« 【12月1月】真冬のカヤックフィッシング装備【2月3月】 | トップページ | しっかりツーリングを楽しめる高性能インフレータブルカヤックを展示中です! »

2018/10/30

よっしーの車載コレクション~重いカヤックでも大丈夫!編~

こんばんは、よっしーでございます。


ツーリングにもカヤックフィッシングにもちょうどいい季節ですが、いつの間にか日の入りが早くなりましたねぇ。あっという間に夜になる季節になりました。

昼と夜の寒暖差が大きくなってますので、風邪などひかぬようウェアリングには気を付けてカヤックを楽しみましょう♪


そういえば、先日カートップをレクチャーしながら納艇したフィッシングカヤックもそのオーナーさんも、初めての冬を過ごしますねぇ。


少し前のことになりますが、プロペルドライブが人気のネイティブウォータークラフトでも、大型モデルのスレイヤープロペル13がお嫁入りでした。

Iさまがよーく考えて選んだこのカヤック。

だけど、ちょっと重いので、最後まで気になっていたのがカートップでした。




「どうやって車載したらいいかレクチャーしてください!」

このカヤック、40kgもあって重いですからね。頭の上にえいやっ(/・ω・)/と担ぎ上げることは、普通のひとではなかなかできません。

じゃあ、どうするか?


ちょっとしたコツがあるのですよ。もちろんお教えいたします(^o^)/



まず、クルマの真後ろに置きます。
真後ろにまっすぐ縦列に置くのではなくて、カヤックの前側先端が車のリアタイヤと並ぶような感じです。(これがコツ!)

P9300001_2

リアタイヤの横に置いた先端を持ち上げて・・・

クルマの屋根に乗っけます。そう、屋根に立てかけてるんです。
屋根にはバスタオルや滑り止めマットを敷くのがおすすめ。カヤックでこすれちゃいますからね。


P9300002

カヤックの後ろ側は地面につけたままです。
すべっていくと立てかけられないので、私が押さえながら撮影していますが、あまり力は使っていません。

あと、気が付いた方もいるかと思いますが、カヤックのスターン(船尾)を屋根に上げています。ラダーを地面にガリガリこすらないように、バウ(船首)を後ろにしているのです。

P9300003

あとは、左右に滑り落ちないように気を付けながら、地面につけた側をゆっくりと前にすべらせていくだけ。

P9300005_2

P9300006_2



カヤックをすべらせるので、このやり方のときはラックパッドの方がいいですね。

ゴムパッドのINNO/カヤックアタッチメントⅡ INA450INA452JP ノンスリップパッドですと、パッドに当たる部分はすべらないので、ちょっとやりにくいですのでご注意ください。

P9300007

 

P9300012

C.O.D.デラックスタイダウンベルトなどでしっかり締めて、完成です(^^♪


P9300013

「このでかいカヤックでも、これなら積めますね!」
と、頼もしいお言葉を頂戴いたしました。
Iさまの航海安全と大漁を祈念しております(^o^)/

そろそろカヤックフィッシングに慣れた頃だと思いますが、これからの冬装備も考えないとですね~。






このカヤックが欲しいんだけど、自分のクルマにどうやってカートップしたらいいかなぁ、などなど、遠慮なくご質問くださいね。

お問い合わせはサウスウインド 045-222-1322 まで!

お待ちしてまーす(^o^)/





by よっしー

« 【12月1月】真冬のカヤックフィッシング装備【2月3月】 | トップページ | しっかりツーリングを楽しめる高性能インフレータブルカヤックを展示中です! »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

カートップ、車載」カテゴリの記事

ネイティブウォータークラフト」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30