゃね?とワタシは考えたワケです。かつてジミヘンは、その曲『If 6 was 9』のなかで「もし6が9であったとしても、オレにはそんなの関係ねー」とオッパッピーなことを歌っていたわけですが、それは彼が偉大なレジェンドだから許せるのであって、たまのカヤックフィッシングを愉しみとするワタクシのような一般市民にとっては、ハンドルが縦か横かは大問題なんですわ。知らんけど。




というわけで、カヤック用のトグルハンドルを作ってみた、というお話です。








180520121240505_photo_2 180520121615959_photo_2
まず用意するものは……といっても、余ってたりその辺に転がってたりするものを利用する感じなので、とくにあらためて準備することもないかと思います。ま、一応ご説明しますと、内径20㎜の塩ビパイプに、ポリエステル製など5㎜径の丈夫なヒモ。それに、ノコギリもしくは塩ビパイプカッター。あとは、金ヤスリくらい。テキトーでいいです。あ、もちろんドリルもあると理想的。

180520121301202_photo 180520121408166_photo 
こんな感じで、塩ビパイプカッターでテキトー長さに塩ビパイプをカットします。お好みでOKです。なお、塩ビパイプではなく、径が太めで丈夫なビニールホースでも代用できます。

180520121309834_photo 180520121436803_photo
塩ビパイプカッターがなければ、ノコギリでも可。ノコギリで塩ビパイプを切ると切り口がガタガタになるので、金ヤスリでテキトーにきれいにしておきましょう。バリが多いと、手に刺さったり、ヒモが切れやすくなったりします。

180520155812045_photo

はい、こんな感じでテキトーにツルっとしていれば大丈夫です。

180520143110207_photo
パイプの真ん中に、ドリルで穴を開けます。ちなみにですが穴の径は7.5㎜です。刃が滑りやすいので作業時は気をつけてください! ここはテキトーじゃダメです。

180520143813216_photo
パイプの4倍くらいの長さにカットしたヒモをですね、

180520143425328_photo 180520144313136_photo
真ん中の穴から通して、左右に出して先端を8の字結びします(あえて釣り人っぽく結んでなんとなくイキフンを醸していますが、要は抜けなければだんご結びでもなんでもOKです)。

180520144038461_photo 180520143448588_photo
こんな感じで、ヒモの長さはテキトーに調整してみてください。ハンドルにくぐらせる場合はヒモはやや長め、アイレッツなどに通してからカヤックに固定するのであれば短くても大丈夫でしょう。

180520144420284_photo
ちょづいてしまい、あっという間に2個も作りました。

180520144804847_photo
実際にスキマー140に装着してみたところ。ヒモをくぐらせて締めるだけ。

180520144852049_photo

た、縦ハンドルが横になっている……! 握りやすい……と感じる! 大成功や!!

180520144445269_photo_2
こんなものも作製。ネイティブウォータークラフトのプロスタッフとしてスレイヤープロペル13やタイタンプロペル10.5に乗り、多視点を駆使したカヤックバスフィッシングの動画でも人気の高いGreg Blanchard氏が実践していたのがこのようなハンドル。彼に敬意を表して、模倣してみました。断じてパクリではないです。

180520144958616_photo
た、縦ハンドルが横になっている……! ハンドルに通してカラビナで留めるだけ。カラビナはステンレス製のしっかりしたものがおすすめですね。

180520145035491_photo

やや長めの塩ビパイプのおかげで、握りやすい……と感じる! 大成功や!!

 

180520160533453_photo
というわけで、全体的にかなりテキトーな感じで作ってはみたものの、それなりに時間も手間がかかることも判明しました(自分で作るのは楽しかったですが)。身の回りに材料が余っているわけでもなく、現代社会で時間に追われるお客さま諸兄諸姉は、完成品を購入したほうが早く、安あがりな場合もありますね。こちらのハンドルは2個セットで税別980円です。


それでは、ナガシマでした☆☆☆彡






« 大人気の二人乗りカヤックのオリジナルカラーあります! | トップページ | よっしーの車載コレクション~あのカヤックの真ん中です編~ »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

シーカヤックギア、グッズ」カテゴリの記事

ナガシマ」カテゴリの記事

ネイティブウォータークラフト」カテゴリの記事

ハリケーンカヤックス」カテゴリの記事

ホビー」カテゴリの記事

マリブカヤックス」カテゴリの記事

店舗」カテゴリの記事

艤装」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30