« 高速インフレータブルSUPを大特価にて販売中です! | トップページ | 新商品のご紹介です♪ »

2019/04/22

【スゴい】タイタンプロペル10.5【ヤバい】

毎度ありがとうございます。サウスウインドのナガシマです。





P4200041 P4200004
ネイティブウォータークラフトの大ヒットカヤックといえば、ご存じタイタンプロペル10.5ですね。先日の日本初上陸後、ようやく店頭へと搬入できましたので、ざっくりではありますがその全貌を細かくチェックしてみましょう!











P4200039 P4200002
全長は328㎝という小型カヤックの部類ながら、全幅は95㎝もあり、本体重量はなんと44㎏! 最大積載量は驚異の225㎏!!というスペックを誇るモンスターカヤックです。アメリカではおもに湖でのバスフィッシングで人気が高いカヤックですが、もちろん海でもご使用いただけます。YouTubeにアップされたインプレ動画などを観るかぎり、この艇体重量ながらスレイヤープロペル10よりも高い直進性、そして回転性能がありそう。そして、この艇体重量ゆえ風や潮に流されにくい特性を備えているといえます。もちろん、カヤックのなかでトップクラスの安定性があり、その性能は、もはや人力で漕ぐ小型のバスボート、ともいえるでしょう。

P4200035 P4200036
タイタンプロペルシリーズは、紫外線に強い高密度ポリエチレンの下にプラスチフォームテクノロジーという層があり、その二重構造で成型されています。これにより重量はかなり増しますが、艇体に浮力を与え、強度や耐久性も格段にアップしています。

P4200015 P4200017 P4200018 P4200019 P4200021   
タイタンプロペル10.5は、プロペラドライブやラダーブレードは他のスレイヤープロペルシリーズなどと同じですが、特徴的なのはシート設計。まず、デッキ上のレールに樹脂製のプラットフォームをセットし、その上にシートを取り付けます。2段階で高さ調整をすることができて、海況が穏やかならハイポジションで快適に釣りができそう。

P4200023 P4200024 P4200025 P4200026
このように、シート下は広い収納スペースになっていて、タックルボックスやプライヤー、フィッシュグリップなどをキレイに並べることができます。どこに何を置こうか迷うほど……。

P4200027
他のモデルよりも着座位置が高いため、ラダーハンドルはロングタイプが装着されています。これもタイタンプロペルだけの仕様。とても握りやすいので、コントロールしやすそうですね。

P4200040 P4200034_1 P4200011
見てください! この荷室。ダイワのライトトランク3000(30Lクーラーボックス)が横置きできそう。カヤックがとにかく重いので、両手で持てるようにスターン(船尾)のハンドルは2本! リアデッキにはハッチがあり、小物を収納しておけます。ちなみに、タイタンプロペル10.5のフロントハッチはスレイヤープロペル10、マンタレイプロペルアングラー12と同じ大きさ、形状です。

P4200037
右舷のちょい置きロッドホルダー。他モデルと違い、ロッドホルダーとドリンクホルダーを独立させた男らしい?設計。

P4200012 P4200013 P4200014
パドルホルダーはシート後方の両舷艇内についています。タイダルストリームのワイドブレードも、パドルを分割して、すっぽり収められます。これはこれで便利そうですね。

P4200007 P4200008 P4200009
バスフィッシングでは樹木のオーバーハングなどの下に入ってキャストすることもあるので、ロッドを寝かせて置いておけるよう、ティップガードが標準装備。ま、海ではあまり使わないかもしれませんが、ここに予備竿をセットしておけますね。

P4210016 P4210015 P4210014
こちらのタイタンプロペル10.5は、さっそくお客さまへの元へと旅立ちました。愛知県よりお越しのMさま、遠いところご来店いただきまして大変ありがとうございました! 何より注目なのは、このようにハイエース(標準ボディ)の車内にジャストフィットですっぽり入ってしまうところ。この超重量級のカヤックになると、クルマのルーフに車載するのは至難の業なんです。アメリカでは、大型ピックアップトラックの荷台に積んだり、トレーラーで牽引したりすることがほとんど。ですが、日本には世界に誇る名車、ハイエースがあります! このハイエースの荷室に、なんならシートもプロペラドライブも魚探もロッドホルダーもリグっておいて、さらにパドルもクーラーボックスもセットし、おまけにランディングギアも取り付けてしまえば、釣り場に着いたらカヤックを引っ張り出してそのまま水辺まで運搬して浮くだけ(笑)。これが、日本におけるタイタンプロペル10.5の正しい運用方法かもしれません(スレイヤープロペル10も含めて)。ついでに、Mさまのように車内にベッドキットを搭載すれば、そのほかのタックル類も整理整頓は完璧で、ギリ昼寝もできる……。いいなぁ、ハイエース。いいなぁ、車内積み。



それでは、ナガシマでした☆☆☆彡









« 高速インフレータブルSUPを大特価にて販売中です! | トップページ | 新商品のご紹介です♪ »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

シーカヤックギア、グッズ」カテゴリの記事

ナガシマ」カテゴリの記事

店舗」カテゴリの記事

艤装」カテゴリの記事

カートップ、車載」カテゴリの記事

新商品」カテゴリの記事

ネイティブウォータークラフト」カテゴリの記事

●イベント・スケジュール●

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31